2016年2月23日

UBIMET GmbH

国連開発計画、UBIMETを発展途上国における気象業務・インフラ構築業者に決定

国連開発計画、UBIMETを発展途上国における気象業務・インフラ構築業者に決定

AsiaNet 63507

ウィーン、2016年2月23日/PRニュースワイヤー/ —

国連開発計画(UNDP)は、アフリカを中心とした発展途上国における国立気象業務向けに気象学的・水文学的早期警報システム用の機器やサービスを提供する業者として、入札手続きを経てUBIMIETを選びました。

国連の世界的な開発ネットワークとの長期契約のもと、UBIMETは発展途上国の国々が気象情報システムやサービスを設置し開発を進める支援を行うことになります。特に、UBIMETが選ばれたのは、雷検知・測候所ネットワーク、雷雨短期予測システムを供給し、気象予報、メンテナンス、トレーニング、ソフトウェアを提供する目的のためです。

国連開発計画(http://www.undp.org/content/undp/en/home.html )は、国家レベルで気候、災害リスク、エネルギーの問題を統括するため、170以上の国と地域で活動しています。レジリアンス構築およびリスク情報を活用した持続可能な開発の確実性に重点を置いています。気候変動と災害リスクへの暴露が、特に発展途上国にとっての課題となっています。自然災害は、農業、健康、エネルギー、水資源に影響を及ぼす可能性があります。

UNDPの人間開発報告書2014によると、2000年から2012年にかけて、主に発展途上国において、年間2億人以上が、特に洪水や干ばつのような自然災害の影響を受けています。気象と気候が災害リスクの大きな要因であることも、国連国際防災戦略事務局(UNISDR)の最近の調査でも強調されており、その中で過去20年間における主な災害の90%が洪水、暴風、熱波、干ばつなどの気象関連イベントが原因であることが示されています。

Michael Fassnauer博士は次のように述べています。「正確な気象情報は、自然災害に対する脆弱性を減らし、危機管理を向上する上で重要な役割を担います。UBIMETは、世界中に持続可能な開発を作り出す上での国連のパートナーとなり光栄です。」

2004年にオーストリアで設立された気象情報サービスUBIMETは、荒天警報のリーダー的存在です。世界中の気象データとインフラに取り組み、独自の数値予報モデルを管理し、三大陸において荒天情報センターを運営しています。

http://www.ubimet.com

メディアお問い合わせ先
UBIMET GmbH
企業マーケッティング責任者
Stefanie Normann-Birkholz
電話 +43-1-263-11-22-679
電子メール snormann@ubimet.com

ソース: UBIMET GmbH


(日本語リリース:クライアント提供)


UBIMET Selected by United Nations Development Programme to Build Meteorological Services and Infrastructure in Developing Countries

PR63507

VIENNA, Feb. 23 /PRNewswire=KYODO JBN/ —

    The United Nations Development Programme (UNDP) has in a tender procedure
selected UBIMET to provide equipment and services for meteorological and
hydrological early warning systems to national weather services in developing
countries with a focus on Africa.

    Under the Long Term Agreement with the United Nation’s global development
network, UBIMET will support countries to set-up and further develop weather
information systems and services. In particular, UBIMET was selected to supply
lightning detection and weather station networks, short-term forecast systems
for thunderstorms and to provide weather forecast services as well as
maintenance, training and software.

    The United Nations Development Programme
[http://www.undp.org/content/undp/en/home.html ] works in more than 170
countries to integrate issues of climate, disaster risk and energy at the
country level. It focuses on building resilience and ensuring that development
remains risk-informed and sustainable. A changing climate and exposure to
disaster risk present a challenge especially for developing countries. Natural
hazards can affect agriculture, health, energy and water resources.

    Between 2000 and 2012 more than 200 million people, most of them in
developing countries, were affected by natural disasters every year, especially
by floods and droughts, says the UNDP in its Human Development Report 2014.
That weather and climate are major drivers of disaster risk is also underlined
in a recent study from the United Nations Office for Disaster Risk Reduction
(UNISDR), which showed that over the last 20 years, 90 percent of major
disasters have been caused by floods, storms, heatwaves, droughts, and other
weather-related events.

    "Precise weather information plays a key role in reducing the vulnerability
to natural hazards and improving emergency management," says Dr Michael
Fassnauer. "UBIMET is honored to be a partner of the United Nations in creating
sustainable development around the globe."

    Weather service UBIMET, founded in 2004 in Austria, is a leader in severe
weather warnings. The company works with meteorological data and infrastructure
from around the world, runs a proprietary numerical weather model and operates
severe weather centers on three continents.

    http://www.ubimet.com

    Media Contact
    UBIMET GmbH
    Stefanie Normann-Birkholz
    Head of Corporate Marketing
    Phone +43-1-263-11-22-679
    E-Mail snormann@ubimet.com

SOURCE: UBIMET GmbH