会員紹介

共同通信PRワイヤー会員社様のご利用内容やサービスへの評価をご紹介します。

株式会社タカラトミー様株式会社タカラトミー様

PRワイヤーのサービス開始以来、ご愛顧いただいています。

株式会社タカラトミーは、株式会社タカラと株式会社トミーが2006年3月1日に合併して誕生しました。お互いの歴史や企業風土を尊重し合いながら、世界中の子どもたちに大きな夢を与えるおもちゃメーカーになるべく、新たな一歩を踏み出そうとされています。

PRワイヤーには2001年8月にご入会、弊社のサービス開始以来、プレスリリース配信サービスをご愛顧いただいています。配信内容は新製品リリースや新規店舗リリース等、コンシューマ向け情報が中心であり、製品写真の貼付により視覚的にも効果の高いリリースを多く配信されています。

サンコー株式会社様サンコー株式会社様

新製品発売やWebサイト構築のお知らせに活用していただいています。

サンコー株式会社(http://www.thanko.jp/)は、USB接続ヒーター内蔵マウスパッド「USBあったかマウスパッド」やアルミ製ノートPC用デスク「ゴロ寝deスクアルミ」といったユニークなコンピュータ周辺機器の販売などをされています。

PRワイヤーには2006年7月にご入会いただき、国内外に向けたプレスリリース配信サービスをご愛顧いただいています。昨年11月の英語版Webサイト運用開始の際には、海外の報道機関に向けたリリース配信を行なわれました。

広報ご担当者の柴崎様から、次のようなコメントをいただきました:

「リリース配信後、北米やヨーロッパのメディアからの問い合わせや、『Yahoo!』や『Forbes.com』などの主要ポータルサイトに掲載され、効果的な情報発信を行なうことができました。その結果として、Webサイトを経由した商品発注もあり、売上アップにも貢献しています。もちろん、国内メディアとのリレーション向上にもPRワイヤーサービスは役立っています」

株式会社千趣会様株式会社千趣会様

新商品の発売開始やアンケート調査の結果報告に活用していただいています。

株式会社千趣会は1955年、こけし人形の頒布を目的に設立されました。その後、料理カード付き月刊誌「クック」をはじめ、タオルやハンカチ、下着など女性の心をとらえたオリジナル商品が大ヒット。さらに、1976年にカタログ誌「ベルメゾン」を発刊し、カタログ販売事業に進出。当時はむずかしいとされていたファッション衣料の販売からスタートし、服飾雑貨や生活雑貨、家具、インテリア用品へと取り扱いアイテムを広げるとともに、専門店型の品揃えと生活提案型の独自のカタログスタイルを確立。現在18種類の主要カタログを約732万人の会員に向けて発行されています。

PRワイヤーには2003年6月にご入会いただきました。新商品の発売やWebサイト開設のお知らせ、アンケート調査の結果報告といったリリースを、報道機関をはじめオンラインメディアやポータルサイトに向けて配信されています。

株式会社共立メンテナンス様株式会社共立メンテナンス様

美しい写真を多用し、各施設の特徴を視覚的に訴求されています。

共立メンテナンス様は、主幹事業である「学生寮・社員寮ビジネス」のほか、ワンルームマンション事業やビジネスホテル事業、リゾートホテル事業、ウェルネスライフ(シニア)事業、外食事業など、幅広い事業を手がけていらっしゃいます。

「進化する下宿屋」-これが同社のモットーです。「30年に及ぶ寮事業で培われた“お世話する心”は、下宿屋を超えたフィールドにビジネスを広げても、少しも変わりません」というホスピタリティ精神が、同社の成長を支えています。

PRワイヤーには、2006年6月にご入会いただきました。北海道から沖縄まで日本全国の有名リゾートに、同社独自のユニークな運営で新たにオープンする温泉旅館やリゾートホテルなど、ホテル施設情報を中心にリリースしています。

昨年より相次いで開業しているリゾートホテルには、伊豆高原「きらの里」や修善寺「菊屋」、北海道「ラビスタ大雪山」、奥飛騨「深山桜庵」など、テレビ番組で取り上げられ話題となっています。一方、全国主要都市に展開中のビジネスホテル「ドーミーイン」シリーズも、天然温泉大浴場付で“長期滞在も可能なビジネスホテル”として出張族リピーターのファンが多いホテルとなっています。また、自社サイトとして宿泊予約も出来るHPも開設されており、文字情報だけでなく、美しい写真を多用したリリースで、各施設の特徴を視覚的に訴求されています。

マニュライフ生命様株式会社様マニュライフ生命様株式会社様

金融商品、決算報告、役員人事のお知らせに活用していただいています。

マニュライフ生命保険株式会社様は、マニュライフ・ファイナンシャル社のグループ企業で、世界的な格付け会社スタンダード&プアーズ社から、最高位の格付けである「AAA」を取得しています(2007年6月末現在)。「日本で最もプロ意識の高い生命保険会社を目指す」というビジョンを掲げ、革新的な商品・サービスの提供と、高度な専門性を備えた販売チャネルの強化を積極的に進められています。

PRワイヤーには、2002年12月にご入会頂きました。新しい金融商品や決算報告、役員人事に関する情報を中心にリリースされています。継続的で広範囲にわたる情報発信により広報活動の下地作りにご活用いただいています。

栃木県様栃木県様

ニュースレター「とちぎ イチゴ・ミニッツ」を毎月発行しています。

PRワイヤーは、地方自治体の皆さまにも多数ご利用頂いております。栃木県様もそのうちのひとつで、ニュースレター「とちぎ イチゴ・ミニッツ」で旬の観光情報を中心に毎月発行していらっしゃいます。

栃木県は、県都宇都宮まで東京から90km、JR東北新幹線で約50分の近くに位置しながら、泉質・湯量とも豊富な温泉などの自然のほか、世界遺産の「日光の社寺」に代表される歴史・文化遺産、生産量日本一を誇るイチゴ、宇都宮餃子やとちぎ和牛等のグルメで知られています。PRワイヤーは2004年の6月からご利用いただいています。

観光交流課の八木澤さんにお話をお伺いしました。

「まじめでおとなしいと言われる県民性ですが、全国の報道機関の方々をはじめ、一般の方にも栃木県の魅力を知ってもらおうと、PRワイヤーを活用して、一生懸命情報発信を行っています。自治体の広報活動として気をつけている点は、栃木の様々な魅力を知ってもらうこと。栃木の隠れた魅力についても皆さんにもっと知ってもらえればと思っています。」

トップツアー株式会社様トップツアー株式会社様

ツアー新商品や企業情報のリリースでご活用していただいています。

トップツアー株式会社様(http://toptour.jp/)は、1956年の創業以来、全国、世界各地にネットワークを持ち、国内有数の旅行会社としてサービス展開されています。2006年1月、会社創立50周年を迎え社名を「東急観光株式会社」から「トップツアー株式会社」に改め、第二の創業期と位置づけ、独立系の旅行会社として新たなステップを踏み出されています。

PRワイヤーには2005年11月にご入会いただきました。最近では、「料理にこだわってリニューアル!ハイ!!ち~イズっ!南伊豆」、「【魔法にかけられて】公開記念ツアー はじめてのニューヨーク5日間」、「キモノ姿でご参加下さい 春の金沢きもの紀行」などのツアー新商品や企業情報を、報道機関をはじめオンラインメディアやポータルサイトに向けて配信されています。

広報ご担当者の芦澤様から、次のようなコメントをいただきました:

「PRワイヤーでのリリース配信は、新社名の認知度アップにも大いに役立っており、マスコミで取り上げられる回数は格段に増えています。さらにリリースの回数を増やして、これからも大いに利用させていただくつもりです」

財団法人国際科学技術財団様財団法人国際科学技術財団様

日本国際賞の国内・海外に向けた情報発信に活用していただいています。

国際科学技術財団様(http://www.japanprize.jp/)は、科学技術の分野における権威ある国際的な賞として「日本国際賞(ジャパン・プライズ)」を創設するため、昭和57年11月に発足しました。「日本国際賞」は、科学技術において、独創的・飛躍的な成果を挙げ、科学技術の進歩に大きく寄与し、人類の平和と繁栄に著しく貢献したと認められた人に与えられます。2008年(第24回)は「情報通信の理論と技術」分野で、インターネットのネットワーク設計概念と通信プロトコルの創成の業績により、ヴィントン・サーフ博士(米国/グーグル社副社長兼チーフ・インターネット・エバンジェリスト)とロバート・カーン博士(米国/コーポレーション・フォー・ナショナル・リサーチ・イニシアチブ会長、CEO、社長)が、「ゲノム・遺伝医学」分野で、遺伝医学の確立と発展の業績により、ビクター・マキューズィック博士(米国/ジョンスホプキンス大学医学部遺伝医学部門教授)が受賞しました。

PRワイヤーには2003年10月にご入会いただき、受賞者や対象分野発表の際、国内・海外の報道機関に向けて配信されています。

広報ご担当者の菊地様からコメントをいただきました。

「PRワイヤーでのリリース配信は、日本国内だけではなく海外においても、科学技術の賞として「日本国際賞」の知名度向上に大いに役立っていると思います。これからは専門家以外の一般の方にも更に広く知ってもらえればと思います」

株式会社ファーストリテイリング(ユニクロ)様株式会社ファーストリテイリング(ユニクロ)様

世界三大広告賞を連続受賞したキャンペーン『UNIQLOCK』で海外配信を活用。

ファーストリテイリング様は、ユニクロ・ブランドのグローバル・プロモーションである『UNIQLOCK』において、世界三大広告賞と呼ばれる“CLIO AWARDS”のインタラクティブ部門と、“One Show”のインタラクティブ部門でのグランプリ獲得、“カンヌ国際広告祭”のチタニウム部門とサイバー部門でグランプリを、連続で獲得されました。

『UNICLOCK』は、ポロシャツのキャンペーン活動の一環として、2007年6月からユニクロのホームページに登場したブログパーツです。時計機能を備えており、「MUSIC×DANCE×CLOCK(音楽×ダンス×時計)」という“言語の壁を越えた”コミュニケーションのツールとして、全世界のユニクロ・ファンから絶大な評価を得ています。

グローバルWEB事業部・部長の勝部健太郎さんにお話を伺いました。

「『UNICLOCK』は、真の意味でグローバルなキャンペーンです。三大広告賞受賞は、一言で言うと“広告の未来を作った”ことが評価されたのだと思います。企業自身がメディアとなり、情報を発信し、コミュニティを形成していく。更に、そこに提供する動画のクオリティも極めて高いものだったことも、受賞の大きな要因でしょう。」

PRワイヤーの海外配信サービスは、キャンペーンの要所にてワールドワイドへの告知ツールとしてご利用いただきました。「世界中のメディアがまず『UNICLOCK』を注目してくれたのは、ワイヤーサービスに寄るところが大きかったのでは」、と話してくださいました。

アスクル株式会社様アスクル株式会社様

カタログ発刊のお知らせやニュースレター発信に活用していただいています。

アスクル様は「お客様のために進化する」を企業理念とし、オフィスに必要なモノやサービスを「明日お届けする」トータル・オフィス・サポートサービスの会社です。1993年3月に大手文具総合メーカーであるプラス株式会社の一事業部としてスタートした後、1997年5月に分社独立しました。

中小事業所をはじめとするお客様に、オフィスで必要なものをお届けするサービスを全国(沖縄・離島を除く)で展開しています。専用のカタログで商品を選び、ファックスもしくはインターネットを使って注文すると、当日または翌日にはお届けできるスピーディな配送サービスが好評です。「明日来る」から「アスクル」というサービスの名称がそのまま会社名となりました。

PRワイヤーには2004年8月にご入会いただきました。カタログ発刊のお知らせや注目商品に関する情報発信に活用していただいています。最近では環境に配慮した素材製のデザイン性に優れた「エコバック」や「ゴミ箱」を販売するなど、エコロジー商品の開発にも努められています。

特定非営利活動法人国境なき医師団日本様特定非営利活動法人国境なき医師団日本様

海外での活動状況の情報発信に活用していただいています。

国境なき医師団(MSF)は1971年にフランスで設立されました。非営利で国際的な民間の医療・人道援助団体で、危機に瀕した人びとへの緊急医療援助を主な目的とし、医師、看護師をはじめとする4100人以上の海外派遣スタッフが、2万2千人の現地スタッフとともに、世界62ヵ国で援助活動を行っています。(2007年実績)

国境なき医師団日本は1992年に設立されました。医師団参加者の募集、広報活動、現地医療プログラムへの資金援助を行っています。これまで武力紛争地域、難民キャンプ、開発途上地域などに多くの日本人が派遣されました。

PRワイヤーには2008年7月にご入会いただきました。世界各地で起こっている悲惨な状況や危機に瀕した人々の現状、そしてMSFの活動状況を広く伝えていく広報活動は、少しでも状況を改善できるよう、世論に訴えることを目的としています。さらに、この広報活動を通じてMSFの活動への賛同を募り、必要な援助を行うための資金協力を呼びかけています。

株式会社サンゲツ様株式会社サンゲツ様

商品の見本帳やCMの告知、見本市への出展発表などにご活用。

嘉永年間に初代表具師 山月堂を創業。1946年にふすま材料販売部を開設し、1953年に株式会社山月堂商店を設立、1970年に株式会社サンゲツに改称しました。サンゲツ三則の“創造的デザイン”、“信頼される品質”、“適正な市場価格”を経営理念とし、インテリアの専門商社として、壁紙、カーテン、床材、イス生地などトータルインテリア商品の開発、販売を行っています。

2005年9月に株式会社サングリーンを子会社化し、インテリアに加えてエクステリア部門(門扉、フェンス、物置等)進出の新たな第一歩を踏み出しました。また、2008年7月に山田照明株式会社(照明器具の企画・販売)を子会社化し、新事業へ拡大することで競争力を高め、今後も幅広いメニュー提案へチャレンジしていきます。

PRワイヤーには2006年3月にご入会いただきました。商品を実際に見て触れて選ぶことができる見本帳の発表や、見本市への出展、テレビCMなどの告知にご活用いただいています。

マーケティング課の溝部様から、次のようなコメントをいただきました。

「共同通信の抜群の知名度と信用度により、情報の受け手である媒体各社への情報の到達度に期待しています。現在は、新発売する各種商材や展示会などイベント開催の告知を主に行っています。今後は、いわゆる“売り”の情報発信に加えて、生活者や建築・不動産・インテリア関連業界の皆様にお役に立てる情報を、ニュースレターとして発信していきたいと考えています」

株式会社アールテック・ウエノ様株式会社アールテック・ウエノ様

情報の発信に幅広くご活用いただいています。

大証ヘラクレスに上場する株式会社アールテック・ウエノ様は、分野特化型(眼科・皮膚科)のグローバルな医薬品会社を目指し、1989年に設立されました。医学博士でもある真島社長のもと「臨床医による新薬開発」をテーマとし、これまで有効な治療薬のなかった眼科・皮膚科疾患をターゲットに新薬の開発を行っていらっしゃいます。

PRワイヤーには2004年3月にご入会いただき、開発パイプラインの進捗状況に関するお知らせなどを報道機関に向けて配信するだけでなく、業績や財務状況などのIR情報の発信にも幅広くご活用いただいています。

ビジネスマネジメント部の部長、中村様にお話を伺いました。

「当社はグローバルな医薬品会社目指しているので、PRワイヤーの海外配信サービスを活用しています。男性型脱毛症治療薬として開発中の新規化合物の第1相臨床試験完了のお知らせを配信したところ、未だ浅いフェーズであるにも関わらず海外から反響が有り、その成果を実感しています。」



プレスリリース配信を
ご検討の方に

お問い合わせ・資料請求

PRワイヤーでプレスリリースを配信するには、入会申し込みが必要です。

入会のお申し込み

各商工会議所会員の方には入会特典があります。

各商工会議所会員の方へ

プレスリリース受信を
ご希望の報道機関の方へ

プレスリリース受信のお申し込み

パートナーシップをご検討の
PR会社や広告代理店の方へ

PRWパートナーのお申し込み

お気軽にお問い合わせください

 0120-883-790

受付時間:平日9:30~17:30

共同通信PRワイヤーをフォローする



リンク

  • 100-001 47NEWS
  • 100-002 株式会社共同通信社
  • 100-003 一般社団法人共同通信社
  • 100-004 共同網
  • 100-005 共同通信ハングルニュース
  • 100-101 東京商工会議所
  • 100-102 大阪商工会議所
  • 100-103 名古屋商工会議所
  • 100-104 札幌商工会議所
  • 100-105 京都商工会議所
  • 100-201 ASIANET
  • 100-202 PRNewswire
  • 100-203 PR Newswire Europe
  • 100-204 CANADA NEWSWIRE
  • 100-205 news aktuell
  • 100-901 こちらクラウド広報部
  • 100-902 チャレンジ25
  • 100-903 プレスリリース動画制作
  • 100-904 Kolor