2016年1月28日

Miaozhen Systems

DrawbridgeとMiaozhenが企業グラフ提携で中国のクロスデバイスアイデンティティー解放

DrawbridgeとMiaozhenが企業グラフ提携で中国のクロスデバイスアイデンティティー解放

AsiaNet 63248 (0118)

【サンマテオ(米カリフォルニア州)2016年1月28日PR Newswire=共同通信JBN】
*DrawbridgeとMiaozhenが提供するクロスデバイスの標的設定、測定、特定機能が中国にお目見え

大手匿名デジタルアイデンティティー企業のDrawbridgeと中国大手サードパーティー・データマーケティング・テクノロジー企業のMiaozhen Systemsは28日、独占パートナーシップを発表した。これによりMiaozhenはDrawbridgeにカスタムグラフを構築するテクノロジーの使用権を認め、同社はクロスデバイスの標的設定、測定、特定サービスを衛生科学、食品飲料、パーソナルケア、自動車、テクノロジー、その他の業界の顧客に提供する。このパートナーシップは、Miaozhenのモバイル・デスクトップデバイス15億台の広範な普及とDrawbridgeの特許で守られたConnected Consumer Graph(TM)および機械学習アルゴリズムを結び付け、大中華圏市場に大規模で匿名のクロスデバイスアイデンティティー・ソリューションを初めて提供する。

Drawbridgeの創業者兼最高経営責任者(CEO)であるカマクシ・シバラマクリシャン氏は「われわれのゴールはデジタルアイデンティティーの世界基準になることであり、Miaozhenをパートナーとして中国に参入することは、あらゆるブランド、代理店、デジタルマーケターが本格的な個別化インターネットを当てにした供給を可能にする上で大きな前進である。われわれは市場リーダーのMiaozhenとともに、Connected Consumer Graphを世界第2の広告市場にもたらすことを大いに喜んでいる」と語った。

Miaozhen Systemsの創業者で会長兼CEOの呉明慧氏は「大中華圏にConnected Consumer Graphを導入するためにDrawbridgeと手を組むという決定は、大中華圏におけるマーケティングを刺激するデータとテクノロジーを展開するというわれわれのビジョンと完全に一致する。中国で標的設定、測定、特定にクロスデバイスデータを利用する初めてかつ唯一の機会を顧客に提供できて誇りに思う」と語った。

Drawbridge Connected Consumer Graphは、消費者とそのデバイス所有に関する予測を可能にするユーザーのアクセスパターン、デモグラフィック、関心領域、その他の情報を観察する確率テクノロジーを使って構築された。Drawbridgeは1日当たり500億イベントを観察してConnected Consumer Graphを作成する。

Miaozhenのようなパートナーは今後、自分のインフラをホストに、権限を与えられたオーディエンス情報、決定論的なデバイスリンケージなど独占的なデータを利用してカスタムかつプライベートなグラフの使用を選択できる。プライベートなグラフオプションはDrawbridge特許のクロスデバイス架橋アルゴリズムを活用してカスタムで大規模なグラフを構築するが、パートナーのデータの機密を保持し、標準のDrawbridge Connected Consumer Graphとは区別されるメリットを付け加えている。

Miaozhen Systemsは、客観的データと革新的なテクノロジーソリューションに基づいたより効率的で効果がある企業マーケティングの推進に集中している。同社のビッグデータソリューションであるMiaozhen Marketing Cloudは、広告主、代理店、オンラインパブリッシャーが測定してオンラインメディア投資を最適化するのに役立ち、同時に、投資利益を上げる標的設定と標的再設定も向上させる。Procter & Gamble、マイクロソフト、フォルクスワーゲン、ロレアル、コカ・コーラ、Xiaomi、ファーウェイ、Yili(伊利)、ハイアールなど世界の大手ブランドがMiaozhen Systemsの製品とサービスを利用している。

▽Drawbridgeについて
Drawbridgeは、ブランドと人々をつなげる方法を根本的に変えるテクノロジーを構築した大手匿名クロスデバイスアイデンティティー企業である。Drawbridge Connected Consumer Graph(TM)は30億台を超えるデバイスの消費者10億人以上を擁し、ニールセンの最新調査によると、最高で97.3%正確であるとされている。各ブランドは3つの方法でDrawbridgeと連携できる。すなわち、クロスデバイスデータ・アプリケーション用のDrawbridge Connected Consumer Graphのライセンス供与、Drawbridge Cross-Device Platformを利用するクロスデバイス広告キャンペーンのリアルタイム管理、クロスデバイスのキャンペーン実施に際するDrawbridgeとの協力である。シリコンバレーに本社がある同社はSequoia Capital、Kleiner Perkins Caufield and Byers、Northgate Capitalに支援されており、2015 Inc.の5000リストで最速成長マーケティング・広告企業に選定され、総合で6位にランクインした。

▽Miaozhen Systemsについて
Miaozhen Systemsは中国の大手サードパーティー・マーケティングデータ・テクノロジー企業で、客観的データと革新的なテクノロジーソリューションに基づいて、より効率的な企業マーケティングに集中している。2006年創業のMiaozhen Systemsは北京に本社を構え、上海、広州、煙台、シンガポール、米国に支社を配している。

Miaozhen Systemsは、トラッキング、予算最適化、インサイト、DMP(データ管理プラットフォーム)、プログラム広告サービス、マーケティングオートメーションを統合し、顧客の投資利益増大を助ける包括的なデジタルマーケティング・ソリューションMiaozhen Marketing Cloudを提供している。詳しい情報はwww.miaozhen.com を参照。

Photo – http://photos.prnasia.com/prnh/20160127/0861600867-a

ソース:Miaozhen Systems


Drawbridge and Miaozhen Liberate Cross-Device Identity in China with Enterprise Graph Partnership

PR63248

SAN MATEO, Calif., Jan. 28, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ —

-Cross-Device Targeting, Measurement, and Attribution Capabilities Come to
China, Powered by Drawbridge and Miaozhen-
Drawbridge, the leading anonymized digital identity company, and Miaozhen
Systems, China’s leading third-party data marketing technology firm, today
announced an exclusive partnership whereby Miaozhen will license Drawbridge
technology to build a custom graph in order to offer cross-device targeting,
measurement and attribution services to its clients across the health and
science, food and beverage, personal care, automotive, technology and other
verticals. The partnership will combine Miaozhen’s extensive coverage of 1.5
billion mobile and desktop devices with Drawbridge’s proprietary Connected
Consumer Graph(TM) and machine-learning algorithms to provide the first
large-scale, anonymous cross-device identity solution for the Greater China
market.

"Our goal is to become the universal standard for digital identity, and
entering China with Miaozhen as our partner is a great step towards enabling
brands, agencies, and digital marketers everywhere to delivering on the promise
of a truly personalized Internet," said Drawbridge Founder and CEO Kamakshi
Sivaramakrishnan. "We’re very excited to be bringing the Connected Consumer
Graph to the second-largest advertising market in the world alongside this
market-leader."

"The decision to partner with Drawbridge to make the Connected Consumer Graph
available to marketers in Greater China is perfectly aligned with our vision of
driving the data and technology that fuels marketing in Greater China," said
Miaozhen Systems Founder, Chairman, and CEO Wu Minghui. "We’re proud to offer
our customers the first and only opportunity to use cross-device data for
targeting, measurement, and attribution in China."

The Drawbridge Connected Consumer Graph is built using probabilistic technology
that observes user access patterns, demographics, interest segments, and other
information to make predictions about consumers and their device ownership.
Drawbridge observes over 50 billion events per day to build its Connected
Consumer Graph.

Partners such as Miaozhen can now elect to use a custom, private graph hosted
on their own infrastructure, utilizing proprietary data such as authorized
audience information and deterministic device linkages. The private graph
option leverages Drawbridge’s proprietary cross-device bridging algorithm to
construct a custom, large-scale graph, but with the added benefit of keeping
partner data confidential and separate from the standard Drawbridge Connected
Consumer Graph.

Miaozhen Systems concentrates on driving more efficient and effective corporate
marketing based on objective data and innovative technology solutions. The
company’s big data solution, Miaozhen Marketing Cloud, helps advertisers,
agencies, and online publishers in measuring, and optimizing online media
investment, as well as bettering the targeting and retargeting to improve their
returns on investment. Leading global brands including Procter & Gamble,
Microsoft, Volkswagen, L’Oreal, Coca-Cola, Xiaomi, Huawei, Yili and Haier use
Miaozhen Systems’ products and services.

About Drawbridge

Drawbridge is the leading anonymized cross-device identity company building
technology that fundamentally changes the way brands connect with people. The
Drawbridge Connected Consumer Graph (TM) includes more than one billion
consumers across more than three billion devices, and was recently found by
Nielsen to be up to 97.3% accurate. Brands can work with Drawbridge in three
ways: by licensing the Drawbridge Connected Consumer Graph for cross-device
data applications; managing cross-device ad campaigns in real-time using the
Drawbridge Cross-Device Platform; or working with Drawbridge to execute
cross-device campaigns. The company is headquartered in Silicon Valley, is
backed by Sequoia Capital, Kleiner Perkins Caufield and Byers, and Northgate
Capital, and was named the fastest growing marketing and advertising company
and sixth overall on the 2015 Inc. 5000 list. For more information visit
www.drawbridge.com.

About Miaozhen Systems

Miaozhen Systems is the leading third-party marketing data technology company
in China. We concentrate on more efficient corporate marketing based on the
objective data and innovative technology solutions. Founded in 2006, Miaozhen
Systems has its headquarters in Beijing, with branch offices in Shanghai,
Guangzhou, Yantai, Singapore and USA.

Miaozhen Systems provides total digital marketing solution Miaozhen Marketing
Cloud, which integrates ad tracking, budget optimizing, insight, DMP,
programmatic ad serving and marketing automation, to help clients to improve
their returns on investment. For more information visit www.miaozhen.com.

Photo – http://photos.prnasia.com/prnh/20160127/0861600867-a

Source: Miaozhen Systems