岩手県のリリース

出品商品イメージ

被災事業者販路開拓テストマーケティング事業 東北3県の復興支援販売会「みちのく応援マート」を開催

独立行政法人中小企業基盤整備機構は、岩手、宮城、福島県の東北3県の地域産品を対象としたテストマーケティング販売事業「みちのく応援マート」を2018年2月15日(木)~3月28日(水)にかけて首都圏3店舗で開催します。  

東日本大震災の被災地の現状やNTT東日本の復旧・復興の取り組みなどを伝える特設サイトを開設

特設サイト『人の想いは、つながっていく。』では、株式会社男山本店の代表取締役菅原昭彦様のインタビュー記事や、現在の被災地の方々の想いを伝える動画などのコンテンツを掲載しています。

セイコーが「“わ”で奏でる東日本応援コンサート 2018 in 東京」を主催

▲昨年の“わ”で奏でる東日本応援コンサート2017 in 東京の様子  セイコーホールディングス株式会社(代表取締役会長 兼 グループCEO:服部真二、本社:東京都中央区、以下「セイコー」)は、東...

B2縦 久慈秋まつり

復興の歩みを進める岩手の姿を伝える「いわて復興新時代」ポスターと動画公開!

 岩手県は、東日本大震災津波からの復興の歩みを進める岩手の今を伝える「いわて復興新時代」として取り上げたポスターと動画を制作した。  東日本大震災津波から7年目が近づく中、復興の歩みを進める岩手の今を伝え続けることで、震災の記憶を風化させず、復興への継続的な支援につなげることを目的としている。

長 有紀枝

立教大学が被災地の市民向けシンポジウムを開催「高田から世界を考える~難民の世紀に生きる私たち~」

立教大学は、1月21日(日)、岩手県陸前高田市にて、シンポジウム「高田から世界を考える~難民の世紀に生きる私たち~」を開催します。本シンポジウムは、立教大学陸前高田サテライトが主催する地域の方々向けのプログラム「立教たかたコミュニティ大学」の1つとして開催されます。

チラシ表

岩手で暮らし、働きたい若者を支援!~締め切り迫る!「いわて産業人材奨学金変換支援制度」利用者募集~

 岩手県では、将来の岩手のものづくり産業を担うリーダーとなる人材の確保・定着を促進するため、岩手で暮らし、岩手で働きたい若者の奨学金返還を最大250万円まで支援する「いわて産業人材奨学金返還支援制度」...

いわて三陸復興フォーラムチラシ

被災地の今と希望ある未来 「いわて三陸復興フォーラム」開催!

岩手県では、東日本大震災津波からの復興について学び合い、震災の風化防止と復興や地域づくりのさらなる推進を図るため、1月26日(金)、27日(土)の2日間にわたり、盛岡市内などで「いわて三陸復興フォーラム」を開催します。

いわてを巡る独特の感性の旅!「いわてアール・ブリュット巡回展」開催!

「いわてアール・ブリュット巡回展」は、県内の障がいのある作家が制作した優れたアール・ブリュット作品を展示し、その魅力を多くの方々に体感していただくため、開催するものです。

【迫力のサファリバスからのエサやり体験】

岩手サファリパーク 今年も開催!!冬の北東北感謝祭

日頃からの感謝を込めて、平成29年12月1日(金)から平成30年2月28日(水)までの期間中は、青森県、秋田県、岩手県の北東北3県にお住いの方に限り入場料が半額になります。

三陸復興道路開通セレモニー

復興をに向けて前進!三陸沿岸道路 山田宮古道路が開通

国土交通省において事業が進められていました三陸沿岸道路のうち、「山田宮古道路」 (山田IC~宮古南IC)延長約14kmが平成29年11月19日(日)に開通しました。 今回の開通は、復興道路全体の震災後事業化された区間では初めての開通になります。

1 2 3 4 5 6 7 > >> 1/11

プレスリリース配信を
ご検討の方に

資料ダウンロード申し込み

お問い合わせ

PRワイヤーのご利用には、
入会のお申し込みが必要です。

入会のお申し込み

商工会議所会員の方には、
入会特典があります。

商工会議所会員の方へ

プレスリリース受信を
ご希望の報道機関の方へ

プレスリリース受信のお申し込み

リリースコンテンツの利用を
ご希望のWebメディアの方へ

提携サイトのお問い合わせ

パートナーシップをご検討の
PR会社や広告代理店の方へ

PRWパートナーのお問い合わせ

Resident foreign correspondents and analysts:

Press Registration

お気軽にお問い合わせください

 0120-883-790

受付時間:平日9:30~17:30

PRワイヤーからのお知らせ

お知らせを見る⇒

提携サイト

  • 001-001 47NEWS
  • 001-002 株式会社共同通信社
  • 001-003 株式会社共同通信デジタル
  • 002-001 Asahi Shimbun Digital &M
  • 002-003 毎日新聞
  • 002-004 MANTANWEB
  • 002-005 SankeiBiz
  • 002-006 SANSPO.COM
  • 002-007 ZAKZAK
  • 003-020 デーリー東北新聞社 ONLINE SERVICE
  • 003-040 河北新報ONLINE NEWS
  • 003-050 秋田魁新報 電子版
  • 003-060 やまがたニュースオンライン
  • 003-070 みんゆうNet
  • 003-080 茨城新聞クロスアイ
  • 003-090 下野新聞SOON
  • 003-100 上毛新聞ニュース
  • 003-120 千葉日報オンライン
  • 003-150 さんにちeye
  • 003-170 新潟日報モア
  • 003-200 福井新聞ONLINE
  • 003-240 伊勢新聞
  • 003-260 京都新聞
  • 003-290 奈良新聞WEB
  • 003-300 AGARA紀伊民報
  • 003-360 SHIKOKU NEWS
  • 003-370 徳島新聞Web
  • 003-390 高知新聞
  • 003-451 MIYANICHI e PRESS
  • 003-452 みやビズ
  • 003-470 沖縄タイムスプラス
  • 004-001 AFPBB News
  • 005-002 エキサイトニュース
  • 005-003 Infoseekニュース
  • 006-001 J-CASTトレンド
  • 006-002 インターネットコム
  • 006-003 CNET Japan
  • 006-004 ZDNET Japan
  • 006-005 SEOTOOLSニュース
  • 006-006 VNR.ch
  • 006-007 RBB TODAY
  • 006-008 Response
  • 006-009 ダイエットクラブ
  • 006-010 Impress Watch Headline
  • 006-011 東京バーゲンマニア
  • 006-012 Jタウンネット
  • 006-013 ジョルダンニュース!
  • 006-014 StartHome
  • 006-014 週刊エコノミスト
  • 006-015 週刊女性PRIME
  • 007-002 Socialifeニュース
  • 007-003 Flipboard
  • 600-001 Gaudio+PCオーディオfan
  • 600-002 徳島新聞Web 医療・健康サイト
  • 600-003 宅ふぁいる便
  • 600-005 WirelessWire News
  • 600-007 スポーツアイランド
  • 600-010 Shopnet
  • 700-001 Googleニュース
  • 700-002 Fresheyeニュース
  • 800-001 ホスピタリティードットコム
  • 800-002 JOGIN
  • 900-001 FACTIVA
  • 900-003 AllAboutまとめコンテンツ
  • 900-004 For M
  • 900-005 日経テレコン
  • 900-007 G-Search
  • 記者ハンドブック

共同通信PRワイヤーをフォローする



リンク

  • 100-001 47NEWS
  • 100-002 株式会社共同通信社
  • 100-003 一般社団法人共同通信社
  • 100-004 共同網
  • 100-005 共同通信ハングルニュース
  • 100-101 東京商工会議所
  • 100-102 大阪商工会議所
  • 100-103 名古屋商工会議所
  • 100-104 札幌商工会議所
  • 100-105 京都商工会議所
  • 100-106 熊谷商工会議所
  • 100-107 福井商工会議所
  • 100-108 横浜商工会議所
  • 100-109 川口商工会議所
  • 100-201 ASIANET
  • 100-202 PRNewswire
  • 100-203 PR Newswire Europe
  • 100-204 CANADA NEWSWIRE
  • 100-205 news aktuell