2017年12月7日

MediaTek Inc.

MediaTekのSoCが最適化され、Android Oreo(Go edition)向け準備が整う

MediaTekのSoCが最適化され、Android Oreo(Go edition)向け準備が整う

AsiaNet 71444 (1997)

【新竹(台湾)2017年12月7日PR Newswire=共同通信JBN】
*GoogleとMediaTekがエントリーレベル・スマートフォンの性能改善で協力

MediaTek Inc.は7日、同社はスマートフォン・メーカー向けにGoogleのAndroid(TM) Oreo (Go edition)ソフトウエアを供給するシステムオンチップ(SoC)パートナーであり、Googleとの密接なコラボレーションを経てMediaTekのMT6739、MT6737およびMT6580 SoCはいまや、Android Oreo (Go edition)の作動に利用可能な広範にわたるサポートパッケージを備えている、と発表した。GoogleはMediaTekと協力して、Android Oreo(Go edition)がプロセッサーライン上でうまく作動するようにし、デバイスメーカーの市場投入までの時間を短縮し、512MBから1GBのメモリーを持つデバイスにとり安全で手ごろな価格のAndroid搭載スマートフォンの品質体験を保証している。Androidの最新バージョン(この場合はAndroid 8.1 Oreo)がAndroid Open Source Projectにリリースされて間もなくのうちにエントリーレベルのSoCが使用できる用意が整ったのはこれが最初である。

Android Oreo (Go edition)では、エントリーレベルの端末の機能を向上させるため、Googleは同社OSプラットフォーム、ファーストパーティーアプリ、およびGoogle Play(TM)ストアを最適化している。エントリーレベル・デバイスのユーザーにとり、制限された処理能力とストレージは最も頭の痛い点である。Android Oreo(Go edition)は、これらの問題に対処するだけでなく、デバイスが安全であり、ユーザーがデータ使用をよりコントロールできることを保証するために作成された。

Android Oreo (Go edition) は、既存のGoogle Play ストアのエコシステムを活用して、低メモリーのデバイスでスムーズに動作するアプリを配信する。これにより512MBから1GBのメモリーを搭載したデバイスの全体的なユーザー体験やサポートが向上するため、部品表(BOM)コストが大幅に削減される。これらの節約により、デバイスメーカーは毎年エントリーレベルのスマートフォンを購入する4億人のユーザーに、より良い選択肢を提供することができる。

Android & Google Playのプロダクトマネジメント担当副社長、サミール・サマット氏は「エントリーレベルのデバイスは多くの人々にとってインターネットへのゲートウエーであり、われわれはみなさんがこうしたデバイスを使い、確実に楽しい体験をしてほしいと思っている。 Android Oreo (Go edition) がストレージ、性能、データ管理、セキュリティーを大幅に向上させることに興奮している」と語った。

MediaTekのワイヤレスコミュニケーション・ビジネスユニットのゼネラルマネジャー、TL・リー氏は「本日の発表は、認定プロセスのスピードアップのための最近のGoogleのGMS Expressでの共同作業を含め、Googleとのこれまでの提携の上に築かれたものだ。われわれはAndroid Oreo(Go edition)でGoogleと提携し、インド、中東、アフリカ、中南米、東南アジアの主要市場の消費者向けエントリーレベル・スマートフォンのユーザー体験を向上させるという低メモリー・フォンの性能の課題に取り組んでいる」と述べた。

Android Oreo(Go edition)は、製品開発時間とコンプライアンス試験を削減するように設計されている、高い評価を受けたMediaTekのターンキー・リファレンスとチップセットを活用している。幅広い種類のMediaTek SoCは、4Gデバイス用のMT6739およびMT6737、3Gデバイス用のMT6580などのAndroid Oreo(Go edition)をサポートする。これによりデバイスメーカーは、特定の価格帯や市場向けにデバイスを開発するために必要な機能の提供を受けられる。

MediaTekで動作するAndroid Oreo (Go edition)スマートフォンは2018年第1四半期までに全世界規模の市場で利用可能となる。

このプログラムに関する詳細な情報はhttps://www.android.com/versions/oreo-8-0/go-edition/  を参照。

*Google、Android、およびGoogle PlayはGoogle LLC.の商標である。

▽MediaTekについて
MediaTek Incorporated(TWSE: 2454)は、年間15億台ものコネクテッドデバイスを提供する、グローバルファブレス半導体メーカーである。モバイルデバイス、ホームエンターテイメント、コネクティビティー、およびIoT製品などの用途向けの、革新的なシステムオンチップ(SoC)開発において、市場をリードしている。当社のイノベーションへの取り組みは、スマートフォンやタブレット、デジタルテレビ、OTTボックス、ウェアラブル端末、自動車用ソリューションなどの幅広い製品において、電力効率に優れたモバイルテクノロジーや高度なマルチメディアソリューションを含む、いくつもの主要テクノロジー分野の市場でその地位を確固たるものにしている。MediaTekは、スマートテクノロジーを通じて人々が視野を広げ、容易に夢を実現できるように、力と元気を与える。当社ではこの概念を「Everyday Genius」と呼び、企業活動の基盤としている。詳しい情報はwww.mediatek.com を参照。

▽メディア問い合わせ先  
MediaTek Press Office:
PR@mediatek.com

Kevin Keating, MediaTek
+1- 206-321-7295
10188 Telesis Ct #500, San Diego,
CA 92121, USA

Joey Lee, MediaTek
+886-3-567-0766 # 31602
No. 1, Dusing 1st Rd., Hsinchu Science Park,
Hsinchu City 30078, Taiwan

ソース:MediaTek Inc.


MediaTek SoCs are optimized and ready for Android Oreo (Go edition)

PR71444

HSINCHU, Taiwan, Dec. 7, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/–

Google and MediaTek collaborate to deliver improved performance in entry-level
smartphones


MediaTek Inc. today announced that it is a System-on-Chip (SoC) partner for
providing Google’s Android(TM) Oreo (Go edition) software to smartphone makers,
and after a deep collaboration with Google, MediaTek’s MT6739, MT6737, and
MT6580 SoCs, among others, now have board support packages available to run
Android Oreo (Go edition). Google collaborated with MediaTek to ensure that
Android Oreo (Go edition) works well on its line of processors, enabling a
faster time-to-market mechanism for device manufacturers, and ensuring a
quality Android smartphone experience that is both secure and affordable for
devices with 512MB to 1GB of memory. This marks one of the first times that
entry-level SoCs are ready to be used shortly after the latest version of
Android, in this case Android 8.1 Oreo, has been released to the Android Open
Source Project.

With Android Oreo (Go edition), Google has optimized its OS platform, first
party apps and the Google Play(TM) Store to improve the capabilities of entry
level devices. Limited processing power and storage are top pain points for
entry-level device users. Android Oreo (Go edition) was created to not only
address these issues, but to also ensure that the devices are secure and that
users have more control over data usage.

Android Oreo (Go edition) leverages the existing Google Play Store ecosystem to
deliver apps that run smoothly on low memory devices. This improves the overall
user experience with, and support for, devices that have 512MB to 1GB of
memory, which results in significant bill of materials (BOM) cost savings.
These savings enable device makers to provide the 400 million users who buy
entry-level smartphones every year, a better option.

"Entry-level devices are the gateway to the internet for many people, and we
want to make sure everyone has a great experience when they use these devices,"
said Sameer Samat, VP of Product Management, Android & Google Play. "We’re
excited that Android Oreo (Go edition) will significantly improve storage,
performance, data management, and security."

"Today’s announcement builds upon our existing work with Google, including our
recent collaboration on Google’s GMS Express to speed up the certification
process," said TL Lee, General Manager of MediaTek’s Wireless Communication
business unit. "With Android Oreo (Go edition), we are partnering with Google
to tackle the performance challenges of lower memory phones, improving the user
experience of entry level smartphones for consumers in key markets across
India, the Middle East & Africa, Latin America and South East Asia."

Android Oreo (Go edition) leverages MediaTek’s acclaimed turnkey references and
chipsets that are designed specifically to reduce product development time and
compliance testing. A wide range of MediaTek SoC’s supports Android Oreo (Go
edition), including the MT6739 and MT6737 for 4G devices, as well as the MT6580
for 3G devices. This gives device makers the range of capabilities they need to
develop devices for specific price points and markets.

Android Oreo (Go edition) smartphones powered by MediaTek will be available in
world-wide market by Q1, 2018.

For more information about the program, please explore:
https://www.android.com/versions/oreo-8-0/go-edition/

*Google, Android, and Google Play are trademarks of Google LLC.

About MediaTek Inc.
MediaTek Incorporated (TWSE: 2454) is a global fabless semiconductor company
that enables 1.5 billion connected devices a year. We are a market leader in
developing innovative systems-on-chip (SoC) for mobile device, home
entertainment, connectivity and IoT products. Our dedication to innovation has
positioned us as a driving market force in several key technology areas,
including highly power-efficient mobile technologies and advanced multimedia
solutions across a broad range of products such as smartphones, tablets,
digital televisions, OTT boxes, wearables and automotive solutions. MediaTek
empowers and inspires people to expand their horizons and more easily achieve
their goals through smart technology. We call this idea Everyday Genius and it
drives everything we do. Visit www.mediatek.com for more information.

MediaTek Press Office:
PR@mediatek.com

Kevin Keating, MediaTek
+1- 206-321-7295
10188 Telesis Ct #500, San Diego, CA 92121, USA

Joey Lee, MediaTek
+886-3-567-0766 # 31602
No. 1, Dusing 1st Rd., Hsinchu Science Park, Hsinchu City 30078, Taiwan

SOURCE  MediaTek Inc.