2016年3月11日

アエロフロート

アエロフロート・グループ、2015年に欧州の大手航空会社の中で2番目に高い営業利益率を達成

アエロフロート・グループ、2015年に欧州の大手航空会社の中で2番目に高い営業利益率を達成

AsiaNet 63741 (0321)

【モスクワ2016年3月10日PR Newswire=共同通信JBN】アエロフロート・グループ(Aeroflot Group)は、2015年の営業利益が441億700万ロシア・ルーブル、営業利益率が10.6%となり、欧州の大手航空会社グループの中で2番目に高い営業利益率を達成したと発表した。

(Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20150115/724686

2015年はまた、アエロフロート・グループの基幹航空会社、アエロフロート・ロシア航空(Aeroflot – Russian Airlines)が業界の旅客輸送の主要評価基準である有償旅客キロ数(RPKs)において欧州で5番目に大きな航空会社となった。Airline Business誌によると、アエロフロート・ロシア航空の2015年のRPKsは、欧州平均の5.4%に比べ2倍以上の10.4%増加した。

アエロフロートは、ロシアにとって景気が後退し、実質賃金と消費者支出は著しく低下するという厳しい経済環境にもかかわらず、欧州のランキングで上昇している。

同グループは、全ての市場部門で商機を得られるようにしたマルチブランド戦略、安全性および顧客サービスの優越性に対する高い評価、国内外の同業者の撤退のおかげで成功している。

権威ある業界研究グループ、CAPA Centre for Aviationによると、上場されている欧州の大手航空会社の中で、アエロフロート・グループの10.6%の営業利益率は、アイスランド航空の次になるだけであり、ブリティッシュ・エアウェイズの親会社IAGよりも上となった。同年に2桁の営業利益率を計上した欧州の大手航空会社は、これら3社のみであった。

CAPAは、2025年までに世界の航空会社トップ20および欧州のトップ5に入るというアエロフロート・グループのStrategy 2025の目標に言及した上で、RPKsと売上高に基づいて「アエロフロートは長期目標を達成する状態にうまく置かれている」と指摘した。

アエロフロート・グループの旅客数は13%増加しており、その最大の貢献者は、2014年後半に運航を開始した同グループの格安航空子会社、ポベーダ(Pobeda)であった。ポベーダは2015年、主に国内市場で310万人の旅客を輸送する一方で、このほど、モスクワとケルン・ボン、ブラチスラバ、メミンゲン、ミラノを結ぶ初の国際線の運航を開始している。

ソース:Aeroflot


Aeroflot Group Second Highest Operating Margin Among Legacy European Carriers in 2015

PR63741

MOSCOW, Mar. 10, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ —

Aeroflot Group reported the second-highest operating margin among legacy
European airline groups in 2015, with an operating margin of 10.6% on operating
profit of RUB 44,107 million.

(Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20150115/724686 )

Also for 2015, Aeroflot Group’s flagship airline, Aeroflot – Russian Airlines,
was the fifth-largest airline in Europe by Revenue Passenger Kilometers (RPKs),
the industry’s main measure of passenger traffic. Aeroflot – Russian Airlines’
RPKs increased 10.4% in 2015, more than twice as fast as the European average
of 5.1%, according to Airline Business magazine.

Aeroflot’s rise in the European rankings comes despite a challenging economic
environment for Russia, with the economy in recession and real wages and
consumer spending down markedly.

The Group is succeeding thanks to a multi-brand strategy that allows it to
capture business across all market segments, a reputation for safety and
customer service excellence and the retreat of international and domestic peers.

Among listed European legacy airlines, Aeroflot Group’s 10.6% operating margin
placed it behind only Icelandair, and ahead of British Airways parent IAG,
according to authoritative industry research group CAPA Centre for Aviation.
These three airlines were the only legacy European carriers to post
double-digit operating margins for the year.

Noting Aeroflot Group’s Strategy 2025 ambitions to be among the world’s top 20
airlines and Europe’s top five by 2025, based on RPKs and revenue CAPA noted,
"Aeroflot is well placed to achieve long term goals."

The biggest contributor to Aeroflot Group’s 13% rise in passenger numbers was
its low cost subsidiary Pobeda, which launched in late 2014. Pobeda delivered
2015 traffic of 3.1 million passengers, mainly in the domestic market, while
the airline has also recently launched its first international routes from
Moscow to Cologne/Bonn, Bratislava, Memmingen and Milan.

SOURCE: Aeroflot