eラーニングアワード2017フォーラム と respon(レスポン)がコラボレーション

PDF リリース全文
(831KB)

2017年10月2日

eラーニングアワード2017フォーラム が「respon(レスポン)」 を採用

2017年10月2日

株式会社朝日ネット

eラーニングアワード2017フォーラム が「respon(レスポン)」 を採用
~ 各講演で、ライブアンケートを実施 ~

 株式会社朝日ネット(東証一部、本社:東京都中央区、代表取締役社長:土方次郎)が
提供しているリアルタイム・アンケートシステム「respon(レスポン)」が、
2017年10月25日より開催される 「eラーニングアワード2017フォーラム」(主催:一般社
団法人e-Learning Initiative Japan / フジサンケイビジネスアイ)の公式アンケート
ツールとして、全40の講演にて利用されることになりました。

eラーニングアワード2017フォーラム と respon(レスポン)がコラボレーション

 本フォーラムは、「eラーニングを取り巻く現状と未来」について豊富な事例とともに
紹介・発表・議論する国内唯一の総合フォーラムです。また併催企画として
『日本e-Learning大賞』を実施します。授賞式では 省庁からの表彰・受賞者による発表
の場を設け、フォーラムをさらに盛り上げます。

 respon は 2015年の『日本e-Learning大賞 アクティブラーニング部門賞』を受賞して
います。朝日ネットでは大学向けのアクティブラーニング用システムに加えて、 2017年
からは、イベント・セミナー・企業等でのサービス展開を進めています。これらの実績
を評価いただいた結果、今年のフォーラムでは招聘講演を含む40講演にて、respon で
ライブアンケートを実施することになりました。

 respon は、参加者が自身の携帯電話でアンケートに回答するサービスです。そして、
その集計結果はリアルタイムにアニメーションで表示されます。
eラーニングアワード2017フォーラム では、各講演の感想や意見を respon で集め、
集計結果を会場に設置したモニターでライブ中継をします。

respon でライブアンケートを実施。結果はリアルタイムに表示。

 eラーニングアワード2017フォーラム運営担当の飯澤敏範氏は、「各講演の参加者の
反応・満足度が即座にわかることは、講演者にとっても大きな刺激になります。 respon
を導入することで、より高いレベルのセミナーになることを期待しています。」と、
respon導入の狙いを語ります。

 当日は、respon導入校の大学生が「responサポーター」として活躍します。普段、
授業でresponを使っている大学生が、会場でresponのデモンストレーションをします。

「eラーニングアワード2017フォーラム」は御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター
にて開催。学校法人や、教育・IT関係会社 約1万名の来場者を見込んでいます。

御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンターにて、10月25日(水)より開催


● respon ホームページ(学校・教育機関向け)
https://respon.jp

● respon ホームページ(企業・一般向け)
https://respon.jp/biz

● eラーニングアワード 2017フォーラム  ホームページ
http://www.elearningawards.jp

● eラーニングアワード 2017フォーラム respon 関連イベント申し込み窓口

 「respon で実現する 次世代コミュニケーション・ラーニング」
 10月26日(木) 小樽商科大学 大津晶 氏
 http://www.elearningawards.jp/program2detail.html#106

 「respon が生み出す学びのコミュニティ」
 10月27日(金) 関西福祉科学大学 治部哲也 氏
 http://www.elearningawards.jp/program3detail.html#140

 respon 事例紹介コーナー
 http://www.elearningawards.jp/programmeeting.html#48