60台のロボットがグリッド上を縦横無尽に走行し、商品の入ったコンテナを入出庫

PDF リリース全文
(1,123KB)

2016年3月11日

ロボットストレージシステム「AutoStore(オートストア)」国内初納入

2016年3月11日

株式会社 岡村製作所

ロボットストレージシステム「AutoStore(オートストア)」国内初納入
ーニトリグループの物流を担う 株式会社ホームロジスティクス様の通販センターで2月より稼動ー

株式会社 岡村製作所(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:中村 雅行)は、ノルウェー Jakob Hatteland Computer社と提携し販売を行っているロボットストレージシステム「AutoStore(オートストア)」を、株式会社ホームロジスティクス様の通販センター(神奈川県川崎市)に2016年1月に納入し、2月より稼動しました。
「AutoStore」は、全世界の様々な業種・業態で既に100以上のシステムが採用されており、今回日本国内では初めての納入となります。
株式会社ホームロジスティクス様は、家具・インテリア雑貨を扱うニトリグループの物流会社。今後の通信販売事業の拡大、取扱アイテム・物量の増大、人手不足などに対応するために「AutoStore(オートストア)」を導入。導入後初の繁忙期を目前に控え、1日当たり50名の省人化が可能と想定しています。

■「AutoStore(オートストア)」の特徴
「AutoStore」は、グリッド上のロボットが高密度に収納されたコンテナの入出庫を行う次世代ロボットストレージシステムです。コンテナを隙間なく積み上げて収納できるので、一般的なスタッカークレーン式自動倉庫の約2倍、平置き棚の約3倍の収納力があります。
出庫は、グリッド上のロボットが縦横無尽に走行し、目的のコンテナを吊り上げ、ポート(ピッキングステーション)へ自動搬送します。ピッキングが定位置で行えるため、作業者の負担が少なく、ミスのない効率的なピッキングを実現します。
また、ロボットやグリッドを追加するだけでシステムの拡張、能力アップに対応できます。

AutoStore製品紹介動画サイト
https://www.youtube.com/watch?v=2SicB_RGCYc&feature=youtu.be

■ホームロジスティクス様 通販センターにおける 導入効果(想定)
●作業効率(生産性)3.75倍向上
 以前は作業者が紙の指示書に従い庫内を歩き回って棚から商品をピッキングしていましたが、「AutoStore」導入により、商品がピッキングステーションに次々と自動で運ばれてくるため、作業者の負担・ミスを軽減でき、作業効率が大幅にアップします。
●在庫面積40%削減
 通路スペースの削減、上部空間の活用で高密度に保管でき、省スペース化と在庫保管能力の向上を実現します。
●自由な拡張性
 今後の取扱アイテム・物量の増加や能力増強に対して、稼働を止めることなくコンテナやロボットを増設することで、柔軟な対応が可能です。