2016年2月25日

ファーウェイ

ファーウェイとドイツテレコムが5G E2Eネットワーク・スライシング技術をデモ

ファーウェイとドイツテレコムが5G E2Eネットワーク・スライシング技術をデモ

AsiaNet 63537 (0240)

【バルセロナ(スペイン)2016年2月23日PR Newswire=共同通信JBN】ファーウェイ(Huawei、華偽技術)とドイツテレコム(Deutsche Telekom)はバルセロナのワールド・モバイル・コングレス(MWC)開幕日、世界初の5G E2Eネットワーク・スライシングをデモした。合同デモはドイツのボンにあるドイツテレコムの5G:hausラボが実施したもので、ネットワーク・スライシング・テクノロジーの立証を目的としている。このテクノロジーは、それぞれのアプリケーション・シナリオの要求に応じて、将来の多様な5Gアプリケーションに向けて適応性が高く効率的なネットワーク・スライスをつくることができる。

ファーウェイのサービス中心設計概念に基づく5G E2Eネットワーク・スライシングの導入は、基本的なコアネットワーク・モジュール化とコントロールプレーン/ユーザープレーン分割を通じたエンドツーエンドのネットワーク・スライシングを可能にするように設計されている。コアネットワークとRANインターフェースは真のエンドツーエンド・ネットワーク・スライシングをサポートするよう特化、実装されている。スライス寿命管理とスライス監視のため、RANとCN双方のスライスマネジャーが設けられた。

合同デモは「ひとつの物理的ネットワークによる多数の業界サービス」という革新、5Gネットワーク構造の適応性と効率性の見通しを示した。それは大手パートナーとのビジネス協力成功で主要イネーブラーのひとつである。

Huawei Wireless Networkのプレジデント、デービッド・ワン氏は「ファーウェイは5Gの主要な実現テクノロジーに対する驚異的な革新努力に投資している。5Gネットワーク・スライシングによって統一された物理的ネットワークインフラは、モバイルブロードバンド、垂直部門を含む多様な業界サービスをサポートできる。われわれは顧客のために、先進的な革新テクノロジーを最高のユーザー体験に転換する努力をさらにささげたい」と語った。

ドイツテレコムの最高技術責任者(CTO)、ブルーノ・ヤコブフォイアボルン氏は「ネットワーク・スライシングは、融通性に優れたネットワーク特性の有効な実現可能性を提供する5Gを想定している。それはさまざまな業界にコネクトするとともに、顧客が求める大量モバイルブロードバンド型コネクティビティーを必要とする。われわれは、このような機能が異なる利用例のオンデマンド・ネットワークサービスとして提供されることを示す」と付け加えた。

ドイツテレコムとファーウェイは協力して、無線インターフェースやネットワーク・アーキテクチャーを含む5Gシステム・テクノロジーの革新と試験にあたった。ファーウェイは6年に及ぶ5Gの R&Dのおかげで、豊かな研究・実地試験経験を積み上げた。ファーウェイは業界のさらに多くのパートナーとチームを組み、新興5Gエコシステムを構築して5Gの開発を推し進める。

MWC 2016はスペインのバルセロナで2月22日から25日まで開催。ファーウェイは最新の製品とソリューションをFira Gran Via Hall 1および Hall 3で展示中。詳細はhttp://www.huawei.com/en/mwc2016 を参照。

▽ファーウェイ(Huawei、華偽技術)について
ファーウェイは世界をリードする情報通信技術(ICT)ソリューション・プロバイダーである。当社の目的は、責任ある企業市民、情報社会の革新的なイネーブラー、業界に協力的な貢献者の役割を果たし、より優れたコネクテッドワールドを構築することで、生活を豊かにして効率を上げることである。消費者重視の革新とオープン・パートナーシップを基本に、ファーウェイはエンドツーエンドのICTソリューション・ポートフォリオを確立した。これは顧客に通信および企業のネットワーク、デバイス、クラウド・コンピューティングで競争上の優位性を与える。ファーウェイの世界の従業員17万人は通信事業者、企業、消費者の最大価値を生み出すよう努めている。当社の革新的なICTソリューション、製品、サービスは170を超える国・地域で使用され、世界人口の3分の1以上にサービスを提供している。1987年に創設されたファーウェイは従業員が全株式を保有する非上場企業である。

詳細はウェブサイトwww.huawei.com あるいは以下を参照。
http://www.linkedin.com/company/huawei
http://www.twitter.com/Huawei
http://www.facebook.com/Huawei
http://www.google.com/+Huawei
http://www.youtube.com/Huawei

ファーウェイ:Open ROADS to a Better Connected World(よりよいコネクテッドワールドへのオープンROADS)

2016年モバイル・ワールド・コングレスにおけるファーウェイのテーマ「Open ROADS to a Better Connected World」は、ウィンウィン成果をもたらすオープンかつ協力的な産業エコシステムを通じてICTを前進させるファーウェイのコア戦略に基づいている。将来、世界は人と人、人とモノ、モノとモノの接続、相互作用、協調により全面的につながり、それが通信事業者に挑戦と機会をもたらす新たなデジタルビジネス環境を駆動する。ファーウェイの究極的なユーザー体験の基準は「ROADS」である。それは「Real-time, On-demand, All-online, DIY and Social(リアルタイム、オンデマンド、オールオンライン、DIY、ソーシャル)」という意味である。ファーウェイは主要なテクノロジー製品、ソリューションとともに、通信事業者と協力して魅力的なROADS体験を提供し、よりよいコネクテッドワールドを共同構築する将来保証の戦略的転換を実行する。

ソース:Huawei


Huawei and Deutsche Telekom Demonstrate 5G E2E Network Slicing Technology

PR63537

BARCELONA, Spain, Feb. 23, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ —

Huawei and Deutsche Telekom showed world’s first 5G E2E network slicing demo on
the opening day of Mobile World Congress in Barcelona. The joint demo was
conducted in Deutsche Telekom’s 5G:haus lab based in Bonn, Germany, and aims to
validate network slicing technology, which can create network slice on demand
in each given application scenario with high flexibility and efficiency for the
future-coming diversity 5G applications.

The 5G E2E network slicing implementation, based on Huawei’s service oriented
architecture, has been designed to enable end-to-end network slicing through
basic core network modularization and control plane/user plane separation. The
core network and RAN interface are specified and implemented to support real
end-to-end network slicing. For slice lifecycle management and slice
monitoring, a slice manager to both the RAN and CN has been produced.

The joint demo shows the potential of the innovation of "one physical network,
multiple industry service" and the flexibility and efficiency of 5G network
architecture, which is one of the key enablers of business’ successful
collaboration with leading partners.

"Huawei is investing in tremendous innovation efforts into 5G key enabling
technology," said David Wang, president of Huawei Wireless Network. "5G network
slicing can enable a unified physical network infrastructure to support
multiple industry services, including mobile broadband and vertical sectors. We
will devote more effort to transforming the advanced innovation technologies
into the best user experience for our customers."

"Network Slicing is envisioned for 5G in order to provide an efficient
enablement of the highly versatile network characteristics that will be
required to connect different industries, as well as the mass mobile
broadband-like connectivity that our customers will demand," adds Bruno
Jacobfeuerborn, Chief Technology Officer, Deutsche Telekom. "We show that these
capabilities can be provided as on-demand network services for diverging use
cases."

Deutsche Telekom and Huawei collaborate in joint innovation and testing 5G
system technologies, including air-interface and network architecture. Due to
its 6 years of experience on 5G R&D, Huawei has achieved a wealth of experience
in research and field tests. Huawei will team up with more partners in the
industry to build the emerging 5G ecosystem and push forward the development of
5G.

MWC 2016 takes place in Barcelona, Spain from February 22 to 25. Huawei will
showcase its latest products and solutions at Fira Gran Via Hall 1 and Hall 3.
For more details, please visit: http://www.huawei.com/en/mwc2016

About Huawei

Huawei is a leading global information and communications technology (ICT)
solutions provider. Our aim is to enrich life and improve efficiency through a
better connected world, acting as a responsible corporate citizen, innovative
enabler for the information society, and collaborative contributor to the
industry. Driven by customer-centric innovation and open partnerships, Huawei
has established an end-to-end ICT solutions portfolio that gives customers
competitive advantages in telecom and enterprise networks, devices and cloud
computing. Huawei’s 170,000 employees worldwide are committed to creating
maximum value for telecom operators, enterprises and consumers. Our innovative
ICT solutions, products and services are used in more than 170 countries and
regions, serving over one-third of the world’s population. Founded in 1987,
Huawei is a private company fully owned by its employees.

For more information, please visit Huawei online at www.huawei.com or follow us
on:
http://www.linkedin.com/company/huawei
http://www.twitter.com/Huawei
http://www.facebook.com/Huawei
http://www.google.com/+Huawei
http://www.youtube.com/Huawei

HUAWEI: Open ROADS to a Better Connected World

Huawei’s theme of "Open ROADS to a Better Connected World" at Mobile World
Congress 2016 is based on Huawei’s core strategy of advancing ICT through
building open, collaborative industry ecosystems that generate win-win
outcomes. In the future, the world will be fully connected with
people-to-people, people-to-objects and objects-to-objects connections,
interactions and coordination, and this will drive a new digital business
environment creating challenges and opportunities for telecom carriers.
Huawei’s standard for the ultimate user experience is ROADS which means:
Real-time, On-demand, All-online, DIY and Social. With its leading technology
products and solutions, Huawei is working together with carriers to deliver an
engaging ROADS experience and implement future-proof strategic transformation
to jointly build a Better Connected World.

SOURCE  Huawei