ワコールオリジナル移動式検診車両 愛称“AIO(アイオ)”

2009年9月30日

ブレストケア活動の一環としてワコールオリジナル乳がん検診車を購入し乳がん検診サポート事業を開始します

2009年9月30日

株式会社ワコール

ブレストケア活動の一環としてワコールオリジナル乳がん検診車を購入し乳がん検診サポート事業を開始します

株式会社ワコールは、社会貢献活動の一環として、ピンクリボン活動(乳がん早期発見啓発活動)を2002年9月から開始し、各種イベント協賛や、従業員などへの啓発としてのピンクリボンバッジのチャリティや店頭でのフィッティングキャンペーンなど様々な活動を行っており、海外グループ会社では、米国やアジアを中心に11カ国で同様の活動を行っています。
又、乳がん手術を経験された方の術後のアフターケアとしてリマンマ事業(術後ブラジャー等の販売)を35年前から継続し、年10回程度の地方相談会なども実施しています。
この度、啓発活動や術後の事業活動だけにとどまらず、ビフォアーケアからアフターケアまでのトータルでのブレストケア活動を積極的に行っていくこととし、その一環として少しでも乳がん検診の機会を増やしてもらいたいという目的から乳房検診車(移動式検診車両)を購入し、乳がん検診サポート事業を開始いたします。
実際の検診事業については、医療法人社団プラタナス「イーク丸の内」(東京都千代田区・院長 仲眞美子)にワコールオリジナル乳がん検診車を賃貸し、2009年10月より、全国の健康保険組合や自治体、各種イベント会場などへの検診営業活動を開始します。
ワコールオリジナル検診車両は、より多くの女性の方に親しみをもってもらいたいという思いから愛称を“AIO(アイオ)”と命名しました。
*ワコールブレストケア活動サイト http://www.wacoalbreastcare.com


      ワコールオリジナル移動式検診車両 愛称”AIO(アイオ)”

◇今回の事業立ち上げの経緯と目的
現在、日本の女性の20人にひとりが乳がんを発症する可能性があると言われており、女性のがんの第一位です。乳がんは早期発見・早期治療をすれば治癒する確率の高い病気であるにも関わらず、日本の女性の知識や検診率はまだまだ低いのが現状です。
株式会社ワコールでは2002年秋より、世界的な乳がん撲滅活動である「ピンクリボン活動」を開始し、財団法人日本対がん協会への寄付や、ピンクリボンイベントへの協賛、映画への特別協賛など行っています。
2007年には初めて売場を基点とした「ピンクリボン・フィッティングキャンペーン」を展開することにより、さらに啓発活動を拡大してきました。
 又、啓発活動に先駆けて1974年から術後のアフターケアを目的とした社会事業としてのリマンマ事業を開始しており、パッドやブラジャー、水着などの製品開発・販売を行っています。
1993年からは、各地域にスタッフが出かけていき「乳房を手術した女性のための採寸・試着・個人相談などの装い相談会」を、実施し、今日までに延べ125回(2009年3月末現在)開催しています
この度、「女性共感企業」ワコールとして社会に何が貢献できるかという使命を考えたときに、正しい情報を広く伝えること以外に、少しでも乳がん検診の受診機会を増やすことが、早期発見につながるのではと今回の乳房検診車の購入に至りました。
今後、ビフォアーケアからアフターケアまでのトータルブレストケア活動として取り組んでいきます。

◇乳がん検診サポート事業の運営方法
株式会社ワコールは、医療従事者ではないため直接活動を行うことができないので、医療機関との協力関係を築き、乳がん検診車を購入・賃貸することで乳がん検診を行う医療機関の検診業をサポートします。

◇提携医療機関について
医療法人社団プラタナス 丸の内・女性のための統合ヘルスクリニック「イーク丸の内」
本院設立年月日:2000年12月
所在地:東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビルディング3F
院長:仲眞美子
総事務長:大石佳能子

イーク丸の内では、「女性による女性のための高度健診と健康づくり」を目指し、特に女性特有の疾患である
乳がんの早期発見に力を入れています。高度な検査機器を備え、乳がんの早期発見や乳がん検診車で
発見されたがんの精密検査を行ないます。また治療が必要な場合は、最先端技術で知られる「聖路加国際病院」、「東京大学医学部附属病院」などと提携して、安心して治療が受けられる体制を整備しています。

◇事業計画について
<投資金額>
・初期投資 バスの開発やデザインなどで約1億円
・10年間でバスの維持費や検診機器の買い替えなどで約4千万円 10年間で約1億4千万円

<事業収支>
年間稼動率55%を超えれば単年度黒字化。
継続していくことに意義があり、稼働率が上がれば、2台目のバスの購入費用に充てる予定です。

◇活動計画について
2009年10月から関東一円に対する営業活動をスタートさせ、全国の健康保険組合や各種イベントへの参加など順次拡大していきます。

◇愛称“AIO(アイオ)”について
ワコールは、女性を愛する企業です。多くの女性に“愛を”届けるために、という思いを込めてオリジナル乳がん検診車に、“AIO(アイオ)”と名付けました。

*AIO外装・内装デザイン監修  PAPIER LABO (パピエ・ラボ)http://www.papierlabo.com
パピエラボは、紙や紙にまつわるプロダクト、そして活版印刷によるアイテムを扱う、まさに実験室のような渋谷区千駄ヶ谷のショップ。

【参考資料1】
◆ ピンクリボン活動について(http://www.wacoalholdings.jp/pinkribbon/)

ワコールのピンクリボン活動は、“乳房切除に至らないことが一番大切なこと”“乳がんで悲しむ人をひとりでも減らしたい”という思いから、「乳がんの早期発見のための正しい知識の普及」と「事前のケアである自己検診や定期健診を社会に定着させること」を活動の中心にしています。

<具体的な活動内容>
・各種協賛活動
乳がんの早期発見の大切さを知っていただくため、「ピンクリボンシンポジウム」「ピンクリボンスマイルウォーク」「ピンクリボンデザイン大賞」など、各種イベントに2002年9月から協賛や協力をしています。

・ピンクリボン京都
京都の産・官・学が参加して、京都発の乳がんの正しい知識啓発と、早期発見のための検診を
呼びかける「ピンクリボン京都」(2005年から毎年10月に実施)に参加しています。

・本社ビルへのピンクリボン掲出
ピンクリボン活動をひとりでも多くの方に知っていただくため、京都市のワコール本社ビル壁面に大きなピンクリボンを掲出しています。また、10月の乳がん啓発月間には、ワコール各事業所の受付やエレベーターにピンクリボンのステッカーやプレートを掲示し、
来訪のお客様や社員に意識喚起しています。

・株主の皆様の寄付によるピンクリボン活動参加システム
株主の方に株主優待でお届けしているワコールの商品券「エッセンスチェック」の一部を寄付することにより、ピンクリボン活動に参加できるシステムを2005年より実施しています。
株主様からの寄付額と同額あるいはそれ以上の額をワコールが上乗せ(マッチングギフト方式)し、財団法人日本対がん協会「乳がんをなくす ほほえみ基金」に寄付しています。

・ワコール社員・関係者によるピンクリボンバッジ等のチャリティ
ワコールオリジナルのピンクリボンバッジや携帯ストラップを制作し、社員・関係者などに販売。その売上をチャリティとして、財団法人日本対がん協会「乳がんをなくす ほほえみ基金」に2004年から寄付しています。

・映画への特別協賛
2007年秋には映画「Mayu~ココロの星~」(平山あや主演)への特別協賛を行いました。

・売場での啓発活動
2007年より初めて売場を基点とした「ピンクリボン・フィッティングキャンペーン」を展開し、少しでも多くの方に乳がん検診の大切さを伝える啓発活動を行ってきました。
今年も10月1日(木)~10月31日(土)まで全国のワコール商品取り扱い売場・約2,200店舗で実施します。
【内容】ブラジャー1枚の試着につき10円を(財)日本対がん協会「乳がんをなくす ほほえみ基金」へ寄付。ご協力の方には自己検診の方法などを記載した小冊子とオリジナルチャームを差し上げます。

・WEBでの啓発活動
昨年に続き、乳がんの正しい知識をクイズ形式で学べる「ピンクリボン検定」をWEBページ上で実施。
【内容】全10問。受検1回につき5円を(財)日本対がん協会「乳がんをなくす ほほえみ基金」へ寄付。(http://www.wacoal.jp/pink_campaign)

【参考資料2】

◆リマンマ事業について(http://www.wacoal.jp/remamma/)
リマンマのマンマ(mamma)はラテン語で「乳房」の意味をもち、
リマンマは、乳がんを経験された方に再び美しいボディラインと素敵な笑顔を取り戻していただきたいという思いがこめられています。

日本には16万人を越える乳がんの患者の方々がおられるといわれており、残念なことに毎年4万人近くの女性が新たに治療を受け始められています。手術方法は研究され、改善されていますが、不幸にして乳房を切除された女性の不安や悲しみは想像にあまりあり、また不便さもたいへんなものです。病気を克服するということが第一ですが、女性として「美しく」過ごすことも重要視され、1960年代の中頃から「市販されていない特殊なブラジャー」についてのお問い合わせやご相談が増え始めました。
1970年頃にかけて、日本に術後の特殊パッドが輸入され、割高に販売されているというニュースがワコールの耳にはいりました。ワコールが「社会的使命感」をもったのは、このときからです。1974年春に、社長直轄部門として正式に「社会福祉課」を設け、直接の営利を目的としない、女性だけのグループを誕生させたのが今日のリマンマのはじまりです。
商品の性格上、既存の売場を通すことはもちろん、広告宣伝での告知もおこなわず、手術された病院からの紹介や、患者さんの会を通して、ワコールの事業所を中心とするリマンマルーム(札幌・東京・名古屋・京都・福岡)へ直接お尋ねいただき、個別のご相談に応じてブラジャーやパッドをご紹介するかたちをとっています。
またその他の遠方地域の女性には、通信販売で対応させていただく手法も取り入れてきました。

1979年には、ランジェリーをそろえ、1980年には、ボディスーツ、1984年には、パッドの国産化に成功し、1987年からは、「みんなと一緒に泳ぎたい」という声にこたえて、リマンマ用の水着を開発してきました。
1993年には20周年を迎え、これを機に全国各地に出かけていく「装いと下着に関する相談会」を開催し、17年間で延べ1万7千人以上の方にお越しいただいています。
また2004年には、乳房温存法対応の「アジャストボリュームブラ」を発売。

これまでにワコールリマンマをご利用いただいたお客さまは、35年間で18万人以上になりました。


          参考写真(ワコールオリジナル移動式検診車バス内部


                      更衣室




                   マンモグラフィ装置

[関連リンクURL]
http://www.wacoal.jp
http://www.wacoalbreastcare.com