フェスティバル/トーキョーのリリース

実験と対話の劇場メインビジュアル

「これからの演劇を問う場」をつくりだす。『実験と対話の劇場 – 新しい人/ 出来事の演劇- 』

F/Tと共に本プロジェクトに取り組む松田正隆は立教大学映像身体学科で教鞭をとり、若手の創作の場に多く立ち会ってきた。彼の掲げる「出来事の演劇」を、これからの演劇を問う上でのひとつの物差しとし、演劇の上演とそれに対する議論を行なう。

パレスチナ、イヤーゼロ

イスラエル当局によるパレスチナの破壊を描いた演劇が東京で初上演

イスラエルで活躍する女優で人権活動家でもあるイナト・ヴァイツマンの作・演出作が、パレスチナの劇団、アルカサバ・シアターの主宰ジョージ・イブラヒムの主演で、昨年初演された話題作が、早くも東京に上陸する。10 月27 日(金)~ 10 月29 日(日)まで、あうるすぽっと(東京・池袋)にて上演。

『Toky Toki Saru(トキトキサル)』 コンセプト・演出:ピチェ・クランチェン、 会場:南池袋公園

国際舞台芸術祭フェスティバル/トーキョー17いよいよ9月30日(土)に開幕

今年で10回目を迎える国際舞台芸術祭フェスティバル/トーキョーが、9月30日(土)に開幕。オープニングは、タイのダンサー・振付家による野外ダンス公演『トキトキサル』。カラフルな衣装を身にまとった総勢40名の出演者が、南池袋公園を舞台に踊り、歩く。観客が参加OKのシーンもあり、無料・予約不要で誰もが楽しめる。

アーティスト集合写真

国際舞台芸術祭「フェスティバル/トーキョー17」全プログラム発表!主催14演目が明らかに

フェスティバル/ トーキョー実行委員会は、7月18日の記者発表会にて「フェスティバル/ トーキョー17」の全演目ラインアップを発表いたしました。

フェスティバル/トーキョー17

日本最大級の国際舞台芸術祭が開催決定! 第10回「フェスティバル/トーキョー17」

フェスティバル/トーキョー17の開催決定と第一弾ラインアップを発表。タイのアーティスト ピチェ・クランチェンによる参加型の野外ダンス公演や「ままごと」柴幸男や「マームとジプシー」藤田貴大の作品を上演。会期は2017年9月30日(土)~11月19日(日)(予定) 2017年9月30日(土)~11月19日(日)までの51日間

『フェスティバルFUKUSHIMA!@池袋西口公園』 福島発! 多彩なライブとオリジナル音頭でつくる祝祭広場

国内最大規模の国際舞台芸術祭「フェスティバル/トーキョー16」が、2016年10月15日(土)~12月11日(日)までの58日間にわたり開催されます。オープニングを飾る『フェスティバルFUKUSHIMA!@池袋西口公園』では、福島発の多彩なライブとオリジナル音頭でつくる祝祭広場が池袋西口公園に出現します。

国際舞台芸術祭「フェスティバル/トーキョー16」レクチャー「クリスチャン・ルパの演劇」のご案内

フェスティバル/トーキョー16のメインプログラム『Woodcutters ― 伐採 ―』の魅力をより多くの皆様にお伝えする機会としてレクチャー「クリスチャン・ルパの演劇」を2016年8月30日(火)15:00から駐日ポーランド共和国大使館にて開催いたします。

フェスティバル/トーキョー・ロゴマーク

国内最大規模の国際舞台芸術祭「フェスティバル/トーキョー16」開催決定

フェスティバル/トーキョーは、舞台芸術の新たな可能性を追求する国内最大規模の国際舞台芸術祭です。2016 年 10 月 15 日(土)~12 月 11 日(日)までの 58 日間、国内外のアーティストが結集。ヨーロッパの演劇シーンをリードする現代の巨匠、クリスチャン・ルパが待望の初来日を果たします。

1 1/1

企業・団体情報

基本情報
名称 フェスティバル/トーキョー実行委員会
所在地 東京都
業種 芸術・エンタテイメント
URL http://www.festival-tokyo.jp/