2017年4月21日

ICIS

ICIS:トランプVS習の対立が世界的石油化学サプレイチェーンの不透明感に拍車

ICIS:トランプVS習の対立が世界的石油化学サプレイチェーンの不透明感に拍車

AsiaNet 68142

ロンドン(英国)、2017年4月21日/PRニュースワイヤー/ —

トランプ政権は一貫した政策の方向性を模索中であり、次に何が起こるかは不明です。先週のトランプ大統領と中国の習近平主席の首脳会談を見てみましょう。会談に先立ち、米国側からは貿易で中国に厳しく臨むという敵対的な言葉が聞かれましたが、会談自体はトランプ大統領のツイートの口調の通りにはなりませんでした。これは、ホワイトハウス内部において自由貿易賛成・反対の両勢力が引き続き影響力の拡大を競っていることを示しています。その一方で中国は、他国と同様に国内の社会的、政治的、経済的課題に直面する中で、米国の動きを推測しなくてはなりません。

(ロゴ:http://photos.prnewswire.com/prnh/20160408/353056LOGO )

現在の不透明性に応えて、石油化学におけるマーケット情報提供のトップであるICISは、コンサルタントのインターナショナル・イーチェム(International eChem)と共同で、世界的不安定性がもたらす課題とチャンスを乗り切っていく石油化学企業と出資者を支援するための季刊レポートシリーズ第1回目を発表しました。

レポートの共同執筆者であるICISのジョン・リチャードソンは、「我われがこの季刊レポートシリーズで目指すものは、2つあります。世界の2大経済圏で起きている構造的転換についての明確な理解を与えることと、これらビジネスおよび投資の開発が与える潜在的影響について説明する詳細な指針を提供することです」と述べています。

石油化学産業は、大きく広範囲な影響に備えなくてはなりません。もしドナルド・トランプ大統領が今後8年間職に留まり、10月の共産党大会で習近平主席の任期を5年間延長することが決まれば、今下される決定は中長期的展望に長引く影響を及ぼします。今こそ明らかにサプライチェーンの前途に待ち受けている大混乱に先立ち準備を始めるときです。

この不確実さ解析(Uncertainty Study)シリーズの第1回レポートは言論戦(War of Words)と題され、インターナショナル・イーチェムのポール・ホッジズとの共著となっています。同レポートの中核は、石油化学・プラスチック産業全体の基礎的要素として一般的に見られるエチレン、プロピレン、ベンゼン、パラキシレン(PX)という4つの重要なバリュー・チェーンに関する詳細な分析です。

購読者は、米国と中国の間の貿易に影響を及ぼす地域間の動きおよび、主要地域の生産者、消費者、貿易業者、投資家にとっての主なリスクと影響に関する分析を利用できます。トランプの様々な新しい政策や中国の刺激策の撤退で予想される影響についても、詳細に分析しています。ほかには、東西関係はどう変化するか、世界の状況に及ぼす今後の影響などの重大な問題を取り上げています。

ポール・ホッジズは、「原材料が当たり前のように地球の反対側まで輸送され、のちに製品として戻ってくるという近年のグローバル化モデルが今後長く生き延びるとは考えられません」と話します。

明らかに、数年先には旧態依然とした状況になりそうにありません。ICISとインターナショナル・イーチェムによるこの最新研究は、業界の現状にとって避けられない変化に対し十分に準備するために必要な洞察と分析を石油化学の幹部チームに提供します。

研究の詳細は、こちらから:
https://www.icis.com/services/analysis/quarterly-icis-iec-study/

ICISについて

ICISは、世界のエネルギー、石油化学製品、肥料の市場に重点を置く価格報告機関です。わが社が目指すのは、信頼性のある価格データ、価値の高いニュース、分析、独立したコンサルティングを提供することにより世界的商品市場の企業に競争優位性をもたらし、顧客が十分な情報に基づく取引と計画決定をできるようにすることです。わが社には買い手、売り手、アナリストへの価格情報、ニュース、分析、コンサルティングの提供における30年以上の経験があります。

ICISは世界中に800人以上のスタッフを抱え、ヒューストン、ワシントン、ニューヨーク、ロンドン、モンペリエ、デュッセルドルフ、カールスルーエ、ミラノ、ムンバイ、シンガポール、広州、北京、上海、煙台、東京、パースにスタッフを配置しています。350人ものICISスタッフは市場価格とニュースのレポートに従事し、検証、確証、認証に関してジャーナリストとしての高潔な原則を守ることに全力を尽くしています。ICISには、方法論や業務プロセスとともに証券監督者国際機構(IOSCO)のPRA原則(PRA Principles)の要件に沿ったコンプライアンス体制があります。

ICISはレレックス・グループ (http://www.relxgroup.com )に属するリード・ビジネス・インフォメーション(http://www.reedbusiness.com )の1部門です。

インターナショナル・イーチェム(International eChem)について

わが社は、世界の化学工業とその投資界とって信頼のおけるアドバイザーです。世界の主要企業や金融機関との業務経験から、わが社のチームは問題およびクライアントの「実社会」を深く理解しています。

リード・ビジネス・インフォメーション(Reed Business Information)について

リード・ビジネス・インフォメーションは、世界中のビジネスのプロに情報、分析、データを提供しています。わが社の強力なグローバルプロダクトとサービスは、わが社が日々顧客の重要な戦略的意思決定の手助けをしている銀行、石油化学製品、航空など広範な産業部門で市場をリードする立場にあります。RBIはレレックス・グループ(RELX Group)の一部であり、全産業のプロの顧客への情報と分析を提供するグローバルなプロバイダーです。

http://www.reedbusiness.com

レレックス・グループ(RELX Group)について

レレックス・グループは、全産業のプロとビジネスの顧客への情報と分析の提供で世界をリードしています。同グループは180か国以上の顧客に対応しており、およそ40か国にオフィスを置いています。従業員は約3万人で、そのうちの半数は北米にいます。レレックスPLC(RELX PLC)は、レレックス・グループの52.9%を所有するロンドンの上場持ち株会社です。レレックスNV(RELX NV)は、レレックス・グループの47.1%を所有するアムステルダムの上場持ち株会社です。株式はロンドン、アムステルダム、ニューヨークの証券取引所において以下のティッカーシンボルを用いて取引されています。ロンドン:REL、アムステルダム:REN、ニューヨーク:RELXおよびRENX。合計時価総額はおよそ312億英ポンド、365億ユーロ、388億米ドルです。http://www.relx.com

報道関係のお問合せ先:
Arina Popa
マーケティング・エグゼクティブ
ICIS
電話: +44-207-911-1473
arina.popa@icis.com


ソース: ICIS


(日本語リリース:クライアント提供)



ICIS: Trump Versus Xi Fuels Growing Uncertainty Across Global Petrochemical Supply Chains

PR68142

LONDON, April 10 /PRNewswire=KYODO JBN/ —
    
    The Trump administration is struggling to find a consistent policy
direction and it is unclear what is going to happen next. Take last week’s
summit between President Trump and President Xi Jinping of China. Ahead of the
meeting came bellicose language from the US side about being tough towards
China on trade, but the summit itself failed to live up to the tone of
President Trump’s Tweets. This indicates that anti and pro-free trade forces
within the White House continue to compete for influence. Meanwhile, China,
like everyone else, has to try to second-guess the US as it confronts major
domestic social, political and economic challenges.  

         (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20160408/353056LOGO )

    In response to the current uncertainty, leading petrochemicals market
intelligence provider ICIS, in partnership with consultancy International
eChem, has launched the first in a series of quarterly reports to assist
petrochemical companies and their investors as they navigate the challenges and
opportunities created by global instability.

    Report co-author John Richardson, of ICIS, says: "Our aim with this
quarterly report series is two-fold:  to provide a clear understanding of the
tectonic shifts now under way in the world’s two largest economies, and to
offer a detailed road map outlining the potential impact of these developments
on business and investments."

    The petrochemicals industry must brace itself for significant and
far-reaching effects. If President Donald Trump remains in office for the next
eight years, and President Xi Jinping’s term is extended for a further five
years at the October Communist Party Congress, the decisions made now will have
long-lasting effects on the medium- and longer-term outlook. Now is the time to
begin preparations ahead of the major disruption that clearly lies ahead for
supply chains.

    This initial report in the Uncertainty Study series is entitled War of
Words and is co-authored with Paul Hodges of International eChem. The core of
the report is a detailed analysis of the four critical value chains – ethylene,
propylene, benzene and paraxylene (PX) – commonly seen as the building blocks
of the entire petrochemicals and plastics industry.

    Subscribers will benefit from an analysis of the inter-regional moves that
dominate trade between the US and China, along with the key risks and
implications for producers, consumers, traders and investors in the major
regions. The likely impact of Trump’s various new policies, as well as China’s
retreat from stimulus are examined in detail. Other key questions addressed
include how the East-West relationship may change, as well as the subsequent
impact on the global landscape.

    "It seems most unlikely that the globalisation model of recent decades –
whereby raw materials are routinely shipped half-way around the world, and then
returned as finished product – will survive for much longer," says Paul Hodges.


    Clearly, the business-as-usual scenario is the least likely outcome for the
years ahead. This latest study from ICIS and International eChem gives
petrochemical leadership teams the insight and analysis needed to better
prepare for an inevitable change to the industry status quo.

    Find out more about the study
[https://www.icis.com/services/analysis/quarterly-icis-iec-study ].  

    About ICIS

    ICIS is an independent price reporting agency focusing on global energy,
petrochemical and fertilizer markets. Our aim is to give companies in global
commodities markets a competitive advantage by delivering trusted pricing data,
high-value news, analysis and independent consulting, enabling our customers to
make better-informed trading and planning decisions. We have more than 30
years’ experience in providing pricing information, news, analysis and
consulting to buyers, sellers and analysts.

    With a global staff of more than 800, ICIS has employees based in Houston,
Washington, New York, London, Montpellier, Dusseldorf, Karlsruhe, Milan,
Mumbai, Singapore, Guangzhou, Beijing, Shanghai, Yantai, Tokyo and Perth. Some
350 of ICIS’s staff are journalists engaged in reporting market prices and
news, and ICIS is fully committed to upholding the highest journalistic
principles of verification, corroboration and authentication. ICIS has a
compliance framework that along with its methodologies and business processes
adheres to the requirements of the IOSCO PRA Principles.

    ICIS is a division of Reed Business Information
[http://www.reedbusiness.com ], part of RELX Group plc
[http://www.relxgroup.com ].

    About International eChem

    We are trusted commercial advisers to the global chemical industry and its
investment community. Our team has an in-depth understanding of the issues, and
of the ‘real world’ in which clients operate, due to our experience in working
with many of the world’s major companies and financial institutions.

    About Reed Business Information

    Reed Business Information provides information, analytics and data to
business professionals worldwide. Our strong global products and services hold
market-leading positions across a wide range of industry sectors including
banking, petrochemicals and aviation where we help customers make key strategic
decisions every day. RBI is part of RELX Group, a global provider of
information and analytics for professional customers across industries.

    http://www.reedbusiness.com

    About RELX Group

    RELX Group is a global provider of information and analytics for
professional and business customers across industries. The Group serves
customers in more than 180 countries and has offices in about 40 countries. It
employs approximately 30,000 people of whom almost half are in North America.
RELX PLC is a London listed holding company which owns 52.9% of RELX Group.
RELX NV is an Amsterdam listed holding company which owns 47.1% of RELX Group.
The shares are traded on the London, Amsterdam and New York Stock Exchanges
using the following ticker symbols: London: REL; Amsterdam: REN; New York: RELX
and RENX. The total market capitalisation is approximately GBP31.2bn/
EUR36.5bn/ $38.8bn. www.relx.com [http://www.relx.com ]
    
     
    For media inquiries, contact:
    Arina Popa  
    Marketing Executive  
    ICIS  
    T: +44-207-911-1473
    arina.popa@icis.com

    SOURCE: ICIS