PDF リリース全文
(250KB)

2017年1月12日

株式会社Spelldata「Webサイト情報品質改善コンサルティングサービス」提供開始

2017年1月12日

株式会社Spelldata

株式会社Spelldata「Webサイト情報品質改善コンサルティングサービス」提供開始

Webサイトの品質の分析・評価・改善のリーディングカンパニー、株式会社Spelldata(本社:東京都千代田区、代表取締役:竹洞陽一郎)は、2017年1月12日より、Webページのコンテンツの情報価値と品質を改善する「Webサイト情報品質改善コンサルティング」サービスの提供を開始します。

「Webサイト情報品質改善コンサルティング」サービス
https://spelldata.co.jp/website_information_quality_consulting1.html


「Webサイト情報品質改善コンサルティングサービス」提供開始に至った背景

昨今、Webサイトの制作や更新などの運営においては、検索順位を向上させるための施策としてSEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)の手法が一般的に採用されています。
しかし、昨今、検索順位のように特定のKPIに偏った施策が打ち出される事で、ユーザに価値あるコンテンツを提供していくという、本来Webサイトがあるべき姿が軽視されており、インターネットのノイズ情報が増えるという大きな社会問題となっています。

ノイズ情報が、特定の言語における検索で増えるということは、結果として、検索の効率性を落とし、生産性を低下させる要因となります。

いくら検索順位が上位であっても、コンテンツに書かれている情報の価値が低かったり、信頼性や客観性、独自性が低かったりした場合は、検索順位が上位であるが故のユーザのWebページの内容に対する期待の高さとのギャップが生じ、結果として、Webサイトのブランディングや評価を落とす事になります。

検索順位にばかり目を奪われるのではなくて、そもそもお客様や読み手にとって価値ある情報とは何であるのか、また、その情報の信頼性や客観性などの品質を如何に高めるのか、Webページの本質的な存在意義が問われています。

現在、企業が抱える、この課題に対する答えとして、価値ある情報とは何であるのか、その信頼性や客観性はどのように担保するのかを能動的に分析する「Webサイト情報品質改善コンサルティング」サービスの提供を開始する事にいたしました。

「Webサイト情報品質改善コンサルティングサービス」の特徴

1. 「情報理論の父」クロード・シャノンの「情報理論」に基づく情報の定量的な評価
2. MITやGoogleも研究・採用している「情報品質」に基づく情報の定性的な評価
3. HTMLの仕様に基づく情報構造化のクリーニング

「Webサイト情報品質改善コンサルティングサービス」の概要

「情報理論の父」クロード・シャノンは、1949年に発表した「コミュニケーションの数学的理論」という論文を1950年に書籍として出版し、その中で、コミュニケーションの3つの問題を提示しました。

Level A…通信において、記号をどのくらい正確に伝えることができるのか(技術的問題)
Level B…送信された記号は、どのくらい正確に所望の意図を伝えることができるのか(意味的な問題)
Level C…受信された意図は、どのくらい効果的に所望する行為に影響するのか(効果の問題)

まさにこれは、現在、Webサイトが直面している問題であり、SEOによって検索順位が向上したとしても、この3つ問題に対する本質的な解決策を講じない限り解決できません。

シャノンは、情報の価値は、情報のありがたみの度合いであるとし、驚きが大きい程、その情報を得た喜びが大きく、情報のありがたみがあり、故に情報の価値がある事を、確率論をベースに数学的に体系化しました。

しかし、驚きが大きければ、嘘や疑わしい事を書いても良いかというと、それも問題で、そこで情報の権威性、信頼性、客観性、独自性、包括性などが問われます。
その問題が2000年代初頭に注目され、2004年にInternational Association of Information and Data Qualityが創設され、2006年からマサチューセッツ工科大学が主軸になって、国際的な情報品質とデータ品質のシンポジウムが毎年7月に開催されています。
コンピュータ・サイエンスの国際学会ACM (Association for Computing Machinery)でも、専門部会が創設されています。

このコンサルティングサービスは、情報の定量的な価値の大きさの評価と、情報の信頼性などの定性的な品質の評価、そして、それらをHTMLでマークアップして情報構造化する際の適切さを検証して、Webページのコンテンツそのものの価値を高める事を目的としています。

このコンサルティングは、一年間に亘って提供する継続的サービスで、月額料金は30万円~となっています。

特に、こだわりの商品やサービスを開発されたり、SEO対策ではビジネス上の結果が出ていなかったりしているお客様にお勧めです。

株式会社Spelldataについて

株式会社Spelldataは、Webサイトの品質を専門分野とする、データ分析企業です。
Webサイトの配信品質・情報品質の分析・評価のリーディングカンパニーとして、Spelldataは、お客様のWebサイトが国内・海外ともに快適に、エラーなく表示されて、かつ価値の高い情報を配信できるようにします。
Spelldataの取得する実行可能データとその分析により、デバイスと場所を問わず、コンシューマ体験、エンタープライズ体験、およびエンターテイメント体験を、企業が最適化する方法として、統計的品質管理手法を普及していきます。
Webサイト: https://spelldata.co.jp/