2017年1月31日

Mexico Tourism Board

メキシコへの国際直行便は2017年に100万席増加

メキシコへの国際直行便は2017年に100万席増加

AsiaNet 67248(0128)

【メキシコ市2017年1月30日PR Newswire=共同通信JBN】
*メキシコ旅行への需要増が航空産業にビジネス拡大の好機を提供

メキシコ観光局(Mexico Tourism Board)の30日発表によると、メキシコの国際航空便の接続性は記録的なペースで伸びており、世界中の航空会社が新ルートを追加あるいは既存ルートを増便し、顕著に高まっているメキシコ旅行の需要に対応するため、より多くが搭乗できる最新の航空機を投入している。2017年1月現在、航空会社パートナーは20カ国超からのメキシコ国際直行便に、新たに100万席以上を2017年に追加すると発表した。

Logo – http://mma.prnewswire.com/media/462407/Mexico_Tourism_Board_Logo.jpg

メキシコ観光局のルルデス・ベロ最高経営責任者(CEO)は「今回の拡張には多くの世界の都市とメキシコを結ぶサービスが含まれ、メキシコの目的地は多様になる。これは国際マーケット多様化というわれわれの戦略の1部である。われわれの航空産業パートナーがこの機運を認識すると共に、接続性の拡大を続けていることを喜んでいる」と述べた。さらに「2016年のメキシコの旅客数は最終集計中だが、メキシコを訪問する国際的なビジターに関しては業界主導による増加によって新たな記録となる1年であることは確かだ」と述べた。

2013年以来、メキシコの国際観光は年平均で10%増加しており、これは世界の業界平均の2倍だ。2013年には2400万人だったメキシコへの国際旅客が2016年には3500万人に増加すると予測された。この動向は、世界観光機関(UNWTO)によると、世界で最も訪問客が多い国の中でメキシコを15位(2013年)から9位(2015年)に押し上げた。世界的に有名なメキシコの太陽とビーチだけでなく、旅客の増加はメキシコが持つ多くの側面によるものだ。それは大規模な生物多様性、自然、美食、ラグジュアリー、F1といった著名イベント、文化的伝統の「死者の日」、婚礼、ロマンス、会合そしてイベント産業などである。

▽国際都市からの新ルート
メキシコの世界的な人気上昇は、既存、新規の航空会社パートナーが新たな国際都市からのルート開設、そしてメキシコでの目的地を増加させるというコミットメントからも明らかだ。

2017年1月現在での新ルートは以下の通り

*アエロメヒコ航空:ソウル仁川発メキシコ市(メキシコシティ)行き、アムステルダム発メキシコシティ行き、バンクーバー発メキシコシティ行き、デトロイト発モンテレイ行き、デトロイト発メキシコシティ行き、オースティン発メキシコシティ行き、カルガリー発メキシコシティ行き
*エア・カナダルージュ:バンクーバー発カンクン行き
*Air Transat:バンクーバー発ロスカボス行き
*アリタリア-イタリア航空:ローマ発メキシコシティ行き
*ANA(全日空):東京・成田発メキシコシティ行き
*アメリカン航空:ロサンゼルス発プエルトバジャルタ行き、ロサンゼルス発カンクン行き、ダラス発メリダ行き、マイアミ発メリダ行き
*Condor & Neckermann:ワルシャワ発カンクン行き
*デルタ航空:ロサンゼルス発ロスカボス行き
*エーデルワイス航空:チューリヒ発カンクン行き
*フィンエアー:ヘルシンキ発プエルトバジャルタ行き
*Interjet:シカゴ発メキシコシティ行き、ラスベガス発メキシコシティ行き、ロサンゼルス発グアダラハラ行き、ロサンゼルス発カンクン行き、ロサンゼルス発メキシコシティ行き、ダラス発メキシコシティ行き
*Southwest Airlines:ロサンゼルス発プエルトバジャルタ行き、ロサンゼルス発ロスカボス行き、ロサンゼルス発カンクン行き、オークランド発プエルトバジャルタ行き、オークランド発ロスカボス行き
*Sunwing Airlines:ウイニペグ発マサトラン行き
*TUI Poland:ワルシャワ発カンクン行き
*ユナイテッド航空:シカゴ発メキシコシティ行き
*Virgin America:ロサンゼルス発ロスカボス行き、ロサンゼルス発カンクン行き、ロサンゼルス発プエルトバジャルタ行き
*Viva Colombia:メデジン発カンクン行き
*Volaris:ニューヨーク・JFケネディ空港発メキシコシティ行き、ヒューストン発メキシコシティ行き、マイアミ発メキシコシティ行き、フェニックス発クリアカン行き、シアトル発グアダラハラ行き、ロサンゼルス発ドゥランゴ行き、サンフランシスコ発メキシコシティ行き、マイアミ発グアダラハラ行き、ミルウォーキー発グアダラハラ行き、デンバー発モンテレイ行き

▽増便とアップグレードされた航空機材
新たに開設のルートに加え、25の既存ルートで増便あるいは航空機材のアップグレードが確認されており、輸送能力の増加と旅客の総合的な利便性および体験の向上に資するものだ。たとえば、最近投入され、Quetzalcoastl(羽根のあるヘビ)と名付けられたアエロメヒコ航空の787-9は2017年にメキシコシティとロンドン、パリ、マドリード間に就航の予定で、改善されたキャビンの快適性、世界的に有名なメキシコ人シェフであるエンリケ・オリベイラ氏によるビジネスクラスのメニュー、20%削減された炭素排出量が特徴である。
エールフランス航空も最近、同社の主力機材A380をパリ発メキシコシティおよびカンクン行きに投入、同機をメキシコ便として採用した世界初の航空会社になった。

メキシコ観光局は最近、強化された商品の開発と個人向けマーケティング・キャンペーンに重点を置いた観光産業戦略を発表した。その重点分野はラグジュアリー、婚礼、ロマンス、ダイビング、大規模な生物的多様性、自然、文化、美食、著名イベント、スポーツ、アドベンチャー、そしてミレニアル世代、LGBT、退職者といったオーディエンス層向けプログラムである。

この各分野は、主要な観光地や世界的な旅行オペレーターとのパートナーシップにより、あらゆるタイプの旅行者に大きく拡大されたポートフォリオの選択肢を提供する。接続性と業界のパートナーシップは、新しいマーケットの幅広い層に、世界的にアピールするというメキシコの目標において非常に重要だ。これらの全てが、2021年までに国際旅客数を5000万人にするという野心的な目標達成を支援するだろう。

ソース:Mexico Tourism Board

▽問い合わせ先
Melanie Garvey
Melanie.garvey@mslgroup.com


One Million New Seats On International Direct Flights To Mexico In 2017

PR67248

MEXICO CITY, Jan. 30, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ —

  — Boost in demand for travel to Mexico offers business growth opportunity
for airline industry

The Mexico Tourism Board announced today that Mexico’s global air connectivity
continues to grow at a record pace, with airlines around the world adding new
routes, additional flights on existing routes, and upgrading to the latest
aircraft models with larger capacities in order to meet the impressive demand
for travel to Mexico. As of January 2017, airline partners have announced the
addition of more than 1,000,000 new seats scheduled in 2017 on international
direct flights to Mexico from more than 20 countries.

Logo – http://mma.prnewswire.com/media/462407/Mexico_Tourism_Board_Logo.jpg

"This expansion includes service to Mexico from many new international cities
to multiple Mexico destinations, which is part of our strategy of international
market diversification. We are delighted to see our airline industry partners
continue to recognize this momentum and further expand their connectivity,"
remarked Lourdes Berho, CEO of the Mexico Tourism Board. She added, "While the
2016 Mexico tourism numbers are still being finalized, it’s clear that we will
have another record-setting year of industry-leading growth in terms of
international visitors to Mexico."

Since 2013, Mexico’s international tourism has grown at an annual average of
10%, double the global industry average. This performance, which includes
growing from 24 million international tourists to Mexico in 2013 to an
anticipated 35 million for 2016, has catapulted Mexico from the 15th (2013) to
the 9th (2015) most visited country in the world, according to the World
Tourism Organization (UNWTO). Beyond Mexico’s world-famous sun and beach
offering, growth has come from the attractiveness of Mexico’s many segments
such as mega biodiversity, nature, gastronomy, luxury, high profile events like
F1, cultural traditions like Day of the Dead, and the Weddings, romance,
meetings and events industries.

New Routes from International Cities
Mexico’s increasing global popularity is evident in the commitment from
existing and new airline partners to establish routes from new international
cities as well as expand the number of Mexican destinations they serve.

As of January 2017, these new routes include:

– Aeromexico: Seoul Incheon to Mexico City, Amsterdam to Mexico City,
Vancouver to Mexico City, Detroit to Monterrey, Detroit to Mexico City, Austin
to Mexico City, and Calgary to Mexico City
– Air Canada Rouge: Vancouver to Cancun
– Air Transat: Vancouver to Los Cabos
– Alitalia: Rome to Mexico City
– All Nippon Airways (ANA): Tokyo Narita to Mexico City
– American Airlines: Los Angeles to Puerto Vallarta, Los Angeles to Cancun,
Dallas to Merida, and Miami to Merida
– Condor & Neckermann: Warsaw to Cancun
– Delta Airlines: Los Angeles to Los Cabos
– Edelweiss Air: Zurich to Cancun
– Finnair: Helsinki to Puerto Vallarta
– Interjet: Chicago to Mexico City, Las Vegas to Mexico City, Los Angeles to
Guadalajara, Los Angeles to Cancun, Los Angeles to Mexico City, and Dallas to
Mexico City
– Southwest Airlines: Los Angeles to Puerto Vallarta, Los Angeles to Los
Cabos, Los Angeles to Cancun, Oakland to Puerto Vallarta, and Oakland to Los
Cabos
– Sunwing Airlines: Winnipeg to Mazatlan
– TUI Poland: Warsaw to Cancun
– United Airlines: Chicago to Mexico City
– Virgin America: Los Angeles to Los Cabos, Los Angeles to Cancun, and Los
Angeles to Puerto Vallarta
– Viva Colombia: Medellin to Cancun
– Volaris: New York JFK to Mexico City, Houston to Mexico City, Miami to
Mexico City, Phoenix to Culiacan, Seattle to Guadalajara, Los Angeles to
Durango, San Francisco to Mexico City, Miami to Guadalajara, Milwaukee to
Guadalajara, Austin to Guadalajara, and Denver to Monterrey

Increased Frequency and Upgraded Aircraft
In addition to the newly established routes, more than 25 existing routes have
confirmed additional frequency of flights or upgraded aircrafts, contributing
to the additional capacity as well as overall improved traveler convenience and
experience. For example, the recently unveiled Aeromexico 787-9 named
Quetzalcoatl (Feathered Serpent) which will fly between Mexico City and London,
Paris and Madrid in 2017 features improved cabin comforts, a business class
menu designed world-renowned Mexican chef Enrique Olvera, and a 20 percent
reduction in carbon emissions. Air France has also recently launched service to
Mexico City and Cancun from Paris on its flagship A380, making it the first
airline in the world to fly this aircraft to Mexico.

The Mexico Tourism Board’s recently announced tourism industry strategy
includes a focus on developing expanded products and personalized marketing
campaigns that focus on areas including luxury, wedding’s and romance, diving,
mega bio diversity and nature, culture, gastronomy, high profile events, sports
and adventure, as well as programs for audience segments such as millennials,
LGBT and retirees.

In each of these areas, partnerships with key destinations as well as global
travel operators will bring an ever-expanded portfolio of options to travelers
of all types. Connectivity and industry partnerships are critical to Mexico’s
goal to appeal to a broader audience in new markets, globally. This all will
help in achieving the new ambitious goal of reaching 50 million international
visitors by 2021.

SOURCE: Mexico Tourism Board

CONTACT: Melanie Garvey, Melanie.garvey@mslgroup.com