2015年3月31日

St. Petersburg International Economic Forum

SPIEFとボアオ・アジア・フォーラムが協力覚書に調印

SPIEFとボアオ・アジア・フォーラムが協力覚書に調印

AsiaNet 60015(0442)

【ボアオ(中国)2015年3月30日PRN=共同通信JBN】サンクトペテルブルク国際経済フォーラム財団と非営利の民間国際組織ボアオ・アジア・フォーラムは28日、中国海南省ボアオで協力覚書に調印した。調印式はボアオ・アジア・フォーラムの席上で行われた。

同文書は周文重ボアオ・アジア・フォーラム秘書長立ち合いの下、サンクトペテルブルク国際経済フォーラム(SPIEF)財団理事長のセルゲイ・ベリャコフ氏、ボアオ・アジア・フォーラム・エグゼクティブ・ディレクターのウー・ジュン氏によって署名された。ボアオ・アジア・フォーラム理事、ロシア連邦商工会議所会頭、BRICSおよび上海協力機構ビジネス評議会のロシア側議長であるセルゲイ・カトリン氏が調印式の司会を務めた。

セルゲイ・ベリャコフSPIEF財団理事長は「ロシアはアジア・パシフィック地域との協力関係発展に強い関心を持っている。この目的のため、われわれは国家と企業間の関係を発展させている。ボアオ・アジア・フォーラムは地域最大であり、世界で最も代表的なものの1つである。ボアオ・フォーラムに参加、協力することで、われわれはアジア理解のための多くの機会を得ることができ、また経済的なコラボレーションの可能性を膨らませることもできる。このフォーラムの議案および参加者の専門性はわれわれに密接な関係があるものであり、従ってわれわれにとって必要なものだ。今回の協力覚書によって可能になったSPIEFとボアオ・フォーラム間の協力、およびSPIEFのアジア太平洋地区への参入とプレゼンスの確保はSPIEFとボアオ・フォーラムの質の向上だけでなく、ロシア、中国、およびアジア太平洋のその他の国々との間の関係発展に寄与することになると確信している」と述べた。

周文重氏ボアオ・アジア・フォーラム秘書長は「中国とロシアの2大国はよい関係にある。中国に本拠を置くBFAは地域の経済統合促進を狙いとしており、ロシアもアジアの重要な一部である以上、BFAとSPIEFが協力関係を確立することは戦略的な重要性を持つものになる。本日の覚書調印は出発点に過ぎず、今後一緒に地域の発展のためさらにより良い貢献ができると考えている。近い将来、サンクトペテルブルクでお会いすることを楽しみにしている」と述べた。

http://www.forumspb.com

ソース:St. Petersburg International Economic Forum


St. Petersburg International Economic Forum and Boao Forum for Asia Sign a Memorandum of Cooperation

PR60015

BOAO, China, Mar. 30/PRN=KYODO JBN/ —

    
    St. Petersburg International Economic Forum Foundation and the
non-governmental non-profit international organization Boao Forum for Asia
signed a Memorandum of Cooperation in Boao (People’s Republic of China) on
March 28, 2015. The signing ceremony was held within the framework of the Boao
Forum.

    The document was signed by Sergey Belyakov, Chairman of the Board of St.
Petersburg International Economic Forum Foundation, and Wu Jun, Executive
Director of Boao Forum for Asia, in the presence of Zhou Wenzhong, Secretary
General of Boao Forum for Asia. Sergey Katyrin, Board Member of Boao Forum for
Asia, President of the Chamber of Commerce and Industry of the Russian
Federation, Chairman of the Russian part of the BRICS and SCO Business
Councils, was moderator of the ceremony.

    Sergey Belyakov, Chairman of the Board of SPIEF Foundation, said, "Russia
is very interested in developing co-operation with the Asia-Pacific region. For
this purpose, we are developing relations between state and business. The Boao
Forum for Asia is the biggest in the region and one of the most representative
in the world. By participating in the Boao Forum and co-operating with we gain
a great opportunity for understanding Asia better and expanding our potential
for economic collaboration. The Forum agenda and the expertise of its
participants are relevant for us and, therefore, in demand. I am convinced that
co-operation between SPIEF and the Boao Forum as well as entry and presence of
SPIEF in the Asia-Pacific region as a result of this co-operation will not only
improve
the quality of SPIEF and the Boao Forum, but also contribute to development of
relations between the Russian economy, China and other Asia-Pacific states."

    "China and Russia are two big countries with good relationship. BFA is
based China, aimed at promoting regional economic integration; Russia is an
import part of Asia, therefore it is of strategic importance for BFA and SPIEF
to establish cooperation. The signing of MOU today is only a starting point,
together we will be able to contribute more and better for the development of
the region. We will look forward to seeing you in St. Petersburg in near
future," said Mr. Zhou Wenzhong, Secretary General, Boao Forum for Asia.

    http://www.forumspb.com

    SOURCE: St. Petersburg International Economic Forum