2017年4月21日

UL

ULのパフォーマンスマテリアル(機能性材料)部門、積層造形用プラスチックを対象とする新サービス、「ブルーカードプログラム」を導入

ULのパフォーマンスマテリアル(機能性材料)部門、積層造形用プラスチックを対象とする新サービス、「ブルーカードプログラム」を導入

AsiaNet 68242

米国イリノイ州ノースブルック、2017年4月21日 – 世界的な安全科学機関であるUL (http://www.ul.com )は本日、積層造形用プラスチックを対象とする新サービス(ブルーカードプログラム – http://www.ul.com/bluecard )を発表しました。この新しいプログラムは、3Dプリンティング用材料をターゲットとしており、ULの既存のプラスチック認証プログラム(イエローカードプログラム – http://industries.ul.com/plastics-and-components/plastics/plastic-recognition-yellow-card )を拡充したプログラムです。

Photo – http://mma.prnewswire.com/media/491796/blue_card_keyvisual.jpg

射出成形などの従来の成形方法とは異なり、3Dプリンティング工程は多岐にわたり、サンプルの造形方法によって、その特性や性能は大きく影響されます。積層造形用プラスチックを対象とするこの新しいプログラムでは、3Dプリンティング用のプラスチック材料および3Dプリンティングで作成された部品や製品の認証のための要求事項が新たに規定されています。

ブルーカードプログラムは、材料が特定の3Dプリンティング技術の用途に適していることを認証し、部材または最終製品の製造業者が、独立した試験機関による定期的監視を受けている製造業者で試験された材料を使用していることを確実にするものです。

「ULは積層造形に関する人材の育成、施設の安全、および機器の認証に関して様々なソリューションを提供して顧客のニーズに応えてきました。機能性材料関連サービスにブルーカードプログラムを追加することは、課題の多い積層造形分野において顧客が問題を解決し、成功できるよう支援するという弊社のコミットメントを示しています」とUL R&DマネージャーであるDr.トーマス・ファビアンは述べています。

ULが認証した3Dプリンティング材料は、UL iQ(TM) for Plastics (http://iq.ul.com/plastics ) およびPROSPECTOR(R) (https://www.ulprospector.com/en/eu )データベースに掲載されます。これは、3Dプリンティングで使用する材料をマーケティングしたいプラスチック製造業者にとって有効なツールであるだけではなく、自社の3Dプリンティング部品への認証取得に関心がある部材製造業者にも便利なツールです。また、ブルーカードプログラム (http://www.ul.com/bluecard )は、3Dプリンティング部品や部材の自社製品への採用を検討している最終製品の製造業者を支援するサービスでもあります。

【UL機能性材料部門の概要】
UL機能性材料部門は、75年以上にわたってプラスチックの試験と認証を行ってきました。プラスチック業界の関連ステークホルダーと密に連携して、既存のUL規格を向上させるだけでなく、新しい要求事項の策定や認証・試験プログラムの開発に取り組むことで、新しい技術やその製品展開に寄与しています。

【ULの概要】
ULは、科学の活用によって安全、セキュリティ、サステナビリティ(持続可能性)における課題を解決し、世界中の人々のために安全な生活/職場環境を推進します。ULマークがもたらす信頼が、先進的製品及び技術の安全な導入を可能にします。ULのスタッフは世界をより安全な場所にするという情熱を共有しています。その提供サービスは、試験・検査・監査・認証・検証・アドバイザリー/トレーニング・サービスなど多岐にわたります。また、安全とサステナビリティに関するソフトウェア・ソリューションを提供することで、これらの活動を支援しています。詳細はウェブサイト(http://UL.com )をご参照ください。

連絡先: ダグマー・エボー
グローバルPR &ソーシャルメディアマネージャー
ULコマーシャル&インダストリアル
電話: (678) 872.0320  携帯: (404) 216.4354  dagmar.ebaugh@ul.com 

Logo – http://mma.prnewswire.com/media/325015/ul_enterprise_logo.jpg

(日本語リリース:クライアント提供)



UL’s Performance Materials Division Introduces New Plastics for Additive Manufacturing Program ("Blue Card Program")

PR68242

NORTHBROOK, Ill., Apr. 20, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ —

UL (http://www.ul.com/), a global safety science organization, today announced
a new Plastics for Additive Manufacturing Program (Blue Card Program
(http://www.ul.com/bluecard)).  Specifically targeting materials for 3D
printing, this new program serves as an extension of UL’s existing Plastics
Recognition Program (Yellow Card Program (
http://industries.ul.com/plastics-and-components/plastics/plastic-recognition-yellow-card
)).

Photo – http://mma.prnewswire.com/media/491796/blue_card_keyvisual.jpg

Unlike traditional manufacturing, such as injection molding, the 3D printing
process introduces variability which significantly impacts properties and
performance based on how test specimens are printed. The Plastics for Additive
Manufacturing Program defines the additional requirements necessary to
recognize plastics intended for 3D printing and 3D printed components and
products.

The Blue Card Program certifies that a material is appropriate for a specific
3D printing technology and helps ensure that the component or end-product
manufacturer is using tested materials whose manufacture is being monitored at
regular intervals by an independent test laboratory.

"UL has been supporting client needs with solutions for Additive Manufacturing
workforce development, facility safety, and equipment compliance. Adding the
Blue Card Program to our Performance Materials offerings demonstrates our
commitment to helping clients navigate and win in the challenging Additive
Manufacturing space," said Dr. Thomas Fabian, UL R&D Manager.

UL recognized materials for 3D Printing are added to the UL iQ(TM) for Plastics
(http://iq.ul.com/plastics) and PROSPECTOR(R)
(https://www.ulprospector.com/en/eu) Databases.  This helps plastics
manufacturers who are interested in marketing their materials for use in 3D
printed components that are UL certified, and it also helps component
manufacturers that are interested in certifying their 3D printed components.  
Additionally, the Blue Card Program (http://www.ul.com/bluecard) also assists
end-product manufacturers who are interested in using 3D printed parts and
components in their equipment.

About UL Performance Materials

UL’s Performance Materials Division has been testing and certifying plastics
for over 75 years. We work closely with plastic industry stakeholders to
maintain and enhance existing UL Standards, establish new requirements, and
develop certification and testing programs that address emerging technologies
and product applications.

About UL

UL fosters safe living and working conditions for people everywhere through the
application of science to solve safety, security and sustainability challenges.
The UL Mark engenders trust enabling the safe adoption of innovative new
products and technologies. Everyone at UL shares a passion to make the world a
safer place. We test, inspect, audit, certify, validate, verify, advise and
train and we support these efforts with software solutions for safety and
sustainability. To learn more about us, visit UL.com (http://www.ul.com).

CONTACT: Dagmar Ebaugh
Global PR & Social Media Manager
UL Commercial & Industrial
O: (678) 872.0320 C: (404) 216.4354, dagmar.ebaugh@ul.com     

Logo – http://mma.prnewswire.com/media/325015/ul_enterprise_logo.jpg

SOURCE: UL