2017年11月14日

Zhenlai Momoge Nature Reserve Bureau

渡り鳥ソデグロヅルの90パーセントが中国北東部の自然保護区に飛来

渡り鳥ソデグロヅルの90パーセントが中国北東部の自然保護区に飛来

AsiaNet 71023 (1811)

【鎮賚(中国)2017年11月14日新華社=共同通信JBN】越冬のため南下する多数のソデグロヅルがこのほど、中国北東部の吉林省鎮賚県にあるモモゲ国家級自然保護区(Momoge Nature Reserve)に飛来した。ソデグロヅルはこの地で休息・採餌し、和やかな風景を演出する。

絶滅危惧種の渡り鳥にとって最も重要な休息地である鎮賚では、ソデグロヅルの数が3000近くにのぼり、これは全世界の総生息数の約90パーセントにあたる。ソデグロヅルは年間約130日を当地で過ごす。

ソデグロヅルは、中国では国家1級重点保護の対象であり、国際自然保護連合(IUCN)の絶滅のおそれのある生物種のレッドリストに掲載されている。

秋に、ソデグロヅルはロシアのシベリアを立ち、中国最大の淡水湖であるハ陽湖へ飛来し、ここで越冬する。翌年4月に北へ回帰する。渡りの全行程は1万キロを超える。

中国の黒竜江省および内モンゴル地域に隣接する鎮賚は、ソデグロヅルの故郷との異名をとる。この危惧種は食物および生息環境に厳しい要件を持つ。ソデグロヅルは、鎮賚の14万4000ヘクタールの湿地に生える特殊な草であるイグサ属の草を好んで食べる。

近年、鎮賚県は湖と河川をつなぐ複数の水資源保護プロジェクトを実施し、劣化した湿地を再生し、湿地面積を拡張し、生態系環境を改善しており、ますます多くの希少種鳥類に対し良好な生育環境を提供している。

鎮賚県は生態系環境の保護を重んじ、吉林西部に生態経済区の建設を進めている。有機農業の発展に多大な努力を払い、事業のアクセスに対するネガティブリストを導入し、かつての塩類・アルカリ土壌地を魚類やコメの豊かな地に転換している。

2009年、鎮賚県は肥料および農薬の使用の放棄を開始した。水田面積は1980年代後期の2万6000ヘクタールから現在の9万ヘクタールに増加し、有機米は人気ブランドとなった。

モモゲ国家級自然保護区は、国家1級重点保護対象の鳥類10種および国家2級重点保護対象の鳥類42種の生息地である。当県の広報当局は、地元のソデグロヅルの文化を宣伝し、より多くの人々の関心をこの種に引き付けようと努めている。

ソース:Zhenlai Momoge Nature Reserve Bureau


90 pct of migratory Siberian cranes stay at NE China nature reserve

PR71023

ZHENLAI, China, Nov. 14, 2017 /Xinhua=KYODO JBN/–

A large number of Siberian cranes have recently arrived at the state-level
Momoge Nature Reserve in Zhenlai County, northeast China’s Jilin Province
during their southward migration journey. They take a rest and have feed here,
which is a harmonious scene.

In Zhenlai, the most important stop for the endangered migratory species, the
number of Siberian cranes stands as many as 3,000, or about 90 percent of its
total population worldwide. They stay here for some 130 days a year.

The white cranes are under first-class protection in China and on the Red List
of Threatened Species of the International Union for Conservation of Nature
(IUCN).

In autumn, the white cranes leave Russia’s Siberia for Poyang Lake, China’s
largest freshwater lake, where they spend winter. They return to the north in
April the next year. The whole migration trip is more than 10,000 km long.

Zhenlai, which neighbors China’s Heilongjiang Province and Inner Mongolia
region, is dubbed as the hometown of Siberian cranes. The fragile species has
stern requirements for food and living environment. Meadow rush, a special
grass which grows in the 144,000-hectare wetlands in Zhenlai, is the favorite
for Siberian cranes.

In recent years, the county has carried out multiple water conservancy projects
which connect lakes to rivers, restored degraded wetlands, enlarged the area of
wetlands and improved ecological environment, offering a favorable habitat for
more and more rare bird species.

The county attaches great importance to protecting ecological environment and
advances the construction of an ecological economic zone in western Jilin. It
has made great efforts to develop organic agriculture and adopted a negative
list for industry access, transforming the once saline-alkali soil land into a
lush place of fish and rice.

In 2009, the county began to abandon the use of fertilizers and pesticides. The
area of paddy fields has increased from 26,000 hectares in the late 1980s to
90,000 hectares today. Its organic rice has become a popular brand.

The Momoge Nature Reserve is home to 10 bird species under first-class state
protection and 42 bird species under second-class protection. The county’s
publicity authorities are promoting local white crane culture to attract the
attention of more people to the protection of the species.

SOURCE: Zhenlai Momoge Nature Reserve Bureau