2017年9月14日

Ascensia Diabetes Care

Ascensia Diabetes Careが2型糖尿病向けデジタル・ソリューションの世界的コンペ

Ascensia Diabetes Careが2型糖尿病向けデジタル・ソリューションの世界的コンペ

AsiaNet 70063 (1399)

【リスボン(ポルトガル)2017年9月13日PR Newswire=共同通信JBN】第53回欧州糖尿病学会(EASD)年次会議が開かれている13日、Ascensia Diabetes Careは糖尿病管理をサポートし2型糖尿病にかかっているひとびとの生活を改善する革新的なデジタル・ソリューションを求める世界的なイノベーション・コンペティションであるAscensia Diabetes Challengeの開始を発表した。この挑戦は糖尿病の改革者たちからの未発見のソリューションを発掘することによって2型糖尿病の世界的な広がりを管理する取り組みを助ける新たな方法の発見を目的としている。決勝進出者、準優勝者、優勝者はそれぞれのアイディアの一層の開発をサポートするため、総額20万ユーロの賞金基金から賞金を受ける。

この挑戦を通じて、Ascensiaは2型糖尿病の管理を容易にすることができ、個人、健康管理システム、社会が受けるその負担からの解放を助けられるデジタル・ソリューションでの次の大幅前進を開発中の企業をサポートすることを目的にしている。この分野のソリューションと治療法は年ごとに改善が続いているが、現在開発中の新たな技術が2型糖尿病の人の病状のあらゆる側面のよりよい自己管理を助けるために重要な役割を果たせるようになるには一層の投資が必要である。

Ascensia Diabetes Careのミハエル・クロス最高経営責任者(CEO)は「われわれはこの分野のイノベーションを力づけ、デジタル技術が2型糖尿病の人の毎日の生活の管理をどのように助けられるかを再考したいと考えているので、Ascensiaはこの挑戦の開始に興奮している。この挑戦はわが社自身の研究開発のためであるとともに糖尿病の人向けの革新的なソリューションを発見するための近代的なアプローチを代表するものである。この挑戦は糖尿病の広がりという事態を解決するものではないが、新しい糖尿病ソリューションの開発の重要なステップである。この挑戦が未発見の源から新たなアイディアを生み出すことを期待しており、Ascensiaのサポートでそれを世界の患者たちにもたらすことができるよう望んでいる」と述べている。

このコンペティションは欧州、米州。アジア・太平洋からの参加を求めており、参加申請は欧州が2017年10月1日から、アジア・太平洋と米州は2017年11月6日から。参加申請はオンライン・ポータルのascensiadiabeteschallenge.comを通じてオンラインで提出できる。

世界の糖尿病、デジタルヘルス専門家およびAscensia MedicalのR&DとCommercialチームのメンバーで構成される審査パネルが出品作品を審査し、決勝進出者、優勝者を決める。臨床心理学者のウィリアム・ポランスキー博士、糖尿病とデジタルヘルスに特に関心を持つ一般開業医のマスード・ナジル博士、2型糖尿病のブロガーのロビン・スウィンデル氏が最初の3人の審査員として確認されており、追加される審査員は近く発表される。

米サンディエゴの行動型糖尿病研究所の所長で共同創立者であるウィリアム・ポランスキー博士は「行動的インターベンションは2型糖尿病の自己管理を強化するカギであり、デジタル・ソリューションは長期にわたって患者に関与させ持続的な行動の変化を可能にする手段として極めて必要性が高い。不幸なことに、現在のデジタル・ソリューションは患者の必要にまだ十分対応できず、自己管理と長期的な行動変化を効果的にサポートできない。Ascensia Diabetes Challengeに参加して2型糖尿病の負担に対処する次のイノベーションを試し、発見することに興奮している」と説明している。

2型糖尿病にかかっている英国の活動的なブロガーのロビン・スウィンデル氏は「多くの2型糖尿病患者と同様に私は多くても年に2時間ほど健康管理専門家と会うだけである。ほかの時間は自己管理に頼る。われわれのために自己管理をよりよくサポートできる革新的なデジタル・ソリューションを見つける必要がある。ソリューションは個人化でき、生活に適合できる必要がある。またわれわれが病状をよりよく理解し管理するのを助け、動機を与える量的テータを提供すべきである。デジタル・ソリューションはこれらの必要に対処できる能力がある。わたしはこの挑戦にかかわることを喜んでおり、私とほかの患者に真のインパクトを与えられる新たなイノベーションが発掘されることを期待している」と語っている。

Ascensiaはオープンなイノベーションのサービス会社であるyet2と提携してこの世界的な挑戦を開始した。yet2は提出のプロセスと参加作品の第1次審査を管理する。オープンなイノベーション・チャレンジの経験を利用して参加作品の審査、知的財産の調査、審査プロセスのサポートを容易にする。

ミハエル・クロスCEOは付け加えて「糖尿病に集中している会社としてわが社は糖尿病イノベーションのアジェンダを推進し、信頼されるパートナーとして糖尿病共同体に対する現行のサポートを示し、継続的な研究、イノベーション、新たなソリューションの開発へのコミットを示したい」と述べている。

Ascensia Diabetes Careについての詳しい情報はhttp://www.ascensia.com へ。
yet2についての詳しい情報はhttp://www.yet2.com へ。

▽メディア問い合わせ先
Joseph Delahunty
VP, Global Head of Communications
Ascensia Diabetes Care
E-mail: joseph.delahunty@ascensia.com
Phone: +41-79-422-9286

ソース:Ascensia Diabetes Care



Ascensia Diabetes Care Launches Global Innovation Competition to Find Digital Solutions to Help Tackle the Epidemic of Type 2 Diabetes

PR70063

LISBON, Portugal, Sept. 13, 2017, /PRNewswire=KYODO JBN/ —

Today, during the 53rd Annual Meeting of the European Association for the Study
of Diabetes (EASD), Ascensia Diabetes Care announced the launch of the Ascensia
Diabetes Challenge, a global innovation competition that is seeking innovative
digital solutions to support diabetes management and improve the lives of those
living with type 2 diabetes. The challenge aims to find new ways to help tackle
the management of the global epidemic of type 2 diabetes by unearthing
undiscovered solutions from diabetes innovators. Finalists, runners-up and the
winner will all receive cash prizes to support further development of their
ideas from a total prize fund of EUD200,000.

Through the challenge, Ascensia aims to support companies who are developing
the next big leap forward in digital solutions that could facilitate better
type 2 diabetes management and help relieve the burden it places on
individuals, healthcare systems and society. Although solutions and therapies
in this area continue to improve year on year, many of the emerging
technologies currently in development need further investment to ensure they
can play a critical role in helping people with type 2 diabetes to better
self-manage all aspects of their condition.

"At Ascensia we are excited to be launching this challenge, as we want to
encourage innovation in our field and rethink how digital technology can help
people with type 2 diabetes manage their day to day lives," said Michael Kloss,
CEO Ascensia Diabetes Care. "This challenge represents the modern approach to
finding innovative solutions for people with diabetes, alongside our own R&D.
This challenge will not solve the diabetes epidemic on its own, but it is a
critical step in the development of new diabetes solutions. It aims to find,
support and nurture ideas from start-ups that have the potential to
revolutionize diabetes management. We hope this challenge can generate novel
ideas from undiscovered sources, and with Ascensia’s support we want to be able
to bring them to a global patient population."

The competition will seek submissions from Europe, the Americas and Asia
Pacific with entries open from October 1, 2017 for Europe and November 6, 2017
for Asia Pacific and the Americas. Entries can be submitted via the online
portal at ascensiadiabeteschallenge.com.

A judging panel, made up of independent experts from diabetes and digital
health from across the world, as well as members of the Ascensia Medical, R&D
and Commercial teams, will assess the entries and determine finalists and the
winner.  Dr. William Polonsky, a clinical psychologist, Dr. Masood Nazir, a
general practitioner with a special interest in diabetes and digital health,
and Robin Swindell, a type 2 diabetes blogger, have been confirmed as the first
three judges, and additional judges will be announced shortly.

Dr. William Polonsky, President and Co-Founder of the Behavioral Diabetes
Institute, San Diego, USA, explained, "Behavioral interventions are the key to
enhancing self-management in type 2 diabetes, and digital solutions are
desperately needed as a means to engage patients over the long-term and enable
sustainable behavior change. Unfortunately, current digital solutions have not
yet been able to fully address the needs of patients or effectively support
self-management and long-term behavior change. I am thrilled to be part of the
Ascensia Diabetes Challenge to try and find the next innovations to address the
burden of type 2 diabetes."

Robin Swindell, a person with type 2 diabetes and active blogger from the UK
said, "Like most patients with type 2 diabetes, I only see a healthcare
professional for a couple of hours a year at most. For the rest of the time we
rely on self-management. We need to find innovative digital solutions that can
better support self-management for us. Solutions need to be able to be
personalized and fit into their lives. They should also offer quantitative data
that can help us to better understand and manage our condition and provide
motivation. Digital solutions have the ability to address these needs. I am
delighted to be involved in this challenge and hope it will unearth a new
innovation that can make a real impact for me and other patients."

Ascensia has partnered with yet2, an open innovation services company, to
launch this global challenge. yet2 will be managing the submission process and
initial review of entries. They will use their experience with open innovation
challenges to facilitate the review of entries, manage intellectual property
screening and support the judging process.  

Michael Kloss added, "As a company that is focused on diabetes, we want to be
driving the agenda in diabetes innovation, demonstrate our ongoing support for
the diabetes community as a trusted partner, and show our commitment to
continued research, innovation and development of new solutions."

For further information about Ascensia Diabetes Care, visit:
http://www.ascensia.com.
For further information about yet2, please visit: http://www.yet2.com.

Media Contact:
Joseph Delahunty
VP, Global Head of Communications
Ascensia Diabetes Care
E-mail: joseph.delahunty@ascensia.com
Phone: +41-79-422-9286

Source: Ascensia Diabetes Care