2016年2月1日

Xinhuanet Guangdong Channel

広州のPearl River TowerがLEEDプラチナ認証を受ける、多数の多国籍企業の入居需要を喚起

広州のPearl River TowerがLEEDプラチナ認証を受ける、多数の多国籍企業の入居需要を喚起

AsiaNet 63256 (0120)

【広州(中国)2016年2月1日新華社=共同通信JBN】広州のスカイラインのランドマークとしてそびえ立つ、環境にスマートなビルPearl River Tower(珠江城大厦)がLEED最高レベルのLEED-CSプラチナ認証を受けた。これによって、多国籍企業の入居需要が大幅に高まることになる。

71階の超高層ビルは、LEED-CSプラチナ認証を受けた広州で最初のプロジェクトである。これまでに、ビルには多数の有名な多国籍企業が入居している。この中にはABB(中国)、オーチス(中国)、キヤリア、SGD Asia Pacific、リージャス、フォード・モーター、HBA Design、アルパイン(中国)、中外製薬、PCM(中国)、Jotun Group、CITIC Securities、Shenyin & Wanguo Securities、CNINSURE Inc.、China Railway Oil、China Huaneng、Ping An Groupなどがある。

米国グリーンビルディング協会(USGBC)が1998年に開発したLEEDないしはLeadership in Energy & Environment Designは、プロジェクト計画、デザイン、建設、運営、メンテナンスの基準を設定するグリーンビルディング格付けシステムとして国際的に認められている。これはビルディングの持続可能性を測定する最も系統的かつ影響力のある評価基準である。

厳格なLEED認証レベルを達成したPearl River Towerは中国初の真のグリーン超高層ビルとみなされ、中国で最もグリーンなビルの折り紙を付けられた。

Pearl River New Cityの中心にそびえるこのタワーは、ゼロエネルギー消費の設計構想など革新的なグリーン・イニシアチブのおかげで世界中から注目を集めてきた。71階建て309メートルのタワーは、数々の最先端のエコフレンドリー技術とエンジニアリング技術の粋を採用することによって持続可能な設計で実現できることを再定義している。Pearl River Towerのようなプロジェクトの具現化を可能にしたのは、構造建築と持続可能なエンジニアリング方式との調和である。

天井放射冷房システム、太陽光パネル、ダブルグレージング・カーテンウォール、需要に基づく換気、昼光に応じた照明制御など、一連の持続可能な設計とエンジニアリング要素のすべては、ビルのエネルギー効率に寄与している。これらの持続可能性に寄与する特性の多くは世界中の超高層ビルに個別に組み込まれているが、Pearl River Towerの設計は総合的に利用された最初の例であり、このためこのビルは「世界で最もエネルギー効率に優れた商用オフィスタワーの1つ」(ウォールストリート・ジャーナル紙)、「世界で最もグリーンなタワー」(BBC)と報道された。

持続可能性を総合的に追求した構造、エンジニアリング・ソリューション、独自のビル外観のすべてが一体となって、Pearl River Towerを世界で最も革新的な超高層ビルの1つに仕上げている。

詳細はウェブサイトhttp://www.gd.xinhuanet.com/zt12/zjc/ を参照。

ソース:Xinhuanet Guangdong Channel

マルチメディア・ニュースリリースへのリンク:
http://asianet.multimediarelease.com.au/bundles/1c30c8c6-941e-495a-9cff-d696c2a8e139




LEED Platinum Certified Guangzhou Pearl River Tower: a Big Draw to Multinational Enterprises

PR63256

GUANGZHOU, China, Feb. 1, 2016 /Xinhua=KYODO JBN/ —

   The Pearl River Tower, an environmentally-smart building that stands as a
landmark within the Guangzhou skyline, has passed LEED-CS platinum
certification – the highest LEED rating, thus becoming a big draw to
multinational enterprises.
  
   The 71-storey skyscraper is the first project in Guangzhou that achieves the
LEED-CS platinum certification. So far, it has been home to a number of
well-known multinational enterprises. They include ABB (China), Otis (China),
Carrier, SGD Asia Pacific, Regus, Ford Motor, HBA Design, Alpine Electronics
(China), Chugai Pharma, PCM (China), Jotun Group, CITIC Securities, Shenyin &
Wanguo Securities, CNINSURE Inc., China Railway Oil, China Huaneng, Ping An
Group, etc.

   Developed by the U.S. Green Building Council (USGBC) in 1998, LEED or
Leadership in Energy & Environment Design, is internationally recognized as a
green building rating system that sets up the benchmark in project planning,
design, construction, operation, and maintenance. It is the most systematic and
influential assessment standard for measuring building sustainability.

   Having attained the rigorous level of LEED certification, the Pearl River
Tower is considered as China’s first true green skyscraper and labeled the
greenest building in China.

   Rising at the heart of Pearl River New City, the tower has garnered global
attention by virtue of its innovative green initiatives, including the design
concept of zero energy consumption. At 309 meters with 71 floors, the tower
redefines what is possible in sustainable design by incorporating an array of
cutting-edge eco-friendly technologies and engineering advancements. It is the
collaboration between structural architecture and sustainable engineering
practices that allow a project such as Pearl River Tower to become reality.

   A series of sustainable design and engineering elements, including radiant
ceiling cooling system, solar panels, double-glazing curtain wall, demand-based
ventilation air, and daylight responsive controls all contribute to the
building’s energy efficiency. While many of these sustainable attributes have
been incorporated individually into skyscrapers around the world, the Pearl
River Tower design represents the first time that they are used collectively,
and thus it has been described as "one of the world’s most energy-efficient
commercial office towers" by Wall Street Journal and "world’s greenest tower"
by BBC.

   The holistic sustainable architecture, engineering solutions and unique
building form all come together to make the Pearl River Tower one of the most
innovative skyscrapers in the world.

   For more information, please visit:
   http://www.gd.xinhuanet.com/zt12/zjc/

   SOURCE: Xinhuanet Guangdong Channel

Multimedia News Release (MNR) Link:
http://asianet.multimediarelease.com.au/bundles/1c30c8c6-941e-495a-9cff-d696c2a8e139