2017年2月8日

ヴォーティロ(Votiro)

イスラエル・エアロスペース・インダストリーズ(IAI)がヴォーティロのエクスプロイト中和ソリューションを配備

AsiaNet 67326

イスラエル・エアロスペース・インダストリーズ(IAI)がヴォーティロのエクスプロイト中和ソリューションを配備

テルアビブ(イスラエル)、2017年2月8日/PRニュースワイヤー/ —

ヴォーティロの技術は、IAIに対するサイバー攻撃を無効化し、機密情報がハッカーの手にわたるのを阻止します。

ゼロデイ・エクスプロイトほか進行中のサイバー脅威から組織を守るセキュア・サニタイゼイション・ゲイトウェイ(Secure Sanitization Gateways)ソリューションのグローバルリーダーであるヴォーティロ(Votiro:http://www.votiro.com/ )は本日、防衛と商用航空機市場向けシステムの開発・生産におけるトップのイスラエル・エアロスペース・インダストリーズ(IAI:Israel Aerospace Industries)が、特許を有するアドバンスト・コンテント・ディスアーム・リコンストラクション(Advanced Content Disarm Reconstruction)技術を備えたヴォーティロのセキュア・ゲイトウェイソリューションを導入したことを発表しました。このソリューションにはヴォーティロのリムーバブル・メディア・ゲイトウェイとヴォーティロのセキュア・ファイル・トランスファー・ゲイトウェイが含まれています。

ヴォーティロが特許を有するアドバンスト・コンテント・ディスアーム・リコンストラクション技術は、各ファイルをスキャンして全てのエクスプロイトを削除、非公開のゼロデイ・エクスプロイトの脅威からIAIを守ります。サニタイズしたファイルはオリジナルファイルのインテグリティーと機能を維持します。その後ファイルはIAIの内部ネットワークに進みます。
サニタイゼーション処理はユーザーには見えず、リアルタイムで行われるため、IAIのビジネス活動を妨げることはありません。

ヴォーティロCEO兼共同創立者のイタイ・グリックは、次のように述べました。「拡大しつつある顧客リストにもう一つの大企業を加えることができて、わが社は沸き立っております。イスラエル・エアロスペース・インダストリーズは世界有数の最新軍事防衛の会社であり、ハッカーの第一の標的なのです。ヴォーティロのセキュア・ゲイトウェイを実装するというIAIの決定から、同社がわが社の製品に寄せる信頼度が明らかとなりました。わが社は、特に自社のニーズに合わせたシステムを構築するためにエアロスペース・インダストリーズがファイルをどう使うかを深く理解しようと、同社のITおよびセキュリティーのチームと緊密に連携しました」

ヴォーティロのソリューションは世界中で配備され、非公開のゼロデイ・エクスプロイトを削除することで、数十万のユーザーを標的型攻撃から守る手助けをしています。感染の危険を避けるためにドキュメントからアクティブコードを削除することで、ヴォーティロは標的型攻撃から完全に防御することができます。

ヴォーティロについて

ヴォーティロは、サイバー攻撃に使われる非公開のゼロデイ・エクスプロイトに対処するのに不可欠な防護策を組織に提供しています。わが社のセキュア・ゲイトウェイは、サイバー脅威の可能性からファイルをサニタイズするための堅固な防護策と、特許所有のアドバンスト・コンテント・ディスアーム・リコンストラクション技術を提供します。2010年創立のヴォーティロは、イスラエルに本部を、アメリカとシンガポールに営業所を置いています。顧客は銀行などの金融機関、政府機関、エネルギー・電力会社、通信サービスプロバイダー、保健関係、小売り、大企業などです。
詳細は、http://www.votiro.com をご覧ください。
ヴォーティロをツイッターでフォローしてください・・・@votiro


メディア問合せ先:
Idan Yatziv
marketing@votiro.com
+972-52-330-9099



情報源:ヴォーティロ



(日本語リリース:クライアント提供)



Israel Aerospace Industries (IAI) Deploys Votiro’s Exploit Neutralization Solution

PR67326

TEL AVIV, Israel, Feb. 8, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ —

     Votiro’s technology will neutralize cyberattacks on IAI, preventing its
classified and sensitive information from getting into the hands of hackers

    Votiro [http://www.votiro.com ], a global leader in Secure Sanitization
Gateways solutions, protecting organizations against zero-day exploits and
other ongoing cyber threats, announced today that Israel Aerospace Industries
(IAI), a leader in the development and production of systems for defense and
commercial aeronautical markets, has installed Votiro’s Secure Gateway solution
powered by patented Advanced Content Disarm and Reconstruction technology. The
solution includes Votiro’s Removable Media Gateway and Votiro’s Secure File
Transfer Gateway.

    Votiro’s patented Advanced Content Disarm and Reconstruction technology
scans each file and removes all exploits, protecting IAI from undisclosed and
zero-day threats. The sanitized files preserve the integrity and functionality
of the original files. The files then continue on to IAI’s internal network.

    The sanitization process is invisible to users, done in real time and does
not disrupt IAI’s business activity.

    "We are very excited to include another major company in our expanding
roster of clients," said Itay Glick, CEO and Co-Founder of Votiro.  "Israel
Aerospace Industries is one of the most advanced military defense companies in
the world, which makes it a prime target for hackers. IAI’s decision to
implement Votiro’s Secure Gateways, speaks highly of the trust that they place
in our products. We have worked closely with the organization’s IT and security
teams to gain a deep understanding of the way the Aerospace Industry uses files
to build out a tailored system that specifically meets their needs."

    Votiro’s solutions are deployed worldwide, assisting hundreds of thousands
of users in protecting against targeted attacks by eliminating undisclosed and
zero-day exploits.  By removing active code from documents to avoid potential
infections, Votiro is able to provide complete protection from targeted attacks.

    About Votiro Votiro provides organizations with essential protection
against undisclosed and zero-day exploits utilized in cyber-attacks. The
company’s Secure Gateways provides a robust protection and patented Advanced
Content Disarm and Reconstruction technology for sanitizing files from
potential cyber-threats. Founded in 2010, Votiro is headquartered in Israel
with sales offices in the United States and Singapore. Customers include banks
and other financial institutions, government agencies, energy and utilities
companies, telecommunications service providers, health, retail and large
enterprises.

    For more information, please visit http://www.votiro.com.     
    Follow Votiro on Twitter – @votiro.

    Media Contact:     
    Idan Yatziv     
    marketing@votiro.com     
    +972-52-330-9099

SOURCE: Votiro