ドルチェヴィータ南茨木完成予想図

2010年5月24日

なぜ売れた?分譲マンション「ドルチェヴィータ南茨木」

平成22年5月24日

信和建設株式会社

         なぜ売れた?
“ドルチェヴィータ南茨木”(分譲マンション)
    不況知らずの超短期完売劇!!

                  ドルチェヴィータ南茨木完成予想図
            ドルチェヴィータ南茨木 完成予想図


信和建設株式会社(大阪市淀川区、前田裕幸社長)は、当グループが開発する分譲マンション“ドルチェヴィータ南茨木(大阪府茨木市天王1丁目)”を、発売開始からわずか2ヶ月余りで完売しました。


8月末竣工予定のこのマンション、2月に発売開始したところ、なんと4月下旬には全22戸を完売。専有面積約65平米~97平米、税込価格2480万円~4550万円と、これだけをみれば周辺の他の物件と大差のないごく一般的な物件ですが、なぜここだけこれほど短期間で完売できたのでしょうか。


最寄駅から徒歩3分の好立地に加え、平面駐車場完備、屋上に家庭菜園を設置するなど入居者目線で企画開発されていますが、中でも当物件の“売り”は次の二点です。


まずは『全戸南向き、かつ全戸角部屋』となるように設計したこと。この日当たりの良さと開放感は当物件ならではの工夫といえます。


さらにスケルトンインフィル(*注)工法を採用。非常に容易に内装リフォーム工事ができるだけでなく、ここに当社のノウハウである逆梁工法を加え、床下に上下幅60cmもの広大な収納スペースを確保しました。従来工法と比べ生活空間が30%~40%増え(当社物件比較)、それまでの購入者共通の悩みである収納問題を抜本的に解決したことが人気の最大のポイントとなりました。


「住む人のことを考え創意工夫を注ぎ込んだ結果『割安感』をもっていただけたのだと思います。竣工まで気を抜くことなく高品質の施工を行い、購入者の方々にご満足いただければこれほど嬉しいことはありません。」(前田社長)


*注記
スケルトンインフィルとは、構造躯体(スケルトン部)と設備・内装(インフィル部)を明確に分離し、住む人のニーズに合わせた間取りや設備の取り替え易さに配慮された建物のことです。100年以上長持ちさせる仕組みをもったSI(スケルトン&インフィル) 住宅が今注目されています。

——————————————————————-
物件概要
● 物件名称/ドルチェヴィータ南茨木
● 所在地/茨木市天王1丁目220番2(地番)
● 総戸数/22戸
● 構造・規模/鉄筋コンクリート造 地上9階建
● 敷地面積/895.92m2    建築面積/417.61m2
● 販売価格(税込)/2,480万円~4,550万円
● 間取り/2LDK+DEN~3LDK+DEN+Loft
● 竣工予定/平成22年8月  
● 事業主/株式会社信和  
● 施工/信和建設株式会社
——————————————————————-

[関連リンクURL]
◆信和建設公式ホームページ  http://www.shinwakensetsu.com
◇物件詳細  http://www.shinwakensetsu.com/dolcevita/minamiibaraki/index.html