2018年2月13日

Agoda

日本人の春節旅行先トップはバンコク

日本人の春節旅行先トップはバンコク

AsiaNet 72278 (0301)

【シンガポール2018年2月12日PR Newswire=共同通信JBN】
*アゴダの予約データによると、アジア全体の旅行者の春節旅行先トップは東京

世界オンライン旅行予約プラットフォームのアゴダ(agoda)(https://www.agoda.com/ )によると、アジア旅行者の中国の旧正月(春節)行き先トップの座は2年連続してバンコクが占めていたが、2018年に東京がとって代わった。

Logo-https://photos.prnasia.com/prnh/20180212/2053750-1LOGO

▽アジア旅行者の春節行き先トップ10
2018年の春節の旅行先として、京都が初めてランクイン、大阪が2016年の9位から3位に上昇して、日本の3都市がトップ10入りした。リゾート地では唯一、タイのプーケットがトップ10に入った。

東京に近い横浜中華街はカウントダウンパーティー、伝統的な獅子舞、パレード、ランタンフェスティバルなど2週間のイベントを開催、その魅力が世界各地から旅行者を引き付けている。外国人訪問客の主要グループは台湾(26%)、韓国(15%)、中国本土(15%)である。

シンガポールは2016年の3位から2018年は8位、チェンマイは2016年の7位から2018年は12位にそれぞれランクを下げた。

2016年                     2017年                     2018年
1. バンコク(タイ)         1. バンコク(タイ)         1. 東京(日本)
2. 東京(日本)             2. 東京(日本)             2. バンコク(タイ)
3. シンガポール             3. クアラ(マレーシア)*   3. 大阪(日本)
4. クアラ(マレーシア)*   4. 台北(台湾)             4. 台北(台湾)
5. 台北(台湾)             5. 香港                    5. ソウル(韓国)
6. 香港                     6. ソウル(韓国)           6. 香港
7. チェンマイ(タイ)       7. 大阪(日本)             7. クアラ(マレーシア)*
8. プーケット(タイ)       8. シンガポール             8. シンガポール
9. 大阪(日本)             9. チェンマイ(タイ)       9. 京都(日本)
10.バリ(インドネシア)    10. パタヤ(タイ)          10. プーケット(タイ)


*クアラはクアラルンプール

▽日本人旅行者の春節行き先トップ10
東京は春節にアジア各地の旅行者の大半を引き付けているが、アゴダの予約データは日本人の多くが今年は地元で祝わず、70%が長期休暇を利用して遠出することを示している。今年最も人気がある海外旅行先はバンコク、ソウル、パタヤである。国内にとどまる旅行者は東京、大阪、沖縄に出かける。

2016年                     2017年                 2018年
1. バンコク(タイ)        1. バンコク(タイ)     1. バンコク(タイ)
2. 東京(日本)            2. 東京(日本)         2. 東京(日本)
3. パタヤ(タイ)          3. ソウル(韓国)       3. ソウル(韓国)
4. ソウル(韓国)          4. パタヤ(タイ)       4. パタヤ(タイ)
5. マニラ(フィリピン)    5.マニラ(フィリピン)  5. 大阪(日本)
6. チェンマイ(タイ)      6. 大阪(日本)         6. マニラ(フィリピン)
7. バリ(インドネシア)    7. 京都(日本)         7.沖縄本島(日本)
8. 台北(台湾)            8. セブ(フィリピン)   8. バリ(インドネシア)
9. シンガポール            9. 札幌(日本)         9. 台北(台湾)
10.大阪(日本)           10. 台北(台湾)        10.セブ(フィリピン)


調査内容全体は以下を参照。
http://mediaroom.agoda.com/tokyo-ranks-top-destination-chinese-new-year-travel-2018/

▽調査について
旅行先予約データは2016、2017、2018年のアジア全域の春節時期を対象に収集。

▽アゴダについて
アゴダ(agoda)(https://www.agoda.com/ )(Nasdaq:PCLN)は、世界で最も急速に成長しているオンライン旅行予約プラットフォームの1つである。2005年に設立されたこの新興企業はアジアで急速に拡大し、2007年に世界最大の客室オンライン販売企業であるPriceline Groupによって買収された。アゴラはシンガポールに本社、30カ国以上の主要都市にオフィス53カ所を構え、世界にスタッフ3700人以上を配置している。アパートメント、ビラ、民家、ホテルなど180万軒以上の宿泊施設を抱え、1500万人以上が実際の旅行者のレビューを参考にしている。アゴダは当初から、域内全体のビラや民家-ホテル以外の宿泊施設を提供してきた先駆者である。

▽問い合わせ先
Hazel Watts
Tel: +66-2-625-9200
Email: hazel.watts@agoda.com

ソース:Agoda


Bangkok ranks top destination for Japanese traveling for Chinese New Year

PR72278

SINGAPORE, Feb. 12, 2018 /PRNewswire=KYODO JBN/ —

-agoda booking data ranks Tokyo top Lunar New Year destination overall for all
Asian travelers


Tokyo has overtaken Bangkok as the number one Chinese New Year (CNY)
destination for Asian travelers in 2018, a title held by Bangkok for the last
two years, according to global online booking platform
agoda(http://www.agoda.com/).

Logo-https://photos.prnasia.com/prnh/20180212/2053750-1LOGO

Japan has taken three of the top spots as Kyoto makes an entry for the first
time and Osaka moves up from 9th place in 2016 to 3rd top destination for CNY
2018. City escapes have dominated the rankings with only one beach
destination–Phuket, Thailand–making the top ten.
  
The appeal of Tokyo’s nearby Yokohama Chinatown district–which hosts two weeks
of events, including a countdown party, traditional lion dance performances,
parades, and a Lantern Festival–has attracted travelers from all over the
world, with the largest groups of foreign visitors hailing from Taiwan(26%),
South Korea(15%) and Mainland China(15%).

Meanwhile other destinations such as Singapore and Chiang Mai have slipped down
the rankings: from 3rd place in 2016 to 8th place in 2018 and from 7th place in
2016 to 12th place in 2018, respectively.

2016                    2017                       2018
1. Bangkok, Thailand    1. Bangkok, Thailand       1. Tokyo, Japan
2. Tokyo, Japan            2. Tokyo, Japan       2. Bangkok, Thailand
3. Singapore            3. Kuala Lumpur, Malaysia  3. Osaka, Japan
4. Kuala Lumpur, Malaysia  4. Taipei, Taiwan       4. Taipei, Taiwan
5. Taipei, Taiwan    5. Hong Kong               5. Seoul, South Korea
6. Hong Kong            6. Seoul, South Korea      6. Hong Kong
7. Chiang Mai, Thailand    7. Osaka, Japan            7. Kuala Lumpur, Malaysia
8. Phuket, Thailand    8. Singapore               8. Singapore
9. Osaka, Japan            9. Chiang Mai, Thailand    9. Kyoto, Japan
10. Bali, Indonesia    10. Pattaya, Thailand      10. Phuket, Thailand


Top ten CNY destinations for Asian travelers

Though Tokyo is attracting the most travelers from across Asia for CNY, agoda’s
booking data suggests that many Japanese won’t be celebrating locally this
year, with 70% taking advantage of the long holiday to go long-haul — with
Bangkok, Seoul and Pattaya as the top foreign hotspots for this year’s
travelers. Those that do stay locally will be heading to Tokyo, Osaka and
Okinawa.

2016                   2017                   2018
1. Bangkok, Thailand      1. Bangkok, Thailand   1. Bangkok, Thailand
2. Tokyo, Japan           2. Tokyo, Japan   2. Tokyo, Japan
3. Pattaya, Thailand   3. Seoul, South Korea   3. Seoul, South Korea
4. Seoul, South Korea   4. Pattaya, Thailand   4. Pattaya, Thailand
5. Manila, Philippines   5. Manila, Philippines  5. Osaka, Japan
6. Chiang Mai, Thailand   6. Osaka, Japan         6. Manila, Philippines
7. Bali, Indonesia   7. Kyoto, Japan         7. Okinawa Main Island, Japan
8. Taipei, Taiwan         8. Cebu, Philippines   8. Bali, Indonesia
9. Singapore           9. Sapporo, Japan     9. Taipei, Taiwan
10. Osaka, Japan   10. Taipei, Taiwan   10.Cebu, Philippines

Top ten CNY international destinations for Japanese travelers

Read the full story here:
http://mediaroom.agoda.com/tokyo-ranks-top-destination-chinese-new-year-travel-2018/


About the research

Destination booking data was collated for CNY dates in 2016, 2017 and 2018
across Asia.

About agoda

agoda(https://www.agoda.com/) (Nasdaq:PCLN) is one of the world’s
fastest-growing online travel booking platforms. Established in 2005, the
start-up quickly expanded in Asia and was acquired in 2007 by the Priceline
Group–the world’s largest seller of rooms online. agoda is headquartered in
Singapore, with 53 offices in major cities across over 30 countries and over
3,700 staff worldwide. It provides a network of over 1.8 million accommodation
properties, including apartments, villas, homes, and hotels backed by over 15
million real traveler reviews. agoda was a pioneer in non-hotel accommodation,
offering villas and homes throughout the region from the very start.

Hazel Watts
Tel: +66-2-625-9200
Email: hazel.watts@agoda.com


SOURCE  Agoda