2016年3月2日

エネルギーネット

地域の参加者が集結する中、ギガワット・モザンビークが南部アフリカ開発の中心に

地域の参加者が集結する中、ギガワット・モザンビークが南部アフリカ開発の中心に

AsiaNet 63625

ロンドン(英国)、2016年3月2日/PRニュースワイヤー/ —

ギガワット・モザンビークは今週、スタンダード銀行や世界銀行を始め多くのステークホルダーと共にモザンビークの電力部門への2億ドルの投資を発表しました。

     (写真:http://photos.prnewswire.com/prnh/20160229/338680

この投資は、南部アフリカ地域の多数の近隣国にさらに利益をもたらす、モザンビークの天然ガス資源を利用する助けとなります。

これは、SADC地域の他のいくつかのプロジェクトと共に、2016年5月4日~6日にモザンビーク、マプトでエネルギーネット(EnergyNet)が開催する次回の南部アフリカ・エネルギー・インフラストラクチャー・サミット(SAEIS)で提案、討議されます。同サミットは地域の協力を記念し、実現のためには民間、公共両セクターの支援が必要なエネルギーとインフラのプロジェクトを推進するものです。

エネルギーネットの東南アフリカ地域責任者、ベロニカ・ボルトン=スミスは、「地域開発はアフリカのエネルギー投資収益力を解き明かす手がかりです。投資の必要な当面のインフラとエネルギープロジェクトについて討議するため、SAEISにSADC地域の国々が集まるのです」とコメントしました。

この活気ある地域は近年、エネルギーとインフラ双方の開発で前向きな動きを数多く経験しました。ガバナンス、制度構築、民主的統合は、長期投資家たちが求める明るい指標の要因です。

サミットでは、南部アフリカのサクセス・ストーリーを検証し、どのようにまねできるかを探ります。南部アフリカは地元の民間セクターが率いる取り組みと、SAEISで検証予定の取り組み、画期的なREIPPPPプログラムのような心躍るプロジェクトに多数が参加するのを目の当たりにしてきました。

サミットではまた、マラウイ-モザンビーク間を走るモアティーズ/ナカラ鉄道プロジェクトに関わる主要ステークホルダーから話を聞きます。これは南部アフリカおよび同地域への投資収益力を見直すインフラ・プロジェクトです。

この会議の詳細は、下記にお問い合わせください。

Patti Carbonell
patricia.carbonell@energynet.co.uk
+44(0)20-7384-8891
またはhttp://www.southern-africa-summit.com/ にアクセス
開催日:5月4日~6日
場所:モザンビーク マプト

情報源:エネルギーネット


(日本語リリース:クライアント提供)



Mozambique at the Heart of Southern African Development as Regional Players Gather

PR63625

LONDON, Mar. 2, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ —

     Gigawatt Mozambique announced this week a $200-million investment into
Mozambique’s power sector, alongside several global stakeholders including
Standard Bank and the World Bank, amongst many others.

(Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20160229/338680 )

    The investment will assist in harnessing Mozambique’s natural-gas
resources, which will further benefit many of Mozambique’s neighbours in the
southern Africa region.

    This – along with several other projects in the SADC region – will be
presented and discussed at EnergyNet’s upcoming Southern Africa Energy and
Infrastructure Summit (SAEIS), taking place in Maputo, Mozambique 4-6th May
2016.  The summit will celebrate regional co-operation, and promote energy and
infrastructure projects that require both private- and public-sector support in
order to be realised.

    EnergyNet’s Regional Director for East and Southern Africa Veronica
Bolton-Smith commented that ‘regional development is the key to unlocking
Africa’s energy investment potential – SAEIS will bring together countries from
the SADC region to discuss live infrastructure and energy projects which
require investment’.

    This vibrant region has experienced many positive developments in recent
years, both in energy and infrastructure development. Progress in governance,
institution-building and democratic consolidation are contributing factors to
the positive indicators that long-term investors seek.

    The Summit will explore some of southern Africa’s success stories, and how
these can be replicated. Southern Africa has witnessed local private-sector led
initiatives, and wider participation in exciting projects such as South
Africa’s ground breaking REIPPPP programme – an initiative which will be
explored at the SAEIS.

    The Summit will also hear from key stakeholders participating in the
Moatize/Nacala railway project, which will run between Malawi and Mozambique:
an infrastructure project set to re-define southern Africa and its investment
potential.

    For more information about this meeting: Contact Patti Carbonell at
patricia.carbonell@energynet.co.uk +44(0)20-7384-8891

    Visit http://www.southern-africa-summit.com Event dates: 4 – 6 May
Location: Maputo, Mozambique

SOURCE: EnergyNet Limited