ベイターミナル メインカット

PDF リリース全文
(766KB)

2016年1月23日

次世代ベーゴマ「ベーブレードバースト」 無料ゲーム筐体「ベイターミナル」登場!

2016年1月23日

株式会社タカラトミー

2016年 次世代ベーゴマ「ベイブレードバースト」いよいよ加速!
無料ゲーム筐体「ベイターミナル」登場!
村田製作所NFCチップ連動でコマをスキャン 
大画面&巨大ベイギミックの迫力バトルが【無料で】楽しめる!

株式会社タカラトミー(代表取締役社長:H.G.メイ/所在地:東京都葛飾区)は、次世代ベーゴマ「ベイブレード バースト」の店頭用無料ゲーム筐体「ベイターミナル」を全国の玩具専門店、百貨店・量販店等の玩具売場(※1)などで、2016年1月30日より順次稼働します。

 「ベイブレード」は日本の伝承玩具であるベーゴマを現代風にアレンジした対戦玩具です。デザイン性が高く、パーツを組み替えて改造することができ、専用の発射装置「ランチャー」で誰でも簡単に回せることを特徴とした「改造ができるバトル専用コマ」です。最新作「ベイブレードバースト」は、子どもたちが熱中するリアルなバトルの面白さはそのままに、新しく相手を破壊して勝つ「バーストギミック」や最新技術のNFCチップ(※2) 、クラウドシステム等を導入し進化させました。2015年7月より発売し好評を得ており、2016年4月にはアニメ放映も決定しております。

 「ベイターミナル」は、ガチャマシン付属の店頭用無料ゲーム筐体です。子どもたちにもっと玩具販売店に足を運んでもらうために企画・開発いたしました。「ベイブレード」のレイヤーパーツ1個につき1日1回ゲームを無料でプレイすることができ、ゲーム上でライバルを倒すと、ポイントが手に入り、さらにゲームで大当たりすると付属するガチャを回し、レアパーツを入手することができます。

 「ベイブレード」のレイヤーパーツには世界的なエレクトロニクス企業である株式会社村田製作所の極小NFCチップが搭載されているため、コマのデータを読み書きすることができるので、筐体にセットすることでコマの種類やバトルレベル等を認識することができます。NFCチップと連動させることで、子どもたちの持つベイブレードが筐体の大画面に登場し、迫力あるバトルが可能になりました。

■遊び方
 「ベイターミナル」に、ベイブレードバーストのパーツ「レイヤー」をセットします。筐体がレイヤー内のNFCチップを読み取り、セットしたコマと同じベイブレードが画面上に登場します。そのベイブレードでバトルゲームにチャレンジし、勝敗の結果次第でレアパーツや「ベイポイント」が手に入ります。


 タカラトミーは、日本で古くから遊ばれ良質な文化として伝承されてきた「ベーゴマ」に、最新技術を取り入れ「ベイブレード」を展開してきました。自分のコマによって“今”目の前で繰り広げられるバトルがベイブレードのもつ最も大きな魅力です。最新作「ベイブレードバースト」では、バーストギミックによりさらに競技性が増したことに加え、最新技術のNFCチップやクラウドシステムを取り入れたことで、これまでにない遊びの価値を創造することができました。勝った負けたの喜びや悔しさ、本気で勝負するからこそ生まれるコミュニケーションは万国共通であり、その経験を通して子どもたち自身も成長していきます。ベイブレードが持つこうした魅力をさらに広げ、文化・言語・国境を越え世界中の子どもたちをつなぐ一つの共通言語となることを目指して「ベイブレードバースト」を展開してまいります。


【ベイブレードとは】
 日本の昔ながらの伝承玩具「ベーゴマ」を現代風にアレンジした改造可能なバトル専用コマです。小学生男児が本能的に好む「バトル・カスタム(改造)・コレクション」の 3 要素を追求し、勝つ嬉しさ、負ける悔しさから創意工夫の意欲を生み、実際の人との対戦によってコミュニケーションを育みます。


<筐体概要>
筐体名称:「ベイターミナル」
分類:ガチャ搭載店頭用無料ゲーム筐体
プレイ人数:1人
稼動時期:2016年1月30日より順次
縦型32インチモニター搭載
マシンサイズ:(幅)540mm×(奥行)612mm
       (高さ)1670mm/(重さ)約105㎏ 
        ※POP除く
著作権表記:(C)Hiro Morita, BBBProject (C) TOMY


(※1)設置店舗はベイブレードバースト公式HPでお知らせいたします。(稼働前日掲載予定)
  https://beyblade.takaratomy.co.jp/
(※2) NFCチップ:RFID 近距離無線技術を使用しております。