2016年2月24日

フィラ・デ・バルセロナ

アジアの企業・貿易のプロがアリメンタリア2016でプレゼンスを増大

アジアの企業・貿易のプロがアリメンタリア2016でプレゼンスを増大

AsiaNet 63546

バルセロナ

来たる4月25~28日までフィラ・デ・バルセロナで開催される世界最大級の食品・飲料見本市、アリメンタリア(Alimentaria)にアジアの280以上の企業が参加します。またアリメンタリアには中国、日本、東南アジアを中心とするアジアから、スペイン市場や他のヨーロッパ諸国との新たなビジネスの架け橋になろうという6千人以上の来場者が見込まれています。ショーの出店者数と来場者に関して、この数字はアジアが欧州連合に次いで2番目に大きい地理的領域であることを示しています。

出展123社の中国は、シノ・コーヒーマシン・マニファクチャリング、中展海外展覧有限公司、アモイ・ケンジョ―食品会社、全国農業展覧館(NAEC)、中国国際貿易促進委員会(CCPIT)などの企業・機関のほか、アジア諸国の中で最も出展の多い国となります。アリメンタリアには韓国、インドネシア、日本、ベトナム、タイ、台湾、イラン、アラブ首長国連邦なども参加します。

今年のアジアからの来場者数は2014年に比べて5%増加し、貿易の専門家6千人を大きく上回ることが見込まれます。スペインの食品・飲料業界にとって、中国、香港、シンガポール、ベトナム、フィリピン、インドネシア、マレーシア、そして日本は食品貿易を促進、多様化させるにあったっての重要な市場です。

この点において、中国と香港には、特に肉部門における非常に大きな可能性があります。ワイン、蒸留酒、魚、肉の東南アジア諸国への輸出は、近年25%増加しています。いっぽう日本は、特に肉、ワイン、油などのスペイン製品の輸入が増加し続けています。

重要なバイヤーを呼び込むためアリメンタリアは、ショーで出展者と商談を予定する主要なアジアの輸入業者と販売業者100社以上に直接の招待状を送っています。派遣人数の多いのは、ゲストバイヤー62人の中国、タイ(18人)、台湾(12人)フィリピン(11人)、マレーシア(11人)などです。

来場者14万人以上、そのうち30%が外国からであり、70か国から4,000社を招いて行われるアリメンタリアは、自国製品の世界的認知度とプレゼンスが上昇中の、スペインの美食、食品、飲料をリードする展示会です。


(日本語リリース:クライアント提供)


Asian Companies and Trade Professionals Increase Their Presence at Alimentaria 2016

PR63546

BARCELONA, Feb. 24 /PRNewswire=KYODO JBN/ —

More than 280 Asian companies will be taking part in the forthcoming edition of
Alimentaria, one of the world’s biggest trade fairs for the food and drink
industry, which takes place at Fira de Barcelona from 25 to 28 April. At the
same time, Alimentaria expects to welcome more than 6,000 visitors from Asia,
mainly from China, Japan and Southeast Asia, looking to open new business
bridges with the Spanish market and other European countries. These figures put
Asia as the second largest geographical region in terms of the number of
exhibitors and visitors at the show, behind only the European Union.

With 123 exhibitors, China will be the Asian nation with the biggest
representation, with companies and institutions such as Cino Coffee Machine
MFG, CIEC Overseas Exhibition, Xiamen Kenjo Foods Company, National Agriculture
Exhibition Center (NAEC) and the China Council for the Promotion of
International Trade (CCPIT), amongst others. Alimentaria will also feature
companies from South Korea, Indonesia, Japan, Vietnam, Thailand, Taiwan, Iran
and the United Arab Emirates.

This year the number of Asian visitors is expected to rise by 5% compared to
2014, well in excess of 6,000 trade professionals. For the Spanish food and
drinks industry, China, Hong Kong, Singapore, Vietnam, Philippines, Indonesia,
Malaysia and Japan are key markets when it comes to promoting and diversifying
food exports.

In this respect, China and Hong Kong have tremendous potential, especially in
the meat sector. Exports of wine, spirits, fish and meat to Southeast Asian
countries have increased by 25% in recent years. Meanwhile, Japan continues to
increase its imports of Spanish products, especially meat, wine and oils.

To attract key buyers, Alimentaria is sending direct invitations to over 100
key Asian importers and distributors who will be holding business meetings with
exhibitors at the show. The biggest delegations are from China, with 62 guest
buyers, Thailand (18), Taiwan (12), Philippines (11) and Malaysia (11), amongst
others.

With more than 140,000 visitors, 30% of them international, and hosting some
4,000 companies from 70 different countries, Alimentaria is the leading
showcase for the gastronomy, food and drink of Spain, whose products are
enjoying increasing recognition and presence worldwide.

SOURCE: Fira de Barcelona