2016年2月1日

ベルスタッフ

ベルスタッフが法人組織としての英国帰還を発表

ベルスタッフが法人組織としての英国帰還を発表

AsiaNet 63274 (0129)

【ロンドン2016年2月1日PR Newswire=共同通信JBN】ベルスタッフ(Belstaff)は、商標および財務機能のスイスから英国への移転を発表した。

(Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20160129/327480

これらの要因は、同ブランドが1924年にストーク・オン・トレントで創業し、本社を英国、イタリア、米国と多様に展開していたが、生誕地への帰還を終えたことを告げるものである。ベルスタッフの本社は2014年7月、ギャヴィン・ヘイグ氏が最高経営責任者(CEO)となり、デザインスタジオとその他の機能がロンドン旗艦店に入居して、英国に戻った。

ギャヴィン・ヘイグCEOは「ベルスタッフは最終的に正真正銘の現代英国のヘリテージブランドと名乗ることができて光栄である。われわれの基幹活動は英国に根差しており、現在、上級経営陣の英国人は3人を数える。ベルスタッフの製造だけはイタリアにとどまるが、ワックスコットンはイングランド北部で生産されており、英国の製造をさらに伸ばしたいと思っている」と語った。

今回のニュースは、モンブランからベルスタッフに加わったマイク・ウッドコック(Mike Woodcock)最高財務責任者(CFO)の任命と重なった。ウッドコック氏はかつて、ダンヒルおよびリシュモンでヘイグ氏とともに働いていた。ウッドコック氏はすべてのIP動向の立案者で、SAP導入、経費削減、業務慣行の合理化、基幹オフィス5カ所(ロンドン、ミラノ、スイス、ニューヨーク、ベネチア)から1カ所(ロンドン本社、ベネチアが調達ハブ)への削減を通じてビジネスモデルの適正化を追求する。

ウッドコック氏は「ベルスタッフは明らかに猛スピードで動いているため、喜んで指名を受け入れた。自身のキャリアのこの時点で、偉大なものの構築に関与したい」と話した。

ベルスタッフは繁忙を極め、世界的な拡張計画が進行中である。ベルスタッフ・ジャパン株式会社が昨年7月設立され、ことしは日本で4店がオープンする。2014年9月以来、ソウルに3店が開店し、昨年10月にはマカオに1店開いた。2013年にはロンドンで1店だけだったが今は3店あり、そのうち2店はここ6カ月で開店した。

1月31日まで1年間の収益は前年比20%増加する見通しで、ヘイグ氏は次期営業年度も同様の成長を予測している。

ことしの拡張は、リヴ・タイラーがブランドの顔になる新コレクションのウィメンズ事業の加速、下半期の印刷広告復帰、靴とアクセサリーの新コレクション(現在、売り上げの10%を占めるが、ヘイグ氏は3年以内に3分の1になると予言)が追い風になる。

ベルスタッフは2016年を通じて疾走し続ける。ラヌルフ・ファインズ卿出演、ランキンが撮影するメンズAW16コレクションと新キャンペーン「Worship the Ground(土地を賛美せよ)」はこの1月に始動した。

新大使のリヴ・タイラー氏は2月のニューヨーク・コレクション期間中、業界関係者にベルスタッフ用映像の第1弾を披露し、ロンドン・コレクションではベルスタッフ・ウィメンズのデザイナー、デルフィーヌ・ニヌーとともにデザインした初のカプセルコレクションをリリースする。

ジェームス・ハント氏の息子たちが、1976年の日本グランプリで父親がF1チャンピオンになり、2輪の地上最速記録の更新を試みてから40周年を記念してデザインしたカプセルコレクションがこれに続く。

ヘイグ氏は「われわれは規律が多く、ほとんどの活動をロンドンで展開する挑戦者ブランドであり、素早く拡張に動ける。ことしは変化と成長の年になる」と付け加えた。

▽ベルスタッフについて
ベルスタッフは、冒険の伝統や精神が染み込んだ世界的な英国の高級ライフスタイルブランドである。ベルスタッフでは、勇敢な探検家や熱狂的なファッションのファンが一様に、ベルスタッフの豊かな歴史とアーカイブに影響を受けた現代のライフスタイル向けの親しみやすい高級品を見つける。

ベルスタッフはロンドンに本社があり、ロンドン、ニューヨーク、ミラノ、ミュンヘンにショールームを構えている。ベルスタッフ製品は現在、ニューボンド・ストリートの旗艦店、欧州、米国とアジアの12店舗、世界中の厳選した卸売、およびhttp://www.belstaff.com で販売されている。

ソース:Belstaff


Belstaff Announces Its Return to the UK as Legal Entity

PR63274

LONDON, February 1, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ —

     Belstaff announces the transferal of its trademark and finance function
back to the UK from Switzerland.

    (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20160129/327480 )

    These factors herald the completion of the brand’s return to its
birthplace, originating in Stoke-on-Trent in 1924, but headquartered variously
in UK, Italy and USA. Belstaff HQ returned to Britain in July 2014 with Gavin
Haig joining as CEO and the design studio and other functions being rehoused
above the London flagship.

    Gavin Haig CEO said: "Belstaff is proud to finally be able to genuinely
call itself a modern British heritage brand. Our key operations stem from the
UK and we now count three Brits among our senior management team. Only Belstaff
production remains stationed in Italy, although our wax cotton is produced in
Northern England and we hope to grow our UK production further."

    This news coincides with the appointment of CFO Mike Woodcock, joining
Belstaff from Montblanc. Woodcock previously worked with Haig at Dunhill (also
Richemont). Woodcock is masterminding the move over of all IP, looking to
straighten out the business model via SAP implementation, trim overheads,
streamline working practices and reduce key offices from 5 (previously London,
Milan, Switzerland, New York and Venice) to 1 (London HQ) with a Venice
sourcing hub.

    He said, "I was delighted to accept the appointment as Belstaff is clearly
moving with immense speed. I wanted to be part of building something great at
this point in my career."

    Belstaff has been busy. A global expansion program is well underway:
Belstaff Japan K.K. was set up last July and 4 Japanese stores will open this
year. 3 stores were opened in Seoul since Sept 2014 plus one in Macau last
October. From having one London store in 2013, there are now three, two which
opened in last 6 months.

    Revenue for year to 31st January is on track to be 20% higher than the
previous year and Haig forecasts similar growth for the upcoming financial year.

    Expansion this year will be aided by acceleration of the women’s business
with new collections and Liv Tyler as the face of the brand; returning to print
advertising in the second half; new shoe and accessories collections (currently
these count for 10% of sales; Haig predicts they could be a third within three
years).

    Belstaff continues at speed through 2016: the men’s AW16 collection and new
campaign ‘Worship the Ground’ featuring Sir Ranulph Fiennes and shot by Rankin
launched on this January.

    New ambassador Liv Tyler will reveal her first film for Belstaff to
industry insiders during New York Fashion Week in February and her first
capsule collection designed alongside Belstaff women’s designer Delphine
Ninous, during London Fashion Week.

    To follow are a capsule collection designed with the sons of James Hunt in
celebration of the 40th anniversary of their father’s F1 championship win at
Fuji in ’76 and an attempt to break the land-speed record on two wheels.

    Haig added: "We are a challenger brand, with plenty of discipline and
having the bulk of our operations in London means we can move swiftly to
expand. This will be a year of change and growth."

                                      
    About BELSTAFF:
    Belstaff is a global British luxury lifestyle brand steeped in its heritage
and spirit   of adventure. In Belstaff, the fearless explorer and the fashion
enthusiast alike will discover an approachable luxury for a modern lifestyle
all influenced by Belstaff’s rich history and archives.

    Belstaff is headquartered in London and showrooms reside there and in New
York, Milan and Munich. Belstaff is currently sold through its flagship on New
Bond Street, and twelve stores in Europe, the United States and Asia, through
select wholesale distribution worldwide and on http://www.belstaff.com


    SOURCE: Belstaff