2016年3月16日

Airbiquity

AirbiquityがSDL統合を含むコネクテッドカー・インフォテインメントのオプション拡大

AirbiquityがSDL統合を含むコネクテッドカー・インフォテインメントのオプション拡大

AsiaNet 63767(0333)

【シアトル2016年3月16日PR Newswire=共同通信JBN】
*同社はSDLベースのインフォテインメント・プログラムの高品質コンテンツへのアクセスを望む自動車業界の要望に応える

コネクテッドカー・サービスの世界リーダーAirbiquity(R)(http://www.airbiquity.com/ )は16日、スマートデバイスリンク(SmartDeviceLink)(SDL)をサポートすると発表した。SDLは複雑な実装過程を軽減して、自動車メーカーがコネクテッドカー・プログラム向けのインフォテインメント・アプリケーションにアクセスを拡大できる有望なコンテンツ統合アプローチである。

Logo – http://photos.prnewswire.com/prnh/20150224/177305LOGO

車載インフォテインメントが5年前に導入されたことに伴い、コンテンツ統合には競合他社に対してカスタム化されたアプリ機能と差別化されたユーザー体験を実現するために、すべてのコンテンツプロバイダー向けに独自のユーザーインターフェースを開発することが含まれた。それ以後、車載インフォテインメントは進化し、自動車メーカーはアプリケーションの開発期間を短縮し、その利用の可能性を最大限引き出す標準化された統合アプローチへの関心を高めてきた。

SDLはアプリケーション間で共有できる事前定義されたテンプレートを使用しており、最近では標準化されたコンテンツ統合の有力な手段の1つになった。SDLは自動車メーカーにとってデザインの複雑性を最小限に抑えるものの、いくつかのトレードオフがある。
*クラウドベース・アプリケーション管理能力が減退する
*ドライバーの注意散漫を緩和するアプリケーション・ポリシーを軽視する
*オンデマンド・オーバージエア(OTA)ソフトウエア・アップデートをサポートできない

SDLコンテンツを使うインフォテインメント・プログラムを展開する自動車メーカーは今後、Airbiquityと提携することによってこの2つの世界を乗り越えることができる。Airbiquityはモバイル統合技術、コンテンツ統合専門技術、Choreoプラットフォーム・バックエンド管理機能を活用することによって、SDLアプリケーションのトレードオフを軽減した。Airbiquityは自動車メーカーに対し、40以上の高品質アプリケーション・ポートフォリオへのSDL対応アクセスを提供できる。このアプリケーションは強化された特性・機能、堅ろうなバックエンド・アプリケーション管理・ポリシーコントロール、オーバージエア(OTA)ソフトウエア・アップデートを備えている。

Airbiquityのカムイアル・モインザデ社長兼最高経営責任者(CEO)は「Airbiquityは広範なコンテンツプロバイダーとの関係、5年間におよぶ自動車統合経験、個人客の要望を満たす多様な統合オプションによって、常にコネクテッドカー・インフォテインメントの先陣を切ってきた。市場をリードするコンテンツ・ポートフォリオへのSDL対応アクセスを、Choreoのバックエンド・アプリケーション管理とオーバージエア・アップデート能力と組み合わせて提供することは、現在の市場の自動車メーカーにとって強力なパッケージとなる」と語った。

AirbiquityのChoreo(TM)サービス配信プラットフォームは、クラウドからの柔軟でスケーラブルなコネクテッドカー・サービス配信を提供する。Choreoは、既存および新興のコネクテッドカー・サービスに必要なさまざまな車両システム、コネクティビティー機器、通信ネットワーク、バックオフィスITシステム、コンテンツおよびサービスプロバイダーを統合する。Choreoのオープンアーキテクチャー設計によって、エンドツーエンド・サービス配信ないしは既存サービスへのコンポーネントレベルでの統合、およびマルチパーティー・クラウドの両方が可能になる。600万台の車両が日常的にChoreoに接続されており、月間ではおびただしいトランザクションが発生している。

Airbiquityのインフォテインメント配信に関する詳細は次のビデオを参照:https://youtu.be/u2s_0_mhSyU

▽Airbiquity について
Airbiquityはコネクテッドビークル・サービスの世界的リーダーであり、車載テレマティクス技術の開発および設計のパイオニアである。Airbiquityは、業界で最新鋭のクラウドベース・コネクテッドカー・サービス配信プラットフォームChoreo(TM)によって現代のコネクテッドカーのビジョンを提示する。自動車メーカー、ティア1サプライヤー、モバイル・ネットワーク・オペレーターはAirbiquityと提携して、60カ国余りの30言語で顧客が要求する安全、効率、利便性、インフォテインメントに応えるスケーラブルで扱いやすいコネクテッドカー・ソリューションを提供している。Airbiquityの詳細はウェブサイトwww.airbiquity.com を参照。AirbiquityはAirbiquity Inc.の商標。

▽問い合わせ先
Kristin Scheidegger
Airbiquity PR
+1-206-344-3133
media@airbiquity.com

ソース:Airbiquity


Airbiquity Extends Connected Car Infotainment Options To Include SDL Integration

PR63767

SEATTLE, Mar. 16, 2016 /PR Newswire=KYODO JBN/ —

— Company Meets Automotive Industry Demand For Ready Access to High Quality
Content for SDL Based Infotainment Programs

Airbiquity(R) (http://www.airbiquity.com/ ), a global leader in connected car
services, today announced its support for SmartDeviceLink (SDL), a content
integration approach promising to increase automaker access to infotainment
applications for connected car programs with reduced implementation complexity.

Logo – http://photos.prnewswire.com/prnh/20150224/177305LOGO

With the introduction of automotive infotainment five years ago, content
integration involved developing unique user interfaces for every content
provider application, enabling customized app features and differentiated user
experiences relative to competitors. Automotive infotainment has since evolved
and automakers have become interested in more standardized integration
approaches that could maximize application availability while shortening
development time.

SDL uses pre-defined templates that are shared between applications, and has
recently become a candidate for standardized content integration. While SDL
does minimize design complexity for automakers, it presents several trade-offs:

    — Reduced cloud-based application management capabilities
    — Minimized application policy management to mitigate driver distractions
    — Inability to support on-demand over-the-air (OTA) software updates

Automakers deploying infotainment programs using SDL content can now have the
best of both worlds by working with Airbiquity, which has mitigated SDL
application trade-offs by leveraging its mobile integration technology, content
integration expertise, and Choreo platform back-end-management features.
Airbiquity can now provide automakers with SDL-enabled access to a portfolio of
more than 40 high-quality applications with enhanced features and
functionality, robust back-end application management and policy controls, and
over-the-air (OTA) software updates.

"Airbiquity has always been at the forefront of connected car infotainment,
with extensive content provider relationships, five years of automotive
integration experience, and multiple integration options to meet individual
customer requirements," said Kamyar Moinzadeh, President and Chief Executive
Officer of Airbiquity. "Providing SDL-enabled access to our market-leading
content portfolio-combined with Choreo’s back-end application management and
over-the-air update capability-is an unbeatable package for automakers in
today’s marketplace."

Airbiquity’s Choreo(TM) service delivery platform provides flexible and
scalable connected car service delivery from the cloud. Choreo integrates the
diverse spectrum of vehicle systems, connectivity devices, communication
networks, back office IT systems, and content and service providers required
for traditional and emerging connected car services. Choreo’s open architecture
design enables both end-to-end service delivery or component level integration
into existing services and multi-party clouds. Over six million vehicles
connect to Choreo daily, generating hundreds of millions of monthly
transactions.

Learn more Airbiquity’s Infotainment Delivery offering by viewing this video
(https://youtu.be/u2s_0_mhSyU ).

About Airbiquity  
Airbiquity is a global leader in connected vehicle services and pioneer in the
development and engineering of automotive telematics technology. Airbiquity
enables the vision of connected car today with the industry’s most advanced
cloud-based connected car service delivery platform: "Choreo(TM)." Working in
partnership with Airbiquity, automakers, tier one suppliers, and mobile network
operators are delivering scalable and manageable connected car solutions
meeting the safety, efficiency, convenience, and infotainment needs of their
customers in over 60 countries and 30 languages. To learn more about Airbiquity
visit http://www.airbiquity.com. Airbiquity is a trademark of Airbiquity Inc.

AIRBIQUITY CONTACT:
Kristin Scheidegger
Airbiquity PR
+1-206-344-3133
media@airbiquity.com

SOURCE: Airbiquity