2018年2月13日

銀聯国際(UnionPay International)

UnionPay(銀聯)カード、中国本土外での発行枚数が9000万枚に迫る

UnionPay(銀聯)カード、中国本土外での発行枚数が9000万枚に迫る

AsiaNet 72269

【上海2018年2月12日PR Newswire】銀聯国際(UnionPay International)は11日、2017年のUnionPay(銀聯)カードの中国本土外における発行数は約2,000万枚増加し、中国本土外で発行されたUnionPay(銀聯)カードの累計発行枚数が9,000万に上る勢いであると発表した。これらUnionPay(銀聯)カードの取引額は前年比40%増となり、中国本土での取引額は過去数年連続で増加している。
   最新のデータによれば、中国は世界第4のインバウンド市場となり、2017年にはおよそ1億4千万人の観光客が訪れている。中国への観光客数が増加する一方、「一帯一路」沿線の国と地域からの観光客数はさらに速いペースで増えている。UnionPay(銀聯)は、中国と世界の人的交流を支援するために、中国本土外でのカード発行数を拡大しカード利用のサービスおよび特典を強化している。
   2017年末までに海外48の国と地域で約9,000万枚のUnionPay(銀聯)カードが発行され、そのうち2,500万枚以上が「一帯一路」市場で発行された。UnionPay(銀聯)はラオス、モンゴルおよびミャンマーでのカード発行においてナンバー1の銀行カードブランドになった。410万枚以上のUnionPay(銀聯)カードがパキスタンで発行され、ロシアの10を超す現地の銀行が130万枚のUnionPay(銀聯)カードを発行している。
   UnionPay(銀聯)カードは現在、観光客が中国を訪問する際の主要な決済手段となっている。とりわけ「一帯一路」沿線の国・地域からのUnionPay(銀聯)カードホルダーは中国本土でUnionPay(銀聯)を好んで利用している。2017年にはパキスタンで発行されたUnionPay(銀聯)カードの中国本土における取引額は2倍超に増加し、タジキスタンおよびカザフスタンで発行されたUnionPay(銀聯)の取引額は約50%増加した。

海外からのUnionPay(銀聯)カードホルダーは、中国本土の業者により多くのビジネスチャンスをもたらした。2017年、海外のUnionPay(銀聯)カードホルダーのカード利用は中国31の省、市および自治区に広がり、買い物以外にも、娯楽、飲食、宿泊に多く支出している。
   中国本土外でのUnionPay(銀聯)事業の現地化により、UnionPay(銀聯)ネットワークの国際化の特徴はより顕著になっている。昨年9月以来、中国本土外において、中国本土外で発行されたUnionPay(銀聯)カードの取引額が中国本土で発行されたUnionPay(銀聯)カードの取引額を上回っている。
香港、マカオ、パキスタン、東南アジアおよび中央アジアで発行されたUnionPay(銀聯)カードの取引の90%以上が現地で行われており、これらの市場の居住者にとってUnionPay(銀聯)が日常生活において主要な決済手段となったことを意味している。さらに、中国本土外発行のカードの海外利用も盛んでタイ、パキスタンおよびカザフスタンで発行されたUnionPay(銀聯)カードの2017年のクロスボーダー取引額は倍増となり、中国本土外で発行されたUnionPay(銀聯)カードの欧米での取引額は20%超増加した。

(日本語リリース:クライアント提供)



About 90 Million UnionPay Cards are Issued Outside Mainland China

PR72269

SHANGHAI, Feb. 11, 2018 /PRNewswire=KYODO JBN/–

UnionPay International announced today that about 20 million more UnionPay
cards were issued outside the Chinese mainland in 2017, increasing the total
number of UnionPay cards issued outside mainland China to about 90 million. The
transaction volume of these UnionPay cards grew by about 40% year-on-year, and
the volume of the transaction made with these cards in mainland China has kept
growing for several consecutive years.

According to the latest data, China has become the world’s fourth largest
inbound tourism market, receiving approximately 140 million tourists in 2017.
While the number of tourists to China continues to grow, the number of tourists
from countries and regions along the Belt and Road is growing even faster.
UnionPay is enlarging card-issuing scale outside mainland China and enhancing
card-using services and privileges to support the personnel exchanges between
China and the world.

By the end of 2017, about 90 million UnionPay cards were issued outside
mainland China, and over 25 million were issued in the Belt and Road markets.
UnionPay has become the No.1 bankcard brand in terms of card issuance in Laos,
Mongolia and Myanmar. More than 4.1 million UnionPay cards have been issued in
Pakistan. Over 10 local banks in Russia have issued 1.3 million UnionPay cards.

Now, UnionPay cards have become a major payment method for tourists from some
countries and regions when they visit China. UnionPay cardholders from
countries and regions along the Belt and Road like to use UnionPay cards in
mainland China. In 2017, the transaction volume of Pakistan-issued UnionPay
cards in mainland China grew by over 2 times, and that of UnionPay cards issued
in Tajikistan and Kazakhstan increased by about 50%.

UnionPay cardholders from other countries and regions brought more business
opportunities to merchants in the Chinese mainland. In 2017, global cardholders
used UnionPay cards in 31 provinces, municipalities and autonomous regions in
China. Besides shopping, inbound cardholders are spending more on
entertainment, catering and accommodation.

With the localization of UnionPay’s business outside mainland China, the
international feature of the UnionPay network becomes more obvious. Since last
November, the transaction volume of UnionPay cards issued outside mainland
China has surpassed that of mainland China-issued UnionPay outside the Chinese
mainland.

Over 90% of the transaction of UnionPay cards issued in Hong Kong, Macau,
Pakistan, Southeast Asia and Central Asia happen locally, meaning that UnionPay
has become a major payment method for the residents in these markets. Moreover,
cardholders outside mainland China like to use cards in their global travels.
For instance, the cross-border transaction volume of UnionPay cards issued in
Thailand, Pakistan and Kazakhstan grew by over 100% in 2017, and the
transaction volume of UnionPay cards issued outside mainland China in Europe
and America grew by more than 20%.

SOURCE:UnionPay International