2016年10月7日

アリスグローバル

アリスグローバル、Total Safety 7.3を発売

アリスグローバル、Total Safety 7.3を発売

AsiaNet 66011

シカゴ(米国)、2016年10月7日/PRニュースワイヤー/ —

プラットフォームのアップグレードにより規制コンプライアンス、生産性向上、品質管理、TCOの低減を実現

アリスグローバル(ArisGlobal)は、包括的安全性情報管理スイートへの最新の機能強化となるTotal Safety 7.3の発売を発表します。業界トップのベストプラクティスを踏まえた、完全クラウド型でシングル・アプリケーション・インスタンス(SAI:Single Application Instance)ベースのプラットフォームは、革新的な技術的、機能的改良を組み入れながらも、常に最新のファーマコビジランスや医療機器ビジランスの規制に定められたコンプライアンス要件を満たしています。

アリスグローバルの安全性およびリスクマネジメント事業部のシニア・バイスプレジデント(SVP)であるクリシュナ・バハドゥラシン医師は、次のように述べました。「わが社では顧客体験に特に注目して、クライアントのフィードバックに積極的に耳を傾けてきました。Total Safety 7.3の信頼性と豊富な機能には洗練された見方が加わり、クライアントの生産性と効率性を直ちに強化するとわが社は確信しています。」

当初のマーケットでの結果では、最新リリースで20%の生産性向上を示しました。ユーザーがカスタムビューを作成できる新しいインターフェース、フォローアップデータの統合を改良、特別にクライアントのビジネスニーズに合わせたワークフローなどの機能が、これらの利益の向上につながります。

Total Safety 7.3は、コンプライアンスのリーダーでもあります。現在公表されているすべてのIDMP要件に合うように構築されたソリューションは優位にあり、2017年初めに最終ガイドラインが発表になれば、即座に対応が可能です。2016年4月よりPMDAがE2B(R3)フォーマットのファイルを電子報告で受領開始になっており、2017年11月に医薬品市販承認取得者(Marketing Authorization Holders)がEMA要件をダウンロードしてE2B(R3)にインポートできるようになり、また、FDAのVAERS (ワクチン副作用報告システム)へのワクチン報告は2018年から、EMAとPMDAのE2B(R3)フォーマットへの切り替えは、2019年からが義務化されることなどから、今回の最新リリースは重大な時期にかかっています。規制の変更に先んじて対応できる包括的なプラットフォームがあることは、ライフサイエンス企業に運用の洞察力と機敏性を提供する助けとなります。

代表取締役のソニア・ベルチェミー氏は、「卓越したエンドツーエンドのライフサイエンス安全性ツールを展開することで、クライアントはアリスグローバルの30年以上にわたる規制コンプライアンスの経験を活用できるようになります。Total Safety 7.3は、わが社のクライアントが常に変化する業界要件に対応していくことでだけではなく、事前の対応が可能になるようにします。」と述べました。

アリスグローバル(ArisGlobal)について

アリスグローバルは、クラウド対応のソフトウエア・ソリューションの専門企業であり、ライフサイエンスおよびヘルスケア業界内の世界的医薬品開発と規制コンプライアンスを促進します。同社のクラウド・プラットフォームは、臨床開発、薬事関連、ファーマコビジランスと安全性管理、医薬品情報管理を含む製品のライフサイクル全体にわたってサポートしています。アリスグローバルの最先端テクノロジー・ソリューションは、現在数百社の医薬品・医療機器メーカー、CRO(医薬品・医療機器開発業務受託機関)、規制当局に、規制のコンプライアンスを維持し、リスクを軽減し、業務の効率化向上のために採用されています。
アリスグローバルは、米国に本社があり、欧州、インド、日本に拠点をもっています。詳細は、arisglobal.comまでご参照ください。

出典: アリスグローバル

(日本語リリース:クライアント提供)


ArisGlobal Launches TotalSafety 7.3

PR66011

CHICAGO, Oct. 7, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ —

        REGULATORY COMPLIANCE, INCREASED PRODUCTIVITY, QUALITY MANAGEMENT, AND
LOWER TOTAL COST OF OWNERSHIP HIGHLIGHT PLATFORM UPGRADES

    ArisGlobal announces the launch of TotalSafety 7.3, the latest enhancement
to its comprehensive safety suite. Building upon industry-leading best
practices, the fully cloud- and Single Application Instance (SAI)-based
platform continues to meet the compliance requirements stipulated in the most
recent pharmacovigilance and device vigilance regulations, while incorporating
innovative technical and functional improvements.

    "We actively listened to client feedback, with a specific focus on their
customer experience," said Dr. Krishna Bahadursingh, ArisGlobal’s SVP, Safety
and Risk Management. "TotalSafety 7.3’s reliability and rich functionality is
now accompanied by a streamlined view that we’re confident will immediately
enhance our clients’ productivity and efficiency."

    Initial market results have shown productivity increases of up to 20% with
the latest release. Features including a new interface empowering users to
create custom views, improved follow-up data reconciliation, and workflows
specifically tailored to their business needs help to fuel these gains.

    TotalSafety 7.3 is also a leader in compliance – built to meet all current,
published IDMP requirements, the solution is uniquely positioned and can be
quickly adapted when final guidelines are announced in early-2017. With the
PMDA having begun accepting E2B(R3) formatted files in 2016, the EMA
requirement for Marketing Authorization Holders to be able to download and
import E2B(R3) files in November 2017, and the mandatory cut-overs to the
E2B(R3) formats in 2018, the newest release comes at an especially critical
juncture. Having a comprehensive platform that can anticipate and navigate the
regulatory changes ahead of time will be instrumental in providing operational
acumen and agility for life sciences companies.

    "Deploying the preeminent, end-to-end life sciences safety tool allows
clients to leverage ArisGlobal’s 30+ years of regulatory compliance
experience," said Managing Director Sonia Veluchamy. "TotalSafety 7.3 helps
ensure that our clients are prepared for, if not ahead of, the ever-changing
industry requirements."

    About ArisGlobal

    ArisGlobal’s cloud-based solutions facilitate global drug development and
regulatory compliance within the life sciences and healthcare industries. Its
cloud platform supports the entire product life cycle including clinical
development, regulatory affairs, pharmacovigilance and medical communications.
Hundreds of drug and device manufacturers, CROs and regulatory agencies
leverage ArisGlobal’s advanced technology solutions to make better and more
informed decisions, facilitate compliance, reduce risk, and improve operational
efficiency. Headquartered in the United States, ArisGlobal has regional offices
in Europe, India and Japan. For more information, visit
http://www.arisglobal.com.

SOURCE: ArisGlobal