2016年2月12日

UL

UL白書、ドイツにおける再生可能エネルギー成功の概要を説明

UL白書、ドイツにおける再生可能エネルギー成功の概要を説明

AsiaNet 63347(0159)

【ノースブルック(米イリノイ州)2016年2月12日PR Newswire=共同通信JBN】世界的な安全科学組織であるULはこのほど、ドイツが送電網への再生可能エネルギーの供給量の増量に成果を上げるために何を行っているかを理解する目的で調査を実施した。この調査とその結果は、ULの首席エコノミスト、エリン・グロッシ博士によって書かれた「Putting the Pieces Together: Transition and Transformation in Global Energy Markets(さまざまな現象の断片をつなぎ合わせる:世界のエネルギー市場における移行と転換)」と題する無料の白書(http:bit.ly/1VVnTnx )から入手できる。

Logo – http://photos.prnewswire.com/prnh/20140721/129100

この白書のための調査には、現地調査およびドイツのエネルギー転換に取り組むエネルギー・エコシステム関係者とのインタビューが含まれている。ドイツは、原子力発電所を再生可能なエネルギー源に置き換えるという積極果敢な目標を設定することにより大きな経済的賭けをしており、グロッシ氏にとって非常に興味深いものであった。全体の再生可能エネルギーの使用量に関して、ドイツは2014年に30%の目標をパスしており、全国的に2025年までに40-50%、2050年までに80%に到達する計画である。

グロッシ氏は「われわれは、なぜドイツが再生可能エネルギーにそのような重大な経済的賭けをするのか、なぜそれが最終的に成功するとドイツ政府が信じているのか、世界中の他の市場が貢献できること、それから学ぶものは何なのかを明らかにしたかった」と語る。

同白書は、ドイツの環境上の見解と安全保障上の見解の間の全体的な相違、送電網の持続可能性を維持することにカミソリのように鋭い焦点を合わせていること、最新の工学的課題の幾つかを解決する仮想発電所の登場について説明している。しかし、同調査はまた、ドイツがそのエネルギー目標を達成するために対処しなければならない幾つかのエネルギー上の盲点があること、そして他の国々は、その克服に役立つイノベーションを与えることができると記している。

グロッシ氏は「われわれが最終的に明らかにしたことは、ドイツが自身の変革の取り組みを進めるために最終的に必要とするであろうさまざまな技術は既にあるということである。アジアや他の市場の製造立国は、その取り組みを達成するのを支援することができる。われわれが注目した具体的なイノベーションは、電池による蓄電、インテリジェントな変圧器、インバーター、センサー、データ分析およびそれらに関連する規格である」と語る。

同白書は、これまでよりももっと広がりのある、柔軟性に富んだ、スマート・エネルギーを擁した未来がこれからの10年間に開花し、発展途上国は中央集中システムを構築するよりもむしろこれらのシステムを利用するようになる、と結論付けている。なぜなら、今日の機械・電気工学と情報技術のリソースをもってすれば、それは現在、技術的に実現可能であり、経済的に実行可能であるからである。

白書の全文は、ULのオンラインライブラリー(http://bit.ly/1VVnTnx )において各種言語でダウンロードできる。

▽ULについて
UL(http://www.ul.com )は120年以上にわたり発展を遂げてきた世界有数の第三者安全科学機関である。同社の1万1000人近い専門家は全ての人々のために安全な職場・生活環境をつくっていくというULの目標によって導かれている。ULは調査と規格を使って常に前進し、絶え間なく進化する安全上のニーズに対応している。同社は企業、メーカー、事業者団体、国際規制機関と提携し、複雑さを増すグローバル・サプライチェーンにソリューションを提供している。同社の認証、試験、検査、アドバイザリー、教育の各サービスに関する詳しい情報はwww.ul.com を参照。

▽問い合わせ先
Dagmar Ebaugh
Global Public Relations & Social Media Manager
UL Commercial & Industrial
O: +1-678-872-0320
C: +1-404-216.4354
dagmar.ebaugh@ul.com

ソース:UL



UL Whitepaper By Chief Economist Dr. Erin Grossi Outlines Renewable Energy Success With Power Grids In Germany & Potential Opportunities For Other Nations

PR63347

NORTHBROOK, Illinois, Feb. 9, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ —

   UL, a global safety science organization, recently conducted a study to
learn what Germany is doing to successfully add increasing amounts of renewable
energy sources to its power grids. The study and its result is available in a
free white paper titled "Putting the Pieces Together: Transition and
Transformation in Global Energy Markets," (http://bit.ly/1VVnTnx ) written by
UL Chief Economist Dr. Erin Grossi.

   Logo – http://photos.prnewswire.com/prnh/20140721/129100

   The study for this white paper included on-the-ground research and
interviews with the German energy ecosystem working on the country’s energy
transformation. Germany was of key interest to Grossi, as the country is making
a large economic bet by setting aggressive goals to replace nuclear plants with
renewable sources of energy. In terms of overall renewable energy usage, the
country passed the 30 percent mark in 2014, and plans to reach 40-50 percent
countrywide by 2025, and as much as 80 percent by 2050.

   "We wanted to uncover why Germany would take such significant economic risks
on renewable energy, why its government believes it will ultimately be
successful with it, and what other markets around the world could contribute to
and learn from it," says Grossi.

   The white paper describes the overall differences between Germany’s
environmental and security views, its razor-sharp focus on maintaining grid
sustainability, and the rise of its virtual power plants to solve some of the
more sophisticated engineering challenges. However, the study also shows there
are some energy blind spots Germany will have to address to meet its energy
goals — which other nations can lend their innovations to help fill.

   "What we ultimately uncovered is that there is a variety of technology that
Germany will ultimately need to support their own transformation efforts that
manufacturing powerhouses in Asia and other markets can help fill," says
Grossi. "Specific innovations we looked at were battery storage, intelligent
transformers and inverters, sensors and data analytics, and their associated
standards."

   The white paper concludes a much more distributed, resilient and smarter
energy future globally will take hold over the next decade, with developing
nations leap-frogging to these systems rather than building centralized ones,
because it is now technically feasible and economically viable with today’s
mechanical, electrical engineering and information technology resources.

   The full white paper is available for download at UL’s online library
(http://bit.ly/1VVnTnx ) in a variety of languages at http://bit.ly/1VVnTnx.

   About UL
   UL (http://www.ul.com ) is a premier global independent safety science
company that has championed progress for more than 120 years. Its nearly 11,000
professionals are guided by the UL mission to promote safe working and living
environments for all people. UL uses research and standards to continually
advance and meet ever-evolving safety needs. We partner with businesses,
manufacturers, trade associations and international regulatory authorities to
bring solutions to a more complex global supply chain. For more information
about our certification, testing, inspection, advisory and education services,
visit: www.ul.com.

   CONTACT: Dagmar Ebaugh
            Global Public Relations & Social Media Manager
            UL Commercial & Industrial
            O: +1-678-872-0320
            C: +1-404-216.4354
            dagmar.ebaugh@ul.com

    SOURCE: UL