中村 祐輔教授

PDF リリース全文
(486KB)

2016年3月3日

中村 祐輔教授による特別講演会「ひとりひとりに優しい最新のがん治療」を開催

2016年3月3日

横浜薬科大学

中村祐輔教授 特別講演会「ひとりひとりに優しい最新のがん治療」を開催   【 横浜薬科大学 】

 横浜薬科大学(学長:江崎 玲於奈 神奈川県横浜市)は、この度、がん治療におけるゲノム研究の第一線で活躍されている、中村 祐輔先生を講師とした特別講演会を3月17日に開催します。
医療は飛躍的な進歩を遂げ、多くの薬剤の開発により、多くの病気が治療可能となってきました。現在では、ゲノム研究が進み、「必要な薬剤を必要な量だけ、必要な患者さんに投与する」予測医療(オーダーメイド医療)が実現しつつあります。
本講演では、「患者さんに優しいオーダーメイド医療」という演題で、がんについての最新治療をわかりやすく紹介します。

【開催日時】 平成28年3月17日(木) 13:00~14:30 (受付 12:30)
【会  場】 横浜薬科大学 Leo Esaki 記念ホール(横浜市戸塚区俣野町601)
【後  援】 横浜市医療局、(一社)横浜市薬剤師会
【定  員】 500名(先着順)
【対  象】 一般の方、医師・薬剤師等医療関係者等
【申込方法】一般公開(無料)です。ネット申込又はFAXにて受付けています。
 詳細は、ホームページ(http://www.hamayaku.jp)の案内をご覧ください。

【演者紹介】
中村 祐輔(なかむら ゆうすけ):元 東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター長、国立がん研究センター研究所所長、理化学研究所ゲノム医科学研究センター長、内閣官房参与・内閣官房医療イノベーション推進室室長等を経て、現在、シカゴ大学医学部内科・外科 教授、および個別化医療センター副センター長。