2017年5月8日

トリナ・ソーラー(Trina Solar Limited)

トリナ・ソーラーがIBC単結晶シリコン太陽電池で転換効率24.13%の新記録樹立

トリナ・ソーラーがIBC単結晶シリコン太陽電池で転換効率24.13%の新記録樹立

AsiaNet 68437 (0666)

【常州(中国)2017年5月5日PR Newswire=共同通信JBN】太陽光発電(PV)モジュールの世界大手であるトリナ・ソーラー(Trina Solar)は5日、同社の太陽光発電技術国家重点研究室(State Key Laboratory of PV Science and Technology、SKL PVST)が、大面積(156 x 156mm2)n型単結晶シリコン(c-Si)裏面電極型(IBC)太陽電池で総面積(変換)効率24.13%の新記録を達成したと発表した。

記録を破ったn型単結晶シリコン太陽電池は、通常のチューブ・ドーピング技術とフルスクリーン・プリント・メタライゼーション(金属膜化)機能を使って、低コストの工業化IBC処理による大型のリン(燐)・ドーピングCzシリコン基板上で組み立てられた。156x156cm2の太陽電池は、日本の電気安全環境研究所(JET)で別途測定されて、総面積効率24.13%に達した。IBC太陽電池は、全測定面積243.3平方センチメートルあり、何らの開口なしに測定された。チャンピオンになったこの電池は、702.7ミリボルト(mV)の開放(開路)電圧VOC、42.1mA/cm2の短絡電流密度Jsc、81.47%の充填率FFの特性がある。

トリナ・ソーラーとオーストラリア国立大学(ANU)は2014年2月、浮遊帯域(FZ)n型基板上でフォトリソグラフィー・パターン露光を使って組み立てられた実験室レベルの4平方センチメートルIBC太陽電池で、開口効率24.37%の世界記録を樹立したと共同発表した。トリナ・ソーラーは2014年12月、工業バージョンの大面積(156x156mm2、6インチ基板)IBC太陽電池で22.94%の総面積効率を発表している。トリナ・ソーラーはさらに2016年4月には、総面積効率23.5%の改良型の工業用低コストIBC太陽電池を発表した。今回の総面積効率24.13%という新記録は、同社とANUは共同で樹立した小面積実験用電池の記録である開口効率より相対的に0.24%低い記録である。総面積効率は常に開口効率より低くなるが、それは電池の縁および電気的な接触部分が関係して効率が落ちるためである。

トリナ・ソーラーの副社長兼最高科学責任者(CSO)のピエール・ヴァーリンデン博士は「われわれはSKL PVSTの研究チームが成し遂げた最新の業績を発表できて非常に喜んでいる。過去数年にわたり、当社のR&Dチームは、n型IBC太陽電池の効率を絶えず改良するよう努力してきたが、これまでに記録の限界を超え、3年前にANUとのコラボレーションで達成した最高の小面積実験用電池の性能に非常に近づいている」と語った。同博士はさらに、「IBC太陽電池は、今日ある最も効率のいいシリコン太陽電池の1つであり、高電力密度の必要条件がLCOE(均等化発電コスト)よりはるかに重要なアプリケーションには、特に適している。当社のIBC太陽電池開発プログラムは一貫して、大面積電池で低コストの工業化プロセスの開発に注力してきた。われわれは、工業用大面積IBC電池が小面積の実験室電池がフォトリソグラフィー処理で3年前に樹立したのと同レベルの性能に達したことを、今日発表できて非常に喜んでいる。トリナ・ソーラーはイノベーションが進むPV業界にあって、電池効率が良く、システムコストを減らす最先端のPVテクノロジーと製品を開発することに常に注力している。当社の目標は、テクノロジーの革新を追求し、実験室内のテクノロジーをできるだけ早期に商用生産に移すことである」と語った。

▽トリナ・ソーラー(Trina Solar Limited)について
トリナ・ソーラーは、太陽光発電(PV)モジュール、ソリューション、サービスの世界リーダーである。トリナ・ソーラーはPVシステム・インテグレーターとして1997年に創設され、世界のインストーラー、ディストリビューター、公益事業者、デベロッパーと共にスマートエネルギーを推進している。詳細はwww.trinasolar.com を参照。

ソース:Trina Solar Limited


Trina Solar Announces New Efficiency Record of 24.13% for IBC Mono-crystalline Silicon Solar Cell

PR68437

CHANGZHOU, China, May 5, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ —

Trina Solar ("Trina Solar" or the "Company"), a global leader in photovoltaic
(PV) modules, solutions and services, today announced that its State Key
Laboratory (SKL) of PV Science and Technology (PVST) has set a new record of
24.13% total-area efficiency for a large-area (156 x 156mm2) n-type
mono-crystalline silicon (c-Si) Interdigitated Back Contact (IBC) solar cell.

The record-breaking n-type mono-crystalline silicon solar cell was fabricated
on a large-sized phosphorous-doped Cz Silicon substrate with a low-cost
industrial IBC process, featuring conventional tube doping technologies and
fully screen-printed metallization. The 156 x 156 mm2 solar cell reached a
total-area efficiency of 24.13% as independently measured by the Japan
Electrical Safety & Environment Technology Laboratories (JET). The IBC solar
cell has a total measured area of 243.3cm2 and was measured without any
aperture. The champion cell presents the following characteristics: an
open-circuit voltage Voc of 702.7mV, a short-circuit current density Jsc of
42.1 mA/cm2 and a fill factor FF of 81.47%.

In February 2014, Trina Solar and the Australian National University (ANU)
jointly announced a world record aperture efficiency of 24.37% for a
laboratory-scale 4cm2 IBC solar cell, fabricated on a Float Zone (FZ) n-type
substrate and using photolithography patterning. In December 2014, Trina Solar
announced a 22.94% total-area efficiency for an industrial version, large size
(156x 156mm2, 6" substrate), IBC solar cell. In April 2016, Trina Solar
announced an improved industrial low-cost IBC solar cell with a total-area
efficiency of 23.5%. The new record of 24.13% total-area efficiency is just
0.24% absolute below the small-area laboratory cell record aperture-efficiency
jointly established by the Company and ANU. Total-area efficiencies are always
lower than aperture-efficiencies, due to efficiency losses related to the edges
of the cells and electrical contact areas.

"We are very delighted to announce the latest achievement from our research
team at the SKL PVST. Over the last few years, our R&D team has managed to
continuously improve the efficiency of our n-type IBC solar cells, pushing the
limits and surpassing our previous records, and approaching very closely to the
performance of our best small-area laboratory cell developed in collaboration
with ANU three years ago." said Dr. Pierre Verlinden, Vice-President and Chief
Scientist of Trina Solar. "IBC solar cells are one of the most efficient
silicon solar cells available today and are particularly suitable for
applications for which the requirement of a high power density is more
important than LCOE (Levelized Cost of Electricity). Our IBC cell program has
always focused on the development of large-area cells and low-cost industrial
processes. We are very happy to announce today that our industrial large area
IBC cell has reached almost the same level of performance as the small-area
laboratory cell made three years ago with a photolithography process. In an
innovation-driven PV industry, Trina Solar is always focused on developing
leading-edge PV technologies and products with improved cell efficiency and
reduced system cost. Our goal is to insist on technological innovation, and
transform as quickly as possible the laboratory technology into commercial
production."

About Trina Solar Limited

Trina Solar Limited is a global leader in solar photovoltaic modules, solutions
and services. Founded in 1997 as a PV system integrator, Trina Solar today
drives smart energy together with installers, distributors, utilities and
developers worldwide. For more information, please visit www.trinasolar.com.

Source: Trina Solar Limited