川崎市

2017年9月22日

川崎市で睡眠チェックによる健康寿命延伸サービスの実証事業がスタート

川崎市で睡眠チェックによる健康寿命延伸サービスの実証事業がスタート
調剤薬局などの地域の身近な拠点に
「まちなか睡眠計測ステーション」を開設


川崎市が進めるウェルフェアイノベーションの企業・医療の共創プロジェクトで、パラマウントベッド株式会社(東京都江東区)と医療法人社団フォルクモア(川崎市宮前区)、ディメンシア・フロント株式会社(横浜市港北区)を中心とするコンソーシアムが、健康寿命延伸サービスの実証事業をスタートします。

実証事業の実施にあたり、睡眠チェックの案内や機器受付窓口を担う「まちなか睡眠計測ステーション」を、本事業に賛同する地域の身近な調剤薬局等の拠点に開設(今後、ドラッグストア、宅配事業者、フィットネスクラブへの展開も予定)します。

睡眠センサー(眠りSCAN®)を使用した簡便な「睡眠チェック(スマートスリープチェック)」の普及により、在宅での睡眠チェックが可能になることで、認知症をはじめとした老年症候群に対し、医療機関による睡眠計測結果のフィードバック・アドバイスの提供や、相談の受付により、セルフケア意識の醸成などを通じた地域包括ケアシステムの具体的な実践例の一つとして、高齢者の健康寿命の延伸を目指します。

■ 「睡眠計測から始まる認知症予防と治療」講演会を開催
認知症予防に取り組む専門医などが講師となり、「まちなか睡眠計測コンソーシアム」の主催による「睡眠検査から始まる認知症予防と治療」と題した無料講演会を川崎市内4か所で開催(下記参照)します。
この講演会では、参加者に対し、睡眠計測モニター(合計約200名)を募集するとともに睡眠センサー(眠りSCAN®)の無償貸出を行い、モニター参加者に対しては、モニター結果に対する改善アドバイスを行います。

  第1回 平成29年10月10日(火) 15時ー18時 高津市民館大ホール(定員600名)
  第2回 平成29年10月12日(木) 14時ー17時 中原市民館第3、4会議室(定員48名) 
  第3回 平成29年10月23日(月) 15時ー18時 新百合トウェンティワン大ホール(定員450名)
  第4回 平成29年10月30日(月) 14時ー17時 ミューザ川崎市民交流室(定員150名)

  (講演会詳細)
    http://www.city.kawasaki.jp/280/page/0000091321.html


【本リリースに関するお問い合わせ先】
 川崎市経済労働局次世代産業推進室
  福田、滝口、蔦
  電話: 044-200-2339
  メール: 28ziseda@city.kawasaki.jp