BC事業継続読本

PDF リリース全文
(642KB)

2016年2月29日

「BC(事業継続)読本 ~事例で、マンガで、BCPを解説~」配付開始

2016年2月29日

東京商工会議所

<“マンガ”で、BCPを分かりやすく学べる冊子を作成>
「BC(事業継続)読本 ~事例で、マンガで、BCPを解説~」配付開始
~BCPに取り組んでいる企業4社(宮城、東京 江東・世田谷、岡山)の事例を紹介~

 東京商工会議所江東支部(会長:網代良太郎・江東信用組合理事名誉会長)は、BCP(事業継続計画)をマンガでわかりやすく解説した冊子「BC(事業継続)読本」をはじめて発行し、このたび、配付を開始しましたのでお知らせします。

 江東区は低地帯・デルタ地帯・埋立地で、荒川の氾濫による浸水被害や地震による液状化被害などが想定されるロケーションであり、立地する企業にとってBCP計画を策定しておくことが重要です。しかし、中小企業は経営資源に余裕が無く、非日常への備えが遅れている企業もあるのが現状です。そこで、東日本大震災から5年が経つことを機に、あらためてBCPに取り組んでいただくため、①経営者、担当者のみならず広く一般社員の方にもBCPへの関心を持っていただくこと、②BCPは通常の経営戦略の一環であることに気づいていただくことに的を絞って冊子を作成しました。

 本冊子は、実際にBCPに取り組んでいる企業の事例をマンガで「見える化」し、一般社員の方にもBCPに親しみをもって知っていただけるよう工夫しました。また、BCPに取り組んでいる中小企業が、限られた経営資源の中でどのような工夫をして取り組んでいるのかをわかりやすく紹介しており、経営者の方にも関心を持ってご覧いただけることと思います。BCPの運用には全社員の参画が重要であり、BCPに取り組む際の下地作りに役立てていただくことを期待しています。

■冊子名  「事例で、マンガで、BCPを解説!
      BC(事業継続)読本~どんなことが起きても会社が生き残るために~」

■発 行   東京商工会議所江東支部
      平成28年1月末発行、2月末に区内事業所へ配布(無料)
       ※HPでも公開 https://www.tokyo-cci.or.jp/koto/                 

■仕 様   A4版 全44ページ(発行部数:約2,000部)

■内 容  ○事業を継続させるための明確な指針 それがBCP
      ○BCP立案上での具体的な継続戦略
      ○BCP事例紹介(マンガ)
       鈴木工業(株)(宮城県・リサイクル業)
         東日本大震災で被災しながらもBCPで早期復旧を実現
       結城運輸倉庫(株)(東京都江東区・運輸業)
         原点をいつまでも忘れずに 社員の心をひとつにしてBCPを策定
      (株)賀陽技研(岡山県・製造業)
         小規模製造業の企業経営における成長戦略としてのBCP
       イッツ・コミュニケーションズ(株)(東京都世田谷区・ケーブルテレビ局)
         何があっても生き残るために BCPを企業文化に
      ○防災計画とBCPの違いを理解する

【お問い合わせ先】東京商工会議所江東支部 TEL:03-3699-6111