2016年1月27日

Airbiquity

Airbiquityがコネクテッドカー業界向けの2016年予測を公開

Airbiquityがコネクテッドカー業界向けの2016年予測を公開

AsiaNet 63223(0105)

【シアトル2016年1月27日PR Newswire=共同通信JBN】
*消費者の電化への大きな需要、より大きな投資収益率、テクノロジーの主導権争いが今後、自動車市場を加速する

コネクテッドカー・サービス提供のグローバルリーダーであるAirbiquity(R)(http://www.airbiquity.com/ )は27日、自動車産業向けに2016年のコネクテッドカーに関する主要な予測をリリースした。Airbiquityは自動車メーカーおよび拡大するコネクテッドカー・エコシステムとの協業経験に基づき、業界が進化し、世界で最も定着しているものの保守的な業界の1つにとってかつてないレベルに達したディスラプションとイノベーションの奔流に対処するうえで、予期しなければならない事項についての洞察を提供する。

Logo – http://photos.prnewswire.com/prnh/20150224/177305LOGO

Airbiquityのスコット・フランク副社長(マーケティング担当)は「自動車産業は今後も、チャンスでもあるが大きな課題に直面していく。業界は今後に起きることの端緒に取り組み始めたにすぎない。10年前、業界が現在経験している技術進歩や競争レベルの速度を予想したものは誰もいない。1つ確信できるのは、このペースは減速するのではなく、加速するということである」と語った。

Airbiquityの2016年の主な予測は以下の通り。
▽非伝統的なテクノロジー企業が与える自動産業の指導的地位への脅威に関する認識の広まり
Google、Apple、テスラ、Uber、Lyftなどの高度に資本化された著名なシリコンバレー企業が自動車産業のディスラプター、リーダーになる野望を明確にしている。消費者もこれらのブランド、製品、ビジョンおよびイノベーションに関する実績に基づくこのアイデアに理解を示している。この脅威に対抗するために、従来の自動車メーカーは内部変革のスピードを加速して、新技術の導入、新しいエコシステム・パートナーの受け入れ、進歩の障害となっている時代遅れのプロセスや調達のやり方の変革を実行しなければならない。良いニュースは、Automotive News(http://www.autonews.com/article/20160111/OEM06/301119966/tech-push-requires-culture-clash )の中でジェーソン・ステイン氏がリポートしたように、自動車メーカーがこのリスクの認識を高めて行動を起こしていることである。悪いニュースは、自動車メーカー幹部を徹底的にテストする困難な課題が行く手に控えており、一般職員もそれを実現するには参加が必要であることだ。

▽コネクテッドビークル・プログラムと製品および顧客ライフサイクルとのより密接な統合
消費者に車載インフォテインメント・コンテンツを提供するほかに、コネクテッドカーだけが持つ能力には、リコールに対処し機能を強化する遠隔ソフトウエア・アップデートの受信に加え、車両運用および運転履歴に関するデータの提供がある。この能力は、リコール費用の軽減、リアルタイムのパーツおよびシステム評価の実行、バックオフィス業務およびサプライチェーンの最適化、新しいドライビング中心のサービスと収益化の導入など、自動車メーカーに大幅なコスト軽減と消費者エンゲージメント機会を提供する。しかし、このチャンスを捉えるには、自動車メーカーは、デザイン・エンジニアリング、顧客体験・サポート、ブランド・マーケティング、ディーラーチャンネルなどの長年培ってきた分野と、コネクテッドビークル・サービス機能に関する戦略および運用とをさらに一体化する必要がある。2015年、Airbiquityは自動車メーカーによるコネクテッドビークル・サービスの組織化が進展したことを確認しており、ブランドのリスクと魅力度を増す投資収益率を考慮に入れると、このトレンドは2016年も継続すると予測している。ジョナサン・ベーコン氏は最新のMarketing Week(https://www.marketingweek.com/2016/01/21/how-connected-cars-are-driving-innovation/ )記事の中で、いくつかのマーケティング視点を提供している。

▽電化および自立技術の開発および展開への注目の高まり
自動車メーカーは電気自動車の性能を向上させ、自立運転機能を拡大する技術開発への投資を増やすことになる。電化に関しては、石油価格と電気自動車に対する消費者需要は現時点では下がっているが、世界規模の温暖化懸念と効率の必要性は、自動車メーカーにとって生産車両の効率を向上させる圧力となる。ガス価格は、あらゆる価格帯でより効率的な車両を求める消費者の需要に後押しされて最終的には上昇する。自立運転に関しては、未来は明確である。それは現実となる。自動車メーカーが自立運転のパイの一部を望むならば、自立運転の実現技術を備えた車両を開発し、それを装備しなければならない。完全自立運転への道程は長く(Airbiquity 2030-35年と予測する)、凸凹のある道のりとなる。自動車メーカーのニーズに沿って、今そのリスクを葬る。ニック・ジェイン氏がMashableに掲載した記事(http://mashable.com/2016/01/05/kia-drive-wise/#zXy6oW0ClPqs )はこの分野におけるKiaのコミットメントに関する優れた見解を提供している。

AirbiquityのChoreo(TM)クラウドベース・サービス提供プラットフォームは、車両のコネクティビティー、安全・セキュリティー、インフォテインメント提供、電気自動車、保有車両管理のために、カスタム化可能でスケーラブルなコネクテッドカー・サービス提供を備えている。700万台以上の車両にChoreoが採用されており、60カ国以上、30以上の言語で月間何億ものコネクテッドカー・トランザクションを可能にしている。

Airbiquityに関する詳細は以下のビデオを参照。
https://www.youtube.com/watch?v=pHOa-lp4uJQ&feature=youtu.be

▽Airbiquity について
Airbiquityはコネクテッドビークル・サービスの世界的リーダーであり、車載テレマティクス技術の開発および設計のパイオニアである。Airbiquityは、業界で最新鋭のクラウドベース・コネクテッドカー・サービス提供プラットフォームChoreo(TM)によって現代のコネクテッドカーのビジョンを提示する。自動車メーカー、ティア1サプライヤー、モバイル・ネットワーク・オペレーターはAirbiquityと提携して、60カ国余りの30言語で顧客が要求する安全、効率、利便性のニーズに応えるスケーラブルで扱いやすいコネクテッドカー・プログラムを提供している。Airbiquityの詳細はウェブサイトwww.airbiquity.com を参照。AirbiquityはAirbiquity Inc.の商標。

▽問い合わせ先
Kristin Scheidegger
Airbiquity PR
+1-206-344-3133
media@airbiquity.com

ソース:Airbiquity


Airbiquity Reveals 2016 Predictions For Connected Car Industry

PR63223

SEATTLE, Jan. 27, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ —

— Pressure from Consumer Electronics Behemoths, Quest for Higher
Return-On-Investment, and Fight for Technology Leadership Will Drive the
Automotive Market in the Coming Year

Airbiquity(R) (http://www.airbiquity.com/), a global leader in connected car
service delivery, today released its top 2016 connected car predictions for the
automotive industry. Based on the company’s experience working with automotive
manufacturers and the expanding connected car ecosystem, Airbiquity is well
positioned to provide insight on what to expect as the industry evolves and
reacts to an influx of disruption and innovation that has reached unprecedented
levels for one of the world most established, albeit conservative, industries.

Logo – http://photos.prnewswire.com/prnh/20150224/177305LOGO

"Automotive continues to face significant challenges-and opportunities-for
connected car technologies and programs. The industry has only begun to scratch
the surface of what is yet to come," said Scott Frank, Vice President of
Marketing at Airbiquity. "A decade ago, no one could have predicted the rate of
technology evolution or level of competition the industry is experiencing
today. One thing we know for sure is the pace isn’t going to letup; in fact
it’s going to accelerate."

Airbiquity’s top 2016 predictions, include:

    Increased Recognition of Automotive Leadership Threats by Non-Traditional
    Technology Players
    Well-known and highly capitalized Silicon Valley technology companies like
    Google, Apple, Tesla, Uber, and Lyft are declaring their ambitions to be
    automotive industry disruptors and leaders – and consumers are receptive
    to the idea based on the dominance of their brands, products, and track
    records of vision and innovation. To counter this threat, traditional
    automakers will fast-track internal transformations to adopt new
    technologies, embrace new ecosystem partners, and change outdated
    processes and procurement policies that are hindering progress. The good
    news is automakers are increasingly aware of the stakes and taking action
    as reported by Jason Stein in Automotive News
    ( http://www.autonews.com/article/20160111/OEM06/301119966/tech-push-
    requires-culture-clash ). The bad news is a daunting task lies ahead that
    will test automaker management teams top-to-bottom, as well as the rank
    and file that must get on board to make it happen.

    Tighter Integration of Connected Vehicle Programs with Product and
    Customer Life Cycles
    In addition to providing consumers with in-vehicle infotainment content,
    connected cars are unique in the ability to receive remote software
    updates to fix recalls and enhance features, as well as provide data about
    vehicle operations and driving history. This ability presents tremendous
    cost savings and consumer engagement opportunities for automakers such as
    reducing recall expense, enabling real-time part and system evaluation,
    optimizing back-office operations and supply chain, and introducing new
    driving centric services and monetization. But seizing these opportunities
    will require automakers to better integrate the strategy and operations of
    connected vehicle service functions with long standing areas like design
    and engineering, customer experience and support, brand and marketing, and
    dealer channels. In 2015, Airbiquity saw an increased maturity of
    automaker connected vehicle service organizations, and we expect this
    trend to continue through 2016 given the significant brand stakes and
    increasingly attractive return-on-investment. Jonathan Bacon provides some
    marketing perspective in a recent Marketing Week
    ( https://www.marketingweek.com/2016/01/21/how-connected-cars-are-driving-
    innovation/ ) article.

    Increased Focus on Developing and Deploying Electrification and Autonomous
    Technologies
    Automakers will increase investments for the development of technologies
    to improve electric vehicle performance and expand autonomous driving
    features. Regarding electrification, oil prices and consumer demand for
    electric vehicles may be low today, but increasing global warming concerns
    and efficiency mandates will press automakers to improve fleet
    efficiencies. Gas prices will eventually increase followed by consumer
    demand for more efficient vehicles across all price ranges. In response,
    automakers must ensure they have the right product at the right time to
    remain competitive. As far as autonomous goes, the future is clear: It’s
    going to happen. If automakers want a slice of the autonomous pie they
    have to develop and equip vehicles with enabling technologies. The road to
    fully autonomous vehicles will be a long one (Airbiquity predicts 2030-35)
    and there will be bumps along the way. To succeed automakers need to put
    their stakes in the ground now. Nick Jayne’s Mashable
    (http://mashable.com/2016/01/05/kia-drive-wise/#zXy6oW0ClPqs ) article
    provides a good view of Kia’s commitment in these areas.

Airbiquity’s Choreo(TM) cloud-based service delivery platform provides
customizable and scalable connected car service delivery for vehicle
connectivity, safety and security, infotainment delivery, electric vehicle, and
fleet management. Over seven million vehicles have been subscribed to Choreo,
which powers hundreds of millions of connected car transactions per month in
more than 60 countries and over 30 languages.

Learn more about Airbiquity by viewing this video
(https://www.youtube.com/watch?v=pHOa-lp4uJQ&feature=youtu.be ).

About Airbiquity  

Airbiquity is a global leader in connected vehicle service delivery and pioneer
in the development and engineering of automotive telematics technology.
Airbiquity enables the vision of connected car today with the industry’s most
advanced cloud-based connected car service delivery platform: "Choreo(TM)",
unmatched industry expertise, and a comprehensive portfolio of connected car
solutions. Working in partnership with Airbiquity, automakers, tier one
suppliers, and mobile network operators are delivering highly scalable and
manageable connected car programs meeting the safety, efficiency, and
convenience needs of their customers in over 60 countries and 30 languages. To
learn more about Airbiquity visit http://www.airbiquity.com. Airbiquity is a
trademark of Airbiquity Inc.

CONTACT:
Kristin Scheidegger
Airbiquity PR
+1-206-344-3133
media@airbiquity.com

SOURCE: Airbiquity