2016年2月12日

マイクロソフト

マイクロソフトとエイサーがマイクロソフトのサービス普及で提携を拡大

マイクロソフトとエイサーがマイクロソフトのサービス普及で提携を拡大

AsiaNet 63384 (0172)

【レドモンド(米ワシントン州)、台北(台湾)2016年2月11日PR Newswire=共同通信JBN】マイクロソフト(Microsoft Corp)とエイサー(Acer Inc.)は10日、両社のグローバル提携を拡大し、マイクロソフトのモバイル・プロダクティビティー・サービスをより多くの消費者に提供すると発表した。エイサーは2016年後期、このマイクロソフト・サービスとアプリを同社のAndroidスマートフォンおよびタブレットに事前インストールすることを開始する。特に、顧客はエイサーの厳選されたAndroidスマートフォンおよびタブレットでマイクロソフトのWord、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote、OneDrive、Skypeなどのプロダクティビティー・ツールの恩恵を受ける。

Logo – http://photos.prnewswire.com/prnh/20000822/MSFTLOGO

Acer Smart Products Business GroupのプレジデントであるST・リュウ氏は「マイクロソフトと提携し、当社製品に強化されたモバイル・プロダクティビティーを提供できることを大変うれしく思う。マイクロソフトのソフトウエアが組み込まれることによって、エイサーの顧客はスマートフォンやタブレットで慣れ親しんだコンピューティング体験とともに出先でプロダクティビティーを享受できる」と語った。

Microsoft Technology Licensingのプレジデントであるニック・サイホジアス氏は「マイクロソフトとエイサーのすでに強固となっている絆をさらに高めることができてうれしく思う。今回の互恵的で協力的な合意はイノベーションを促進し、顧客にとってより良い製品と体験をもたらすことになる」と語った。

▽マイクロソフトのIPライセンス供与に対するコミットメント
特許契約は、健全で活力がある技術エコシステムを保証するうえで知的所有権(IP)が果たす重要な役割のもう1つの例である。マイクロソフトは2003年12月に同社のIPライセンス・プログラムを開始して以来、1200件以上のライセンシング契約を締結した。マイクロソフトのライセンス・プログラムの詳細はウェブサイトhttp://www.microsoft.com/iplicensing を参照。

▽エイサー(Acer)について
1976年に創設されたエイサーはハードウエア+ソフトウエア+サービス企業であり、人々の生活を向上させる革新的な製品の研究、設計、マーケティング、販売、サポートに専念している。エイサーの製品には、パソコン、ディスプレー、プロジェクター、サーバー、タブレット、スマートフォン、ウエアラブルがある。同社はインターネット・オブ・シングス(IoT)を接合するクラウド・ソリューションも開発している。エイサーは7000人を雇用し、世界のパソコン総売上で第4位である(IDC 2014)。2014年の売上は103億9000米ドルに上った。詳細はウェブサイトhttp://www.acer.com を参照。

▽Microsoft Technology Licensingについて
Microsoft Technology Licensing LLCは2014年に創設され、マイクロソフトの特許ポートフォリオを取得、管理、ライセンス供与している。

▽マイクロソフトについて
マイクロソフト(Nasdaq "MSFT" @microsoft)はモバイルファースト、クラウドファーストの世界向けのプラットフォームおよびプロダクティビティーをリードする企業であり、そのミッションは世界のすべての人、すべての組織がさらに多くを実現することを支援する。

ソース:Microsoft Corp.

▽問い合わせ先
Microsoft Media Relations
WE Communications
+1 (425) 638-7777
rrt@we-worldwide.com

(編集者注)
マイクロソフトについての詳しい情報、ニュース、展望はマイクロソフト・ニュース・センター(http://www.microsoft.com/news )を参照。ウェブサイトのリンク、電話番号、肩書は本リリース発表時には正確なものだが、その後、変わった可能性もある。さらにアシスタンスが必要な場合、ジャーナリストやアナリストはマイクロソフトのRapid Response Team、または以下の適切な連絡先に問い合わせを。
http://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contacts


Microsoft and Acer expand partnership to bring Microsoft services to more customers on more devices

PR63384

REDMOND, Wash., and TAIPEI, Taiwan, Feb. 11, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ —

Microsoft Corp. and Acer Inc. announced on Wednesday the expansion of their
global partnership to bring Microsoft mobile productivity services to more
consumers. From the second half of 2016, Acer will begin pre-installing
Microsoft services and apps on its portfolio of Android smartphones and
tablets. Specifically, customers will benefit from the productivity tools
including Microsoft Word, Excel, PowerPoint, Outlook, OneNote, OneDrive and
Skype on select Android smartphones and tablets from Acer.

Logo – http://photos.prnewswire.com/prnh/20000822/MSFTLOGO

"We’re excited to partner with Microsoft to provide enhanced mobile
productivity to our products," said ST Liew, president of Acer Smart Products
Business Group. "By integrating the Microsoft software suite, Acer customers
will enjoy productivity on-the-go along with the familiar computing experience
on their smartphones and tablets."

Nick Psyhogeos, president of Microsoft Technology Licensing, said, "We’re
pleased that we have been able to enhance the already strong partnership that
exists between Microsoft and Acer. Mutually beneficial and collaborative
agreements such as this one promote innovation and lead to better products and
experiences for consumers."

Microsoft’s commitment to licensing IP

The patent agreement is another example of the important role intellectual
property (IP) plays in ensuring a healthy and vibrant technology ecosystem.
Since Microsoft launched its IP licensing program in December 2003, it has
entered into more than 1,200 licensing agreements. More information about
Microsoft’s licensing programs is available at
http://www.microsoft.com/iplicensing.

About Acer

Established in 1976, Acer is a hardware + software + services company dedicated
to the research, design, marketing, sale, and support of innovative products
that enhance people’s lives. Acer’s product offerings include PCs, displays,
projectors, servers, tablets, smartphones, and wearables. The company is also
developing cloud solutions to bring together the Internet of Things. Acer
employs 7,000 people and ranks No. 4 for total PCs globally (IDC 2014).
Revenues for 2014 reached US$10.39 billion. Please visit http://www.acer.com
for more information.

About Microsoft Technology Licensing

Microsoft Technology Licensing LLC was formed in 2014 to acquire, manage and
license Microsoft’s patent portfolio.

About Microsoft

Microsoft (Nasdaq "MSFT" @microsoft) is the leading platform and productivity
company for the mobile-first, cloud-first world, and its mission is to empower
every person and every organization on the planet to achieve more.

SOURCE  Microsoft Corp.

CONTACT: Microsoft Media Relations, WE Communications, +1 (425) 638-7777,
rrt@we-worldwide.com / NOTE TO EDITORS: For more information, news and
perspectives from Microsoft, please visit the Microsoft News Center at
http://news.microsoft.com. Web links, telephone numbers and titles were correct
at time of publication, but may have changed. For additional assistance,
journalists and analysts may contact Microsoft’s Rapid Response Team or other
appropriate contacts listed at
http://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contacts.