2017年5月19日

メルク

健康な100年-子供たちに備えはあるのか?

健康な100年-子供たちに備えはあるのか?

AsiaNet 68631

ダルムシュタット(ドイツ)、2017年5月19日/PRニュースワイヤー/ —

・メルク・コンシューマーヘルスの年次討論会:いかにして子供達が100年間健康に生きられるようにするかについての世界の専門家協議

・エコノミスト・インテリジェンス・ユニットの世界的研究:現在の子供たちが65歳になったとき、現在その年齢以上の大人より不健康

・子供たちにライフスタイルと晩年の健康との関係を認識させる上で必要な全レベルでのより良好な協調関係

科学とテクノロジーの企業をリードするメルク(Merck)は、子供たちの長期的健康にとって最も緊急を要する脅威、教室内外でできること、学校、親、地域の責任分担などの関連問題を協議するため、国連、ユニセフ(UNICEF)、国連合同エイズ計画(UNAIDS)、世界肥満連盟(World Obesity Federation)、マッキンゼー(McKinsey)など様々な著名団体の専門家をドイツ、ダルムシュタットに集めました。

(ロゴ: http://mma.prnewswire.com/media/508914/Merck_Logo.jpg )

(写真: http://mma.prnewswire.com/media/513078/Merck.jpg )

世界の寿命は延び続け、世界保健機関(World Health Organization)の統計は、現在の子供たちが初めて100歳まで生きるであろうことを示しています。しかし、元気で動ける健康な状態で100年生きることや、そうできるよう子供たちに身に付けさせる取り組みが、昨日の第2回年次「グローバル・コンシューマーヘルス討論会(Global Consumer Health Debate)」の議題でした。

メルク、コンシューマーヘルス事業CEO兼社長のユタ・ケメリッヒ=カイルは、次のようにコメントしました。「ひとつ確かなことがあります。子供たちの自己管理の方法について始めるのが早ければ早いほど、長期的に良い影響を与えます。この討論がこのドイツの私自身の子供たちのほか、ブラジルやインドの子供たちのための健康教育をも強化する一助になったなら、長寿を満喫することのできる世界の健康な大人たちの未来を築くことが上手くなっているのです」

同イベントではエコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU:Economist Intelligence Unit)の白書を発表しました。「子供たちと老年期(Kids and Old Age)」です。この世界的研究は、子供たちに長く健康な人生を過ごすよう備えさせるために親、教育者、政策立案者、研究機関、開発関係者それぞれに何ができるかという現在の状況について述べています。主な調査結果は、以下の通りです。

・今日の子供たちが65歳になったとき、現在のその年齢以上の大人より不健康です。

・ライフスタイル関連の問題は、晩年の慢性疾患の一因となり、すでに子供たちの間でも健康問題を引き起こしています。

・調査対象の五大陸において、学校は運動不足など認識されている主な問題を目標にしていますが、精神衛生の問題には目をつぶっています。

・このような学校教育プログラムが肥満と精神疾患の割合の上昇を食い止めている形跡は、ほとんどありません。

多くの関係者を集めた討論会は、子供の健康と幸せに責任のあるすべての人の「点を結び」、共同思考と共通の目標に関する合意に達しました。

しかしながら、この討論会と多様な関係者や意見は、子供時代の知識が家庭や学校をはるかに越えた地域の取り組みや政治レベルの支援から得られるものであることを浮き彫りにしました。重要なメッセージは、補完的取り組みで協調することにより、子供たちは将来健康な大人、老人になるためのより良い備えができるということです。

国際パネルには、南アフリカ政府(基礎教育省)の代表、国連の教育代表、子供と健康を優先する団体(ユニセフ、国連女性と子どもの健康の実現に向けたグローバル戦略:Every Woman for Every Child/UN、国連合同エイズ計画)、ブラジルとインドの地域に根差し、現場に大きな影響を及ぼす組織(インメド・ブラジル:Inmed Brazil、スマイル財団:Smile Foundation)、健康産業のビジネスコンサルタント(マッキンゼー)、世界肥満連盟など様々な代弁者が参加しました。

このイベントは、メルク・コンシューマーヘルスの「人が100年間健康に生きる新しい時代に向けて社会を整備する」旅への重要な節目となりました。この事業目標は、あらゆる年代の人々の健康的生活に対する関心を高めることを目指すメルク・コンシューマーヘルスのWE100(R)運動の中心となっています。報告書と討論会が世界規模の対話に焦点を合わせる一助となった一方、計画し、行動を起こすことがよりいっそう重要だと思われます。WE100は、それを行うというメルクの確約です。

編集者への注:
・「健康な100年:子供たちは準備できているか?(100 Healthy Years: Are Kids Prepared?)」と題するグローバル・コンシューマーヘルス討論会が、2017年5月18日木曜、ドイツのダルムシュタットで開催されました。

・EIUの研究などの詳細は、http://www.merck-consumer-health.com/en/industry/industry.html でご覧になれます。

・世界規模のEIUの研究が、ブラジル、ドイツ、インド、サウジアラビア、南アフリカからの参加者を集めました。

・ツイッターのメルク・コンシューマーヘルス:@Merck_CH / https://twitter.com/merck_ch

・フェイスブックのWE100:https://www.facebook.com/WE100/

メルクのコンシューマーヘルス事業について
ニューロビオン(Neurobion)(R)、ビオン(Bion)(R)、ナシビン(Nasivin)(R)、セブンシーズ(Seven Seas)(R)、ドロニューロビオン(Dolo-Neurobion)(R)、フェミビオン(Femibion)(R)など、コンシューマーヘルス事業のブランドは、科学に裏付けされ、世界中の消費者に信頼される主要市場の革新的リーダーです。コンシューマーヘルス事業では、40以上の市場で3800人の従業員がグローバルに活動しています。ポートフォリオは年間総売り上げ10億ドルのブランドからなっています。コンシューマーヘルスは、ドイツのダルムシュタットにグローバル本部を置くメルクグループのヘルスケア事業部門です。

詳細は、http://www.merck-consumer-health.com/ またはhttp://www.twitter.com/merck_ch をご覧ください。

メルクのプレスリリースはすべて、メルクのウェブサイトで入手可能になると同時にEメールで配信されます。オンライン登録、選択の変更、このサービスの利用中止の場合は、http://www.merckgroup.com/subscribe にアクセスしてください。

メルクについて
メルクは、ヘルスケア、ライフサイエンス、高性能材料で科学と技術の企業をリードしています。約5万人の従業員が、がんや多発性硬化症を治療するバイオ医薬品療法、科学研究の最先端システム、製造からスマートフォンの液晶やLCDテレビまで、生活を改善、充実させる技術をさらに発展させるために働いています。2016年、メルクは66か国で150億米ドルを売り上げました。

1668年創立のメルクは、世界最古の製薬・化学薬品会社です。創業者一族は今も上場企業グループの過半数を所有しています。メルクはメルクの社名とブランドの世界的権利を保有しています。唯一の例外は、同社がEMDセローノ(EMD Serono)、ミリポアシグマ(MilliporeSigma)、EMDパフォーマンスマテリアルズ(EMD Performance Materials)として事業運営する米国とカナダです。

お問い合わせ先: Lars Atorf、+49-6151-856-3114

情報源:メルク

(日本語リリース:クライアント提供)



100 Healthy Years – Are Kids Prepared?

PR68631

DARMSTADT, Germany, May 19, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/

    – Merck Consumer Health’s Annual Debate: global expert discussion on how
      to prepare children to live 100 healthy years
    – Global study of the Economist Intelligence Unit: today’s children will
      be less healthy than today’s adults over 65 when they reach that age
    – Better co-ordination on all levels required in making children aware of
      the link between their lifestyle and their health in later life

    Merck, a leading science and technology company, convened experts from
diverse reputable organizations such as UN, UNICEF, UNAIDS, World Obesity
Federation and McKinsey at the company’s headquarters in Darmstadt, Germany, to
debate relevant questions such as: What are the most urgent threats to our
children’s long-term health? What can be done both inside and outside the
classroom? And how do schools, parents and communities share responsibility?

     (Logo: http://mma.prnewswire.com/media/508914/Merck_Logo.jpg )

     (Photo: http://mma.prnewswire.com/media/513078/Merck.jpg )

    As global life expectancy continues to increase, World Health Organization
statistics show that the children of today are likely to be the first to live
100 years. But living 100 healthy years – with vitality and mobility – and the
challenge of equipping children to do so, was the subject of yesterday’s second
annual ‘Global Consumer Health Debate’.

    Uta Kemmerich-Keil, CEO and President of the Consumer Health business of
Merck commented: "One thing is for certain: the earlier we start working with
kids on how to look after themselves, the better the long-term impacts. If this
debate helped strengthen the health education for my own kids here in Germany,
as much as children from Brazil to India, then we are getting better at
building a global future of healthy adults, able to enjoy a long life to the
fullest."

    The event released the findings of the Economist Intelligence Unit’s (EIU)
white paper: "Kids and Old Age". This worldwide study describes the current
landscape: What according to parents, educators, policy makers, research
institutions, and development actors can be done to better prepare kids for a
long and healthy life? Key findings include:

    – Today’s children will be less healthy than today’s adults over 65 when
      they reach that age.
    – Lifestyle-related problems are likely to contribute to chronic disease
      in later life and are already causing health problems among children.
    – Across the five countries surveyed, schools are targeting the main
      perceived problems, such as lack of exercise, but are ignoring mental
      health issues.
    – There is little evidence that such school education programmes are
      managing to stem rising rates of obesity and mental disorders.
    By bringing many actors together, the debate ‘joined the dots’ between all
those responsible for children’s health and well-being, and created consensus
around collaborative thinking and common goals.

    However this debate – and the diversity of actors and opinions –
highlighted how our childhood lessons are drawn from far beyond our homes and
schools, such as community efforts and policy-level support. The key message is
that by working together on complementary efforts that our kids will be better
equipped to become tomorrow’s healthy adults and elderly.

    The international panels included voices as diverse as government
representatives of South Africa (Ministry of Basic Education), UN
representatives of education, children’s and health priorities (UNICEF, Every
Woman for Every Child/UN, UNAIDS), Brazilian and Indian community-based
organizations (Inmed Brazil, Smile Foundation) having huge impacts on the
ground, business consultants to the health industry (McKinsey), and the World
Obesity Federation.

    The event marked an important milestone in Merck Consumer Health’s journey
to "Prepare society for a new era of humans living 100 healthy years". This
business purpose is at the heart of Merck Consumer Health’s WE100(R) movement,
aimed at raising awareness of healthy living, for people of all ages. While the
report and the debate helped to focus the global conversation, it seems to be
even more crucial to create and take action. WE100 is Merck’s commitment to do
so.

    Note for editors:

    The Global Consumer Health Debate entitled "100 Healthy Years: Are Kids
Prepared?" took place in Darmstadt, Germany, on Thursday, 18 May 2017.
Further information, including the EIU study, are available at
http://www.merck-consumer-health.com/en/industry/industry.html

    The global reach of the EIU study drew participants from the following
countries: Brazil, Germany, India, Saudi Arabia and South Africa.
Merck Consumer Health on Twitter:@Merck_CH / https://twitter.com/merck_ch
WE100 on Facebook: https://www.facebook.com/WE100/
About the Consumer Health business of Merck

    Brands of the Consumer Health business, such as Neurobion(R), Bion(R),
Nasivin(R), Seven Seas(R), Dolo-Neurobion(R), and Femibion(R) are innovative
leaders in key markets, backed by science and trusted by consumers worldwide.
The Consumer Health business is with over 3,800 employees globally active in
over 40 markets. The portfolio comprises of brands with annual total sales of
about $ 1 billion. Consumer Health is a business of the Healthcare business
sector within the Merck Group with global headquarters in Darmstadt, Germany.

    For more information please go to: http://www.merck-consumer-health.com or
https://twitter.com/merck_ch.

    All Merck Press Releases are distributed by e-mail at the same time they
become available on the Merck Website. Please go to:
http://www.merckgroup.com/subscribe to register online, change your selection
or discontinue this service.

    About Merck

    Merck is a leading science and technology company in healthcare, life
science and performance materials. Around 50,000 employees work to further
develop technologies that improve and enhance life – from biopharmaceutical
therapies to treat cancer or multiple sclerosis, cutting-edge systems for
scientific research and production, to liquid crystals for smartphones and LCD
televisions. In 2016, Merck generated sales of US Dollars 15.0 billion in 66
countries.

    Founded in 1668, Merck is the world’s oldest pharmaceutical and chemical
company. The founding family remains the majority owner of the publicly listed
corporate group. Merck holds the global rights to the Merck name and brand. The
only exceptions are the United States and Canada, where the company operates as
EMD Serono, MilliporeSigma and EMD Performance Materials.

    Contact: Lars Atorf
             +49-6151-856-3114

     SOURCE: Merck