2017年8月8日

MATRIX

MATRIX Chain、AI組み込みでブロックチェーン3.0を目指す

MATRIX Chain、AI組み込みでブロックチェーン3.0を目指す

AsiaNet 69580 (1184)

【北京2017年8月8日PR Newswire=共同通信JBN】中国の数人の科学者が研究開発で主導的役割を果たしたMATRIX Chainと呼ばれるブロックチェーンが、数日前に業界で大評判になった。基本的なデータチェーンに人工知能(AI)を組み込んだイノベーションが、このブロックチェーンをよりスマートに、使いやすくし、自己学習を通じた絶えざる進化を可能にした。

▽ブロックチェーンの基本的技術で出発
MATRIXのAIチーフサイエンティスト、デン・ヤンドン氏によると、MATRIX ChainはAIを備えた新世代ブロックチェーンとして、さまざまなブロックチェーンのパラメーターを画期的に引き上げることができ、自己進化を実現した。さらにMATRIX Chainは現行ブロックチェーン設計の完結化過程での諸問題や、さまざまなブロックチェーンのパラメーター調整における硬直性に対処が可能となった。このためMATRIX Chainはブロックチェーン3.0とみなされ得るだろう。

▽取引の抜け穴を自動的に判別
MATRIXの半導体とソフトウエアの設計を担当したチーフサイエンティスト、リー・チンホワ氏は「MATRIX Chainのスマートコントラクトはこうした問題への対処を重点にし、そのためソリューションは従来型の中央集約システムである」と説明する。無差別原則に基づくAIモデルを採用したMATRIX Chainのスマートコントラクトは、取引モデルの合理性の自動判断や、取引の抜け穴の自動摘発、コントラクトに基づく取引の洗練された処理を実行できる。それだけでなく、組み込まれたAI取引モデルによって、ユーザーの同意に基づき、不合理な取引が自動的に排除され、MATRIX Chain取引のルールを確立している。

▽誰もが使い方を理解するブロックチェーンを立ち上げ
MATRIX ChainはAIベースのアルゴリズムを組み込むことで、直線的でない複雑な多くの問題を解決でき、アプリケーションとしての障壁を大きく引き下げ、ブロックチェーン技術の応用の展望を大きく改善した。

疑似イーサリアム(Ethereum)のスマートコントラクトは、普通のユーザーのための一般的なものというより、コードに詳しい小グループの技術者にとっての仲間内のアプリケーションに近いとデン氏は述べた。しかし、AIを組み込んでしまえば、普通のユーザーがスマートコントラクトを結ぶために必要なことは、取引対象と取引条件のテキスト記述を打ち込むだけとなるため、スマートコントラクトを誰にも使いやすくしている。

ソース:MATRIX


A MATRIX Chain Seeking to Define Blockchain 3.0 by Incorporating Blockchain and AI

PR69580

BEIJING, Aug. 8, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ —

A few days ago, a blockchain called "MATRIX Chain", which several Chinese
scientists have played a leading role in the research and development, made a
splash in its sector. By incorporating artificial intelligence (AI) into the
underlying data chain, the innovation has made this blockchain smarter, easier
to use, and capable of evolving constantly through self-learning.

Starting with the underlying technology of blockchain

According to MATRIX’s AI chief scientist Deng Yangdong, MATRIX Chain, as a new
generation of blockchain with AI, can dynamically update the parameters for
various blockchains so as to realize self-evolution. Furthermore, MATRIX Chain
can also address the issues during the finalization of the current blockchain
designs and the inflexibility in adjusting various blockchain parameters. For
this, MATRIX Chain could be deemed as blockchain 3.0.

Automatically discriminating loopholes in transactions

"Smart contracts of MATRIX Chain are dedicated to address the above issues for
which the solution is a conventional centralized system," explained Li Qinghua,
MATRIX’s chip and software architecture chief scientist. With the introduction
of AI models based on the principle of non-discrimination, the smart contracts
of MATRIX Chain enable the automatic judgment on the reasonability of
transaction models, the automatic detection on loopholes in transactions, and
the execution of a civilized process of transactions under contracts.
Furthermore, with built-in AI transaction models, and upon the approval of
users, unreasonable transactions will be automatically refused, establishing a
rule for MATRIX Chain transactions.

Setting up a blockchain that everyone knows how to use

By incorporating AI-based algorithm, MATRIX Chain is able to solve many
non-linear and more complicated problems, largely lowering the barrier to
application and thus significantly improving the scope of application of
blockchain technology.

Deng said that quasi-Ethereum smart contracts are more like an exclusive
application for a small group of technicians who are familiar with codes than a
generic one for ordinary users. However, after AI has been incorporated, the
only operation ordinary users need to do to generate a smart contract is to
type in the transaction objective and textual description of transaction
conditions, making smart contract service easily accessible for everyone.


Source: MATRIX