PDF リリース全文
(280KB)

2017年11月8日

ストリーマ技術により実証!花粉症を悪化させるPM2.5と排気ガスの混合物のアジュバンド効果を抑制

2017年11月8日

ダイキン工業株式会社

ストリーマ技術により実証
花粉症を悪化させるPM2.5と排気ガスの混合物のアジュバンド効果を抑制

ダイキン工業株式会社は、当社独自のストリーマ技術が、花粉症を悪化させるPM2.5と排気ガス(ディーゼル排気粒子/以下、排ガス)の混合物によるアレルギーを悪化させる効果(以下、アジュバンド効果と呼ぶ)を抑制することを東北文化学園大学の白澤信行教授と共同で実証しました。すでにストリーマ技術がスギ花粉を分解し、花粉症を引き起こすアレルゲンを99.6%抑制することは実証※3されていますが、より生活空間に近い環境を想定したPM2.5と排ガスの混合物にも効果があることが明らかになりました。
年間を通じて様々な花粉が飛散する日本では、多くの国民が花粉症に悩まされています。さらに都市部では、花粉のアレルゲンとともにPM2.5や排ガスを一緒に摂取することで、花粉症の症状が悪化すると言われています。今回の実証結果により、PM2.5と排ガスの混合物にストリーマを照射することで、アジュバンド効果を抑制できることが認められました。ストリーマ技術が花粉症対策に有効であると推察されます。
当社は2000年より独自のストリーマ技術の開発に取り組み、これまでに花粉に関連する効果の実証を重ねてきました。近年大気中の汚染物質の増加に伴い、屋内の空気環境への関心はさらに高まっています。当社はストリーマ技術のさらなる可能性を探索するため、今後も様々な効果検証を実施してまいります。

■白澤教授のコメント
花粉症の症状は花粉の表面にある物質がPM2.5や排ガスと結合することにより増強されます。今回の実験により、ストリーマ照射が、PM2.5と排ガスの混合物のアレルギーの増強効果を抑制することがわかりました。ストリーマ技術は花粉など様々なアレルゲンの分解ばかりでなく、アレルギーを悪化させる物質に対しても抑制効果が期待できると推測されます。

※1  アジュバンド物質が体内でアレルギーを引き起こす抗体の生成を促進させ、アレルギー症状を悪化させることをアジュバンド効果と呼ぶ。
※2 試験用ストリーマ装置による実証結果です。実機・実使用空間によるものではありません。
※3 2004年に和歌山県立医科大学にて実証。
※4 体内でアレルゲンによる反応が起こると、そのアレルゲンにだけ結合できるIgE抗体が産生され、再び進入したアレルゲンがIgE抗体と反応すると様々なアレルギー症状を引き起こす。健常者には極めて微量しか検出されないことから、一般的に免疫の検査に活用される。