2016年3月1日

Seraphim Solar

SERAPHIMは高出力モジュール「日食(Eclipse)」を発売

SERAPHIMは高出力モジュール「日食(Eclipse)」を発売

AsiaNet 63580

    ジャクソン・ミシシッピ、2016年3月1日、業界の先頭に立つソーラーモジュールメーカーSeraphim Solar USA Manufacturing(略「SERAPHIM」)は、高出力ソーラーモジュール「Eclipse Module」を発売すると発表します。新製品は2016 PV JAPAN展示会とEcobuildイギリス展示会に展示されます。

   従来の60直モジュールと違い、SERAPHIMが開発した高出力モジュール日食は革新な設計と独特の製造技術を採用しました。日食シリーズ単結晶モジュール(従来の60直単結晶に相当)の出力は310Wで、モジュール変換率は19.1%に至ります。日食シリーズ多結晶モジュール(従来の60直多結晶に相当)の出力は290Wで、モジュール変換率は17.1%に至ります。

   Seraphim日食(Eclipse)シリーズモジュールは、セル設計の最適化と新たな製造技術により、メインバスバーをなくした同時に、セルの受光面積を有効的に増やしました。この設計は、最大限に太陽光を吸収し、より多くの発電を実現しました。

    従来のモジュールは、セル間をリボンで連結する構造を採用しています。大量のリボンの使用によって、モジュール内部のロスが増え、モジュールの変換率が低下します。一方、各セルの差異が直列で生じた逆電流はモジュールに影響を与え、ホットスポットが発生しやすくなります。弊社のイクリップスの設計は、バスバーをなくし、新たな電気設計を導入しました。この設計により、モジュール内部のロスが減少して、出力をアップさせ、同時にホットスポットの発生率を大幅に抑えることができました。例えば同じ条件下で、イクリップスの発熱量は従来のモジュールの半分で、ホットスポット発生リスクが大幅に低下しました。

    試験の結果により、日食(Eclipse)の出力は通常のモジュールに比べて15%増加しました。同じ容量の太陽光発電所においては、日食を採用末れ、設置面積が8%減らします。これによって、人件費と設置コストも下げられます。同じ設置面積の中、Eclipseの高変換率によって、売電の収益が大きに増加します。高い収益を実現すると同時に、その完璧な外観はより美しい景色を創出します。

    Seraphimの総経理李綱氏はEclipse技術に対してこのように述べます。 “現在の市場では、様々な高効率セル技術があります。日食の新技術と製造は既存高出力セルを利用して、モジュールの変換率を上げます。通常のセルを使用すれば、日食技術はモジュールの変換率を0.5%-1.5%向上させ、より高い変換率のセルを採用すれば、モジュールの変換率は4%もアップできます。”李綱氏はこの革新の技術は明るい将来性があると判断します。

    「新製品の開発を始めた頃、我々は完璧なモジュールが持つ全ての要素を考慮しました。モジュールの変換率、安定性、耐熱性、劣化、コストなど様々な面から、限界を挑戦し、最高の製品を定義し、各要素の最適化を追求してきました。」SERAPHIMグローバル執行CEO席軍涛は述べました。「日食は弊社今までの製品と完全に異なり、日食スローガン(Behind the Eclipse)の如く、全てのエネルギーは日食の裏にあります。」

    2016年に弊社のグローバル製造能力は1.8GWに至ります。巨大な製造能力の裏に、高品質製品への専念と技術革新への追求が潜めています。今回、弊社は世界トップレベルの設備メーカーと協力し、製造工程から技術までソーラーモジュールを改めて定義しました。革新という精神を元に、特許を持つ斬新な製造工程を開発しました。この製造工程はモジュールの変更率を大幅に向上させ、強めた安定性とPIDフリーを加えて、確実にソーラー発電のコストと収益の最適化を成し遂げます。住宅プロジェクト、商業施設屋上、および大型グランド発電所などの発電プロジェクトに適用します。

    SERAPHIMについて
    業界の先頭に立つソーラーモジュールメーカーとして、SERAPHIMはすでに中国に1.5GW、アメリカに300MWのモジュール工場を設立しました。グローバル製造能力は1.8GWに至ります。弊社の製品は住宅、商業施設、公共事業発電所などに適用します。それに、アメリカを始め、カナダ、ドイツ、イタリア、オーストラリア、日本、インドと中国などを含め、高品質製品は30ヶ国に使われています。SERAPHIMは世界各地のお客様に持続的なクリーンエネルギーの提供に努め、そして、地球の緑の未来に貢献し続けていきます。

    より詳しい情報はホームページへ:www.seraphim-energy.com
    メディア取材連絡先:info@seraphim-energy.com

(日本語リリース:クライアント提供)



Seraphim Solar Launches Higher Efficiency Module "Eclipse" Globally

PR63580

JACKSON, Miss., Mar. 1, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ —

   Seraphim Solar USA Manufacturing, Inc. (hereafter referred to as
"Seraphim"), is proud to introduce our new high efficiency module the "Eclipse"
to the global market. The product will be launched at PV Expo in Japan and
upcoming exhibitions, including Ecobuild UK in the coming week.

   With an innovative design compared to mainstream 60-cell modules, the
Eclipse series, high efficiency solar modules employ innovative module design,
and a unique production method. The Eclipse Mono (size is similar to a normal
60-cell module) achieves 310W output power and 19.1% solar energy conversion
efficiency. The Eclipse Poly (size is similar to a normal 60-cell module)
achieves 290W output power and 17.1% solar energy conversion efficiency.

   The Eclipse utilizes innovative technology to optimize the busbar and module
design.

   With the overall busbar-free design, the active working area of the module
is enlarged, so as to convert more electricity from sunlight to the maximum
extent possible. The Eclipse’s generates 50% calorific effect compared to
traditional modules, which largely reduces hot spot effects and guarantees
continuous electricity generation.

   Tests show that the Eclipse generates 15% more output than conventional
modules.

   For same size power installations, the Eclipse will save 8% floor space,
less labor and BOS cost, and ultimately provide more income to customers.

   Seraphim’s General Manager Polaris Li is very confident in Eclipse. "This
new technology and design work together to increase overall power output. Using
normal cells, the Eclipse increases the conversion rate by 0.5%-4%."

   "When we began work on the on this new solar module, we considered every
element that defines a perfect solar module – performance, reliability, heat
resistance, PID, price and so on. We then challenged ourselves to find the
best, the most forward-looking way possible," said Global Executive General
Manager Justin Xi. "Eclipse is radically different from anything before it. As
the slogan says – What you want, is all Behind the Eclipse."

   About Seraphim

   As a leading PV product provider, Seraphim has a global capacity of 1.8GW
(1.5GW in Changzhou, China and 300MW in the USA). At present, Seraphim products
have been widely applied in 30 countries. Seraphim is dedicated to providing
sustainable clean energy solutions for customers with long term high yield
environmental impact.

   For more information, please visit: www.seraphim-energy.com

   For interview, please contact: info@seraphim-energy.com

   SOURCE: Seraphim Solar