PDF リリース全文
(191KB)

2016年2月18日

世界各国で展開する教育イニシアチブで「マックキーパー」ライセンス1,000ライセンスを無償提供!

2016年2月18日

クロムテック・アライアンス株式会社

クロムテック・アライアンス、
世界各国で展開する教育イニシアチブの一環として
「マックキーパー」ライセンス1,000ライセンスを無償提供!

MacOS向けセキュリティー・サービスを提供するクロムテック・アライアンス株式会社(Kromtech Alliance Corp./CEO:アレキサンダー・ケルニシュニウク/本社所在地:ドイツ・ケルン / 以下、クロムテック)は、2014年10月から実施しているMacOS向けセキュリティー・サービス「マックキーパー」の教育イニシアチブの一環として提供してきた同サービスの無償ライセンスが1,000に達したことを発表しました。ライセンスは、日本、ニュージーランド、インド、ペルー、ラトビア、そしてEU諸国の教育機関と世界各地の学生に無償で提供されました。

ライセンスの無償提供に加えて、これまでクロムテックは研修用ウェビナーを数回にわたって開催し、Macコンピューターの操作をより深く理解していただける場を提供してきました。昨年ではマックキーパーの専門家を講師に、9 回の生中継ウェビナーを開催し、世界中から2,000人を超える参加者を動員しました。

マックキーパーの広報担当であるボブ・ディアチェンコは、「クロムテックの専門技術者は、一般のMacユーザーが詳しい操作に精通していない点や、ネットサーフィンや勉強時のみMacを使用する点に注目しました。ウェビナーでは、個々のコンピュータースキル向上の手助けをしようと私たちのApple認定専門家がMacの操作におけるコツや裏技の数々をご紹介しました。この活動を通してMacへの理解が深まったとユーザーから多くの反響を得ています。今後もこれらの活動を通して、今までMacに詳しくなかった方にもより理解を深めていただく機会を継続的に生み出していきたいと考えています」と述べています。

2017年にはマックキーパー教育イニシアチブの次なるレベルアップを目指し、米国の大学機関とさらに密な協力体制を整えて学生に直接アプローチしていきます。テクノロジーを扱うことは簡単だと考える10代~20代のミレニアル世代のニーズをより深く理解するために、大学のキャンパスで新バージョンのマックキーパーのデモテストを行います。

クロムテックCEOのアレキサンダー・ケルニシュニウクは、「大学等のコンピューター室にあるすべてのMacに我々の無償ライセンスを取り入れてもらいたいと思っています。一台のコンピューターを維持するには、それ相応の時間と技術が必要です。コンピューター室にある20台のMacを20人の学生が使用すると、講師一人で各学生の動きを把握することには限りがあります。そこでマックキーパーの無償ライセンスをご利用いただき、各講師は用途やニーズに合わせてセキュリティーオプションを設定することで、学生から特定サイトへのアクセスを管理することが可能です。また、弊社の自動クリーンアップ機能をご利用いただければMacは常にメンテナンスが行き届き、最適な状態を保つことができます。マックキーパーの無償ライセンスには24時間サポート対応カスタマーサポートが備わっておりますので、Macに詳しくない講師や何かトラブルが起きた際にも安心してお問い合わせいただけます」と述べています。

無償ライセンス取得をご希望の方は、下記のフォームにご記入いただき、お申し込みください。
https://mackeeper.com/educational-licenses

◆マックキーパーについて
マックキーパーは2010年5月に発売されたMacOS向けのセキュリティー・サービスです。2014年3月にリリースされたマックキーパーは17種類の高度なMacユーティリティツールと Human Inside(スタッフによるヘルプ機能)を備えています。このサービスは、一般のカスタマーサポートやコールセンターモデルと異なり、技術担当者と24時間年中無休で直接連絡の取れる機能がソフトウェアインターフェースに組み込まれており、ユーザーはお客様サポートセンター等の電話番号やメールアドレスを調べることなく、サポートを受けることが可能です。マックキーパーについての詳しい情報は、http://www.mackeeper.jpをご覧ください。