2016年2月17日

ファーウェイ

ファーウェイが通信業界のデジタル変革に向けたイニシアチブ5件を発表

ファーウェイが通信業界のデジタル変革に向けたイニシアチブ5件を発表

AsiaNet 63438 (0194)

【ロンドン、北京2016年2月17日PR Newswire=共同通信JBN】
*堅固なエコシステム構築のためのオープン性、コラボレーション、成功の共有

ファーウェイ(Huawei、華為技術)は17日、通信業界のデジタル変革を加速する5つの「Big Initiatives(重要なイニシアチブ)」を発表した。ファーウェイはまた、コラボレーションを実現するオープン・プラットフォームを支援し、これによって通信業界で成功を共有することが可能となる。さらに、同社は4.5G、インターネット・オブ・シングス(IoT)、2K/4Kビデオ、Safe City向けの革新的なソリューションも発表した。Big Initiativesと革新的なソリューションは、業界内での広範なコラボレーションを通じてBetter Connected Worldを構築するというファーウェイの長期にわたるコミットメントを象徴している。

ファーウェイはビデオ業界市場が1000億ドル、エンタープライズ・クラウド市場が1兆ドルに伸びる可能性があると予測する。IoT接続数は10倍に上るとみられる。通信業界にとってかつてなかったチャンスが生じる。ファーウェイのBig Initiativesは、新しいチャンスを生み出すことを目指している。5つのBig Initiativesは、Big Video – Everywhere、Big IT – Enabling、Big Operation – Agile、Big Architecture – Elastic、Big Pipe – Ubiquitousである。

ファーウェイの執行役員兼最高戦略マーケティング責任者であるウィリアム・シュウ氏はロンドンで「デジタル変革は通信業界が成長するための新しいエンジンであり、その他の業界のイノベーションにも波及する。ファーウェイは引き続きプラットフォーム能力を全開して、キャリアがデジタル変革を加速するためにオープンでコラボレーティブ、かつ相互に利益がある業界エコシステムを構築することを支援していく」と語った。

ファーウェイはパートナーとともに、共有イノベーションのためのオープンな研究施設を開設し、新規サービスを速やかに商用利用できるように支援する。中国、欧州をはじめとする地域にある10カ所以上の研究施設には600以上のパートナーが集まった。ファーウェイは開発者のためにeSDKプラットフォームを構築し、柔軟かつ使い勝手のよい開発ツールおよびサポートサービスを提供している。同社は10億ドルのDeveloper Enablement Programを開始し、イノベーション実現環境を整えた。垂直業界のデジタル変革のために、ファーウェイはコンサルタントおよびソフトウエア・パートナーと協力し、業界専用のエコシステムを構築し、輸送、エネルギー、政府、金融などの業界に統合ソリューションを提供している。さらにファーウェイは、アップストリームおよびダウンストリームのパートナーとともにイノベーションを推進し、これらのパートナーが5G、SDN/NFV、デジタルオペレーションなど新たな通信業界のトレンドに適合することを支援している。

ファーウェイは、ビデオサービスのコンテンツを統合しイノベーションを実現する2K/4Kビデオ向けのオープンプラットフォーム・ソリューションを開発した。クラウドコンピューティングにおいては、ファーウェイは通信オペレーターと協力してクラウドサービスを提供することを最優先している。ファーウェイのクラウド戦略は、パートナーとともにオープンクラウド・エコシステムを共同で構築することである。ファーウェイは、PaaSおよび統合SaaSを実現するIaaSの構築に注力し、アプリケーション指向およびデータドリブンの高価値開発で同社のパートナーを支援する。

ファーウェイの執行役員兼製品&ソリューション担当プレジデントであるライアン・ディン氏は北京で「ファーウェイは一貫した戦略投資によって、中核事業に注力するとともにキャリアのデジタル変革支援にコミットしている。われわれは長期にわたる努力と忍耐によってブレークスルーを達成できると確信している」と語った。

ファーウェイは近く開催されるモバイル・ワールド・コングレス(MWC)で、同社の革新的な4.5G、IoT、Safe Cityソリューションなどを展示する。これらは世界の通信キャリアとエンタープライズがアジャイル・イノベーション、加速された変革、事業の成功を達成することを支援する。

4.5Gは最高1000Mbit/sのモバイル・ブロードバンドデータ転送速度を提供し、HDボイス、2K/4K HDビデオ、バーチャルリアリティー体験をどこでも利用できることを実現する。4.5Gはわれわれの生活をよりスマートにし、通信オペレーターが業界市場に進出することを支援するIoTも実現する。ファーウェイが今年のMWCで発表した主要製品の1つであるGigaRadioは4.5Gにとって極めて重要なテクノロジーである。GigaRadioは2016年には大規模に商用展開され、4.5Gの世界普及の加速に寄与する。

ファーウェイのIoTソリューションはスマートホームを現実化することによって、キャリアの家庭ブロードバンド・サービスのデジタル変革を促進する。ファーウェイのLTEベースのNarrow Broadband IoT(NB-IoT)テクノロジーによって、通信オペレーターはユビキタスな携帯電話IoTを提供することが可能となる。このテクノロジーはスマート・パーキング、物流追跡、スマートシティーにおいて新規の事業機会を生み出す。

ファーウェイのSafe Cityソリューションは、最新のIoTおよびモバイル・ブロードバンド(MBB)テクノロジーによって実現され、スマートでビデオを利用する都市向けのセキュリティーシステムを提供する。これらのシステムによって、政府および市当局は危機を防止し、緊急事態への対応を向上させることができる。ファーウェイのSafe Cityソリューションは30カ国余の100以上の都市に採用されている。

予測によると、2025年には40億の新たなブロードバンド・ユーザーが存在し、1000億以上のものがデジタル接続され、1人当たりのデータ消費は500倍以上に上ることになる。デジタルおよび物理的な世界は急速に融合しており、消費者は新しい規範としてROADS(Real-time、On-demand、All-online、DIY、Social)体験を要求している。

通信業界がROADS体験を提供し顧客の多様なニーズに応えるためには視野を広げ、パートナーへのパイプ、データ、サービスを開放して、デジタル変革のためのBig Initiativesを取り入れ補完的な提携関係でリソースを共有しなければならない。

ファーウェイは通信オペレーターおよびエンタープライズ顧客とともに、MWC 2016で通信業界におけるデジタル変革に関する貴重な洞察を紹介する。

MWC 2016は2月22日から25日まで、スペインのバルセロナで開催される。ファーウェイの展示ブースはFira Gran Via Hall 1とHall 3に開設される。詳細はウェブサイトhttp://www.huawei.com/en/mwc2016 を参照。

▽ファーウェイについて
ファーウェイは世界をリードする情報通信技術(ICT)ソリューション・プロバイダーである。同社の革新的なICTソリューション、製品、サービスは170以上の国・地域で使用され、世界の3分の1を超える人々にサービスを提供している。詳細はファーウェイのウェブサイトwww.huawei.com を参照。

ソース:Huawei


Huawei Unveils Five Initiatives for Digital Transformation in Telecom Industry

PR63438

LONDON and BEIJING, Feb. 17, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ —

–Openness, collaboration, and shared success for a robust ecosystem

Huawei today unveiled its five ‘Big Initiatives’ for the telecom industry to
accelerate its digital transformation. Huawei also endorsed open platforms to
enable collaboration so that shared success can be achieved in telecom
industry. In addition, the company announced innovative solutions for 4.5G,
Internet of Things (IoT), 2K/4K video, and Safe City. The Big Initiatives and
the innovative solutions represent Huawei’s long term commitment to building a
Better Connected World through extensive collaboration in the industry.

Huawei foresees a potential $100 billion video industry market and a $1
trillion enterprise cloud market. The number of IoT connections is expected to
grow 10-fold. There will be unprecedented opportunities for telecom operators.
Huawei’s Big Initiatives are designed to create new opportunities. The five Big
Initiatives are Big Video – Everywhere, Big IT – Enabling, Big Operation –
Agile, Big Architecture – Elastic, Big Pipe – Ubiquitous.

"Digital transformation is a new engine for telecom industry growth, and it
will also empower the innovation of other industries," said William Xu,
Executive Director of the Board and Chief Strategy Marketing Officer of Huawei,
in London, "Huawei will continue to open up platform capabilities to help
carriers to build an open, collaborative, and win-win industry ecosystem to
accelerate digital transformation."

With its partners, Huawei is setting up open labs for joint innovation, to
support rapid commercial use of new services. More than ten open labs across
China, Europe and other regions have brought together over 600 partners. For
developers, Huawei has built an eSDK platform delivering flexible and
easy-to-use development tools and support services. The company has also
launched a $1bn Developer Enablement Program to build a facilitating
environment for innovation. For the digital transformation of vertical
industries, Huawei is collaborating with consultants and software partners to
build industry-specific ecosystems so as to provide integrated solutions to
industries such as transportation, energy, government, and finance. Huawei is
also innovating with upstream and downstream partners to help them adapt to new
telecom trends such as 5G, SDN/NFV, and digital operations.

Huawei has developed open platform solutions for 2K/4K video, which aggregate
content and enable innovation in video services. In cloud computing, Huawei’s
priority is working with telecom operators to provide cloud services. Huawei’s
cloud strategy is to co-build an open cloud ecosystem with its partners: Huawei
will focus on building IaaS, enabling PaaS and aggregating SaaS, to empower our
partners in application oriented and data driven high value creation.

"Huawei focuses on its core businesses and is committed to empowering carriers’
digital transformation with continuous strategic investment. We believe
long-term focused efforts and perseverance will lead to breakthrough," said
Ryan Ding, Executive Director of the Board and President of Products &
Solutions of Huawei, in Beijing.

During the upcoming Mobile World Congress (MWC), Huawei will showcase its
innovative 4.5G, IoT, and Safe City solutions, etc., which can help global
telecom carriers and enterprises achieve agile innovation, accelerated
transformation, and business success in the digital era.

4.5G will deliver mobile broadband data rates of up to 1,000 Mbit/s, enabling
HD voice, 2K/4K HD video, and virtual reality experiences to be available
anywhere. 4.5G will also make possible the IoT, which will make our lives
smarter, and help telecom operators expand into industry markets. GigaRadio,
one of Huawei’s key products launched at this year’s MWC, is a crucial
technology for 4.5G. GigaRadio will be deployed commercially on a large scale
in 2016, and will help to accelerate the global adoption of 4.5G.

Huawei’s IoT solutions will drive the digital transformation of carriers’ home
broadband services by making the smart home a reality. Huawei’s LTE-based
Narrow Broadband IoT (NB-IoT) technology will enable telecom operators to
deliver ubiquitous, cellular IoT. This technology will spark new business
opportunities in smart metering, smart parking, logistics tracking, and smart
cities.

Huawei’s Safe City solutions are powered by the latest IoT and mobile broadband
(MBB) technologies to deliver smart, video-based security systems for cities.
These systems enable governments and municipal authorities to prevent crises
and improve their response to emergencies. To date, Huawei’s Safe City
solutions have been deployed in over 100 cities across more than 30 countries.

According to forecasts, by 2025 there will be four billion new broadband users,
more than 100 billion things will be digitally connected, and every person’s
consumption of data will increase more than 500-fold. The digital and physical
worlds are rapidly converging; and consumers are demanding the ROADS experience
(Real-time, On-demand, All-online, DIY, and Social) as the new norm.

For the telecom industry to deliver the ROADS experience and meet its
customers’ diversified needs, requires expanding its own vision, opening up
pipes, data, and services to partners, embracing the Big Initiatives for
digital transformation, and sharing resources in complementary partnerships.

At MWC 2016, Huawei, together with its telecom operator and enterprise
customers, will share valuable insights into digital transformation within the
telecom industry.

MWC 2016 will be held in Barcelona, Spain, between February 22 and 25. Huawei’s
exhibition booths are in Fira Gran Via Hall 1 & Hall 3. For more information,
visit http://www.huawei.com/en/mwc2016.

About Huawei

Huawei is a leading global information and communications technology (ICT)
solutions provider. Our innovative ICT solutions, products and services are
used in more than 170 countries and regions, serving over one-third of the
world’s population. For details, visit Huawei at www.huawei.com.

SOURCE:  Huawei