PDF リリース全文
(688KB)

2016年3月15日

“ seap for Windows “ が待望の Windows 10 Mobile に対応

2016年3月15日

株式会社ジェーエムエーシステムズ

“ seap for Windows “ が待望の Windows 10 Mobile に対応、
カタログ・アンケート・ラーニングの3つのアプリが
スマートフォンで利用可能に

 日本能率協会グループのシステムインテグレータである株式会社ジェーエムエーシステムズ(本社:東京都港区、代表取締役:丸尾健司)と、法人を対象としたスマートデバイス向けアプリ開発とクラウドサービスを展開する株式会社ジェナ(本社:東京都中央区、代表取締役:手塚康夫 以下ジェナ)は、両社が共同開発したWindows 10 向けビジネスアプリ「seap for Windows powered by Any3」(以下seap for Windows)のUWP (Universal Windows Platform) 対応アップデートを行い、Windows 10 Mobile が搭載されたスマートフォン等で利用できるUWPアプリを本日よりWindows ストアに公開・配信いたします。

 「seap for Windows」はこれまでWindows 8.1 / 10タブレットを利用するビジネスユーザー向けにサービスを提供してきましたが、今回のアップデートで「カタログ」「アンケート」「ラーニング」の3種類のアプリをWindows 10 Mobile 搭載のスマートフォンでも利用することが可能となりました。さらにContinuum**対応のWindows 10 Mobile搭載スマートフォンでは、3つのアプリをワイヤレスディスプレイアダプターを繋いだディスプレイやTVにワイヤレス接続するとPC同様の画面が表示され画面タッチで操作を行うことでPCタブレットのように利用することが可能です。

 Windows 10 MobileはWindowsベースで作られた既存システムとの親和性や、セキュリティの高さ、PCとモバイルのOSの二重管理の問題を回避できる点などを特長とし、情報システム管理における企業の運用メリットが非常に大きいこと等から、今後のビジネス需要が増えていくことが見込まれています。今回、「seap for Windows」ではWindows 10の特長である「UWP」の技術を取り入れて、PC・タブレットでもPhoneでも全く同じアプリが最適化されたUIで利用できるようアップデートを行いました。「seap for Windows」は、これまでにWindowsタブレットをビジネス活用する金融業、製造業、建設業、小売業、サービス業など幅広い業種の法人に導入されてきましたが、今回のアップデートによりWindows 10 Mobile搭載のスマートフォンで利用可能となったことで、スマートフォンでの利用を検討するより多くの法人ユーザーでの導入が期待されます。

 JMASおよびジェナは、「seap for Windows」がWindows 10 Mobile向けのビジネスアプリのスタンダードとなることを目指して参ります。

■エンドースメント■
本プレスリリースにあたり、日本マイクロソフト株式会社様より以下のエンドースメントをいただいております。

——————————————————————————————————————————-
 ジェナ様、ジェーエムエーシステムズ様のWindows 10向けビジネスアプリ ” seap for Windows ” のUniversal Windows Platform(UWP)対応版のリリースを心より歓迎いたします。
 Windows 10 Mobileの利用は企業における情報システム管理の点で、高いセキュリティと、OSの二重管理の問題を解決します。さらにContinuum*機能を利用する事で、スマートフォンをPCタブレットのように利用することが出来、外出先での情報閲覧や移動時間の学習などビジネスにおける活用シーンを飛躍的に拡大することが期待できます。
 今後も日本マイクロソフトはジェナ様、ジェーエムエーシステムズ様との協業を通じ、企業のワークスタイルの変革に貢献してまいります。

日本マイクロソフト株式会社
執行役 デベロッパー エバンジェリズム統括本部長
伊藤 かつら
——————————————————————————————————————————-

■seap for Windowsについて
 Windows 8.1 / 10 / 10 Mobile のOSを搭載したタブレット・スマートフォンをビジネス活用するためのアプリで、ビジネスでニーズの高いカタログアプリ、アンケートアプリ、ラーニングアプリの3つの業務アプリを、1ユーザーあたり月額500円の利用料、1社あたり10GBの標準ストレージを提供するクラウドソリューションです。Windows版より先行して2012年にリリースしたiOS版のseapでは、大手法人を中心に現在50,000台以上のiPadでの導入実績があります。
 URL: http://www.seap-windows.com

■サービスの5つの特長
 1.  1ユーザー月額わずか500円、初期費用ゼロのクラウドソリューション
 2. 「カタログ」「アンケート」「ラーニング」の3種類のアプリがオールインワン
 3.  ブラウザ画面上で簡単に業務アプリのコンテンツが作成・編集可能
 4.  Windows 10 Mobile、Windowsタブレットのタッチスクリーンに最適設計されたUI/UX
 5.  1社あたり10GBと大容量の標準ストレージ