スイートハート・チョコレート イメージ写真1

PDF リリース全文
(870KB)

2016年2月12日

篠原哲雄監督 リン・チーリン主演「スイートハート・チョコレート」のクラウドファンディングがスタート。

2016/2/12

アイ・エム・シー株式会社

篠原哲雄監督 リン・チーリン主演の日中合作映画「スイートハート・チョコレート」の日本全国拡大公開の為の支援を募るクラウドファンディングがNextwaves(https://nextwaves.jp/project/home/599)でスタートしました。

「スイートハート・チョコレート」はアジアを代表するスターとスタッフが集結した日中合作映画ですが、中国では公開されたにも関わらず、日中関係の悪化により日本での上映が延期になり、幻の映画といわれていました。しかし、2014年の「お蔵出し映画祭」でグランプリに輝くなど、熱心なファンの声に押される形で、遂に2016年3月26日シネ・リーブル池袋で待望の日本での劇場公開を果たします。
篠原哲雄監督をはじめ、スタッフ・キャストはこの自信作をより多くのファンに観てもらいたいと思い、日本全国で上映館を広げるための宣伝費の支援をクラウドファンディングで募ることになりました。支援いただいた方には、「劇場映画のエンドロール後に名前を表示」、「サイン入り台本の贈呈」、「篠原監督とのイベント参加」など、様々なリターンを用意しております。


【スイートハート・チョコレートについて】
■スイートハート・チョコレートの企画に至るまで
本作のプロデューサーで脚本も務めたミッシェル・ミーは、もともと日本映画が好きで、2006年に北海道の「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」に参加し、そのときの温かい歓迎、参加者の映画への情熱に感銘を受けました。しかしその後、夕張市の財政破綻により映画祭は取りやめになります(のちに復活)。そこで映画人として夕張に対して出来ることが、夕張を主な舞台にして映画を撮り、たくさんの人に夕張を知ってもらい注目してもらうことだと思い、ミッシェル・ミーによる「スイートハート・チョコレート」の企画がスタートしました。

■映画について
一面の銀世界が広がる北海道、夕張。上海から来た留学生のリンユエはレスキュー隊員の守と出会い、恋に落ちます。それから10年、上海に戻ったリンユエはなくなった守の意思を継ぎ、チョコレートの店を開きます。彼女が一粒一粒心を込めて作るチョコレートは食べた人を幸せにするとして大人気。だがリンユエ自身は、守が作ってくれた“特別な味”を忘れられず、人生を前に進めることができないでいました。そして守の兄貴分であり、ずっと前から密かにリンユエに想いを寄せていた総一郎は上海に渡り、一番の友人として彼女を見守り続けます。
相手の気持ちに気づいているけど応えられない。相手の気持ちが痛いほどわかるからこそ、肝心の一言を言い出せない。狂おしいほどにせつない、二人の関係の行方は・・・?

ヒロインを演じるのは台湾出身のトップモデルであり、「レッドクリフ」で映画デビューして以来、国際派女優として活躍するリン・チーリン。フジ月9ドラマ「月の恋人~Moon Lovers~」に出演するなど日本でも絶大な人気を誇る彼女が本作では等身大の女性の10年間を可憐な佇まいで演じます。ヒロインを一途に思い続ける総一郎役には、日本映画やドラマに欠かせない実力派俳優であると同時に、香港映画「イップ・マン 序章」などへの出演で海外からの評価も高い池内博之。そして永遠の恋人としてヒロインの心に残り続ける守役には、日本と台湾と両方で活動し、これから数々の出演作が控えている新星・福地祐介。その他、山本圭、左時枝といったベテラン勢が男女三人を温かく見守る役柄で熟練の演技を見せます。

監督は劇場用長編デビュー作「月とキャベツ」から最新作「起終点駅 ターミナル」まで、多くの人々の琴線に触れるヒューマンドラマを撮り続けている篠原哲雄。夕張の町に魅了された気鋭プロデューサー/脚本家、ミッシェル・リーと組んだ本作は、自身初の合作となります。「幸福の黄色いハンカチ」をはじめ数々の名作のロケ地として知られ、アジアの映画人の憧れの地である雪の夕張と、新旧の街並みが混在する大都会・上海でロケを敢行。ラブストーリーの舞台としてこの上なくロマンチックなそれぞれの土地の魅力を余すところなく写し取りました。
そして端正な映像と共に恋模様を盛り上げるのは現在の日本映画音楽の第一人者久石譲による音楽。その情感あふれるメロディーは見る人誰もの心に甘く、ほろ苦い余韻を残すでしょう。

■本作の公開について
2012年10月25日に第25回東京国際映画祭アジアの風部門で上映され、2013年2月にはゆうばり国際ファンタスティック映画祭2013のクロージング作品として上映されています。また韓国で開かれていた「光州国際映画祭」にて最高賞である審査員大賞を受賞しています。そして同年11月に中国にて公開されておりましたが、尖閣問題による日中関係の悪化により、日本では全国公開されておりませんでした。しかし2014年に「お蔵出し映画祭※」でグランプリに輝いたことを機に、遂に今回2016年3月26日にシネ・リーブル池袋から、待望の劇場公開を果たします。

※お蔵出し映画祭とは(http://www.okuradashi.com/)
年間600本近くのの公開本数を誇る日本映画界。日々、多くの映画が上映されていますが、 お蔵入り=劇場公開していない作品もたくさんあります。そんな劇場未公開作品や、DVD化されていない作品、劇場でなかなか上映されない作品など、知られざるお宝映画を発掘して一挙上映してしまおう!というのが「お蔵出し映画祭」です。グランプリ(1作品)に選ばれた作品は東京都内、広島県内他にて、劇場公開されます。


【リターン(ご支援に対してのお礼)】
■リターン 1 (500円)
○篠原監督からのお礼メッセージ

■リターン 2 (1,500円)
○篠原監督からのお礼メッセージ
○スイートハート・チョコレート公式facebookページのカバー写真にお名前を掲載

■リターン 3 (2,000円)
○篠原監督からのお礼メッセージ
○篠原監督のサイン入りプレスシート※A4サイズ(210×297)サイズ

■リターン 4 (4,000円)
○篠原監督からのお礼メッセージ
○篠原監督のサイン入りポスター※B1(728×1030)サイズ

■リターン 5 (4,000円)
○篠原監督からのお礼メッセージ
○篠原監督のサイン入り台本

■リターン 6 (10,000円)
○篠原監督からのお礼メッセージ
○全国の映画館で上映される際、本編終了後のエンドロールの後にお名前を掲載

■リターン 7 (10,000円)
○篠原監督からのお礼メッセージ
○本映画DVD(映画DVDの一般発売は未定です。)

■リターン 8 (10,000円)
○篠原監督からのお礼メッセージ
○特別映画解説上映会録画DVD

■リターン 9 (30,000円) 制限個数 30個
○篠原監督からのお礼メッセージ
○篠原監督のサイン入りプレスシート
○本映画DVD(映画DVDの一般発売は未定です。)
○篠原監督との交流会(簡単な監督からのスピーチと交流会)

■リターン 10 (40,000円) 制限個数 20個
○篠原監督からのお礼メッセージ
○篠原監督のサイン入りプレスシート
○本映画DVD(映画DVDの一般発売は未定です。)
○篠原監督との特別映画解説上映会+交流会



[クラウドファンディングとは]
クラウドファンディング(crowdfunding)とは、ある夢や目的を持った個人や団体が不特定多数の人よりインターネット経由で資金の提供や協力を得て夢を実現する手法で、群集(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語です。
インターネットの急速な発達により、情報の伝達や小口資金の収集が広い範囲で容易になった2010年頃から急速に拡大しています。

アイ・エム・シー株式会社は、プロジェクトを提案し支援を求める個人や団体(プロジェクトオーナー)とそのプロジェクトをサポートする参加者(プロジェクトサポーター)に交流の場であるプラットフォームNextwaves(https://nextwaves.jp)を提供しています。

企業・団体情報

基本情報
名称 アイ・エム・シー株式会社
所在地 東京都
業種 その他サービス業
URL http://nextwaves.jp

画像

  • スイートハート・チョコレート イメージ写真1
  • スイートハート・チョコレート イメージ写真2
  • スイートハート・チョコレート イメージ写真3
  • スイートハート・チョコレート イメージ写真4
  • 篠原監督 写真
  • お蔵出し映画祭グランプリ時 写真
  • お蔵出し映画祭
  • リターン3 プレスシートイメージ
  • リターン4 ポスターイメージ
  • スイートハート・チョコレート イメージ写真1 スイートハート・チョコレート イメージ写真2 スイートハート・チョコレート イメージ写真3 スイートハート・チョコレート イメージ写真4 篠原監督 写真 お蔵出し映画祭グランプリ時 写真 お蔵出し映画祭 リターン3 プレスシートイメージ リターン4 ポスターイメージ