びわ湖環境ビジネスメッセ2015会場風景

PDF リリース全文
(569KB)

2016年1月25日

環境産業総合見本市「びわ湖環境ビジネスメッセ2016」出展者募集を開始!

2016年1月25日

滋賀県商工観光労働部モノづくり振興課内
びわ湖環境ビジネスメッセ実行委員会

今年10月開催の「B to B」に特化した環境産業総合見本市
「びわ湖環境ビジネスメッセ2016」出展者募集を開始!
~出展募集説明会を大阪、名古屋、東京の3会場で開催します~

 滋賀県は、「B to B」に特化した環境産業の総合見本市「びわ湖環境ビジネスメッセ2016」(本年10月開催予定)の出展者募集を2月1日から開始します。
 また、併せて出展募集説明会を大阪、名古屋、東京の3会場で開催します。
 本メッセは、“環境と経済の両立”を基本理念に、持続可能な経済社会の実現を目指し、環境産業の振興を図ることを目的として1998年から毎年開催し、出展者と来場者が活発に商談を交わすBtoBに特化した展示会として国内外で高い評価をいただいており、今回で19回目を迎えます。
 前回の「びわ湖環境ビジネスメッセ2015」(平成27年10月21日~23日)には、全国32都道府県および海外(韓国)から、300を超える企業・団体が出展し、3日間で33,080人の来場がありました。
 環境ビジネスに取り組む企業・団体の皆様のご出展をお待ちしております。
 出展募集説明会及び「びわ湖環境ビジネスメッセ2016」の概要は次の通りです。
<出展募集説明会の概要>
【開催日程・会場】
①大阪会場    日時:2016年2月5日(金)14:00~16:00
         会場:ハービスENTオフィスタワー・9階会議室(JR大阪駅桜橋口・徒歩5分)
         定員:60人
②名古屋会場   日時:2016年2月 9日(火)14:00~16:00
         会場:ミッドランドスクエア オフィスタワー・5階会議室C
           (JR名古屋駅桜通口・徒歩5分)
         定員:50人
②東京会場    日時:2016年2月16日(火)14:00~16:00
         会場:フクラシア東京ステーション・6階会議室A
           (JR東京駅日本橋口・徒歩1分)
         定員:50人
【参加料金】   無料
【申込方法】   公式HPからお申込いただけます。
http://www.biwako-messe.com/sys/mls/access/dt/exhibition_entry/session/
【プログラム】  事務局からの説明会及び講演会を予定しています。
         タイトル:『水』をキーワードにしたビジネスが急拡大する!!
               ~水素エネルギー、燃料電池、バイオガス発電、最新水処理に注目
         講師:泉谷渉氏(株式会社産業タイムズ社 代表取締役社長)
——————————————————————————————
<ご参考:プレ20回特別キャンペーン>「びわ湖環境ビジネスメッセ」は節目である20回目を来年に迎え、ご出展を後押しする特別キャンペーンを行います。詳細は公式HP(2/1~)をご覧ください。
<「びわ湖環境ビジネスメッセ2016」の概要>
【開催日時】   平成28年(2016年)10月19日(水)~10月21日(金) 3日間
         10時~17時(最終日は16時まで)
【開催場所】   長浜バイオ大学ドーム(旧名:滋賀県立長浜ドーム)
         滋賀県長浜市田村町1320 
【出展規模】   300企業・団体、500小間 (展示面積:約8,880㎡)
【出展分野】   ①水環境ビジネスゾーン、②新エネ・省エネゾーン、③環境ソリューション・環境
         ITゾーン、④浄化ゾーン(大気・土壌)、⑤環境土木・環境建築ゾーン、
         ⑥廃棄物処理・リサイクルゾーン、⑦エコプロダクツゾーン、
         ⑧食と環境ビジネスゾーン、⑨グリーン物流ゾーン、⑩産学官連携ゾーン、
         ⑪環境啓発ゾーン、⑫ベンチャーゾーン
【募集期間】   平成28年2月1日(月)正午~5月31日(火)
【出展料金】   206,000円/1標準小間(3m×3m)~ 
【来場見込】   35,000人
【主  催】   びわ湖環境ビジネスメッセ実行委員会
         名誉会長:三日月大造(滋賀県知事)
         会  長:坂口康一((一社)滋賀経済産業協会会長)
【構成団体】   計21団体:(一社)滋賀経済産業協会、県内経済団体、県内大学、
              長浜市、彦根市、米原市、滋賀県
【後  援】   経済産業省、環境省、近畿経済産業局、大阪管区気象台、関西広域連合、
(予 定)    (独)国際協力機構 関西国際センター(JICA関西)、(国研)科学技術振興機構、
         (国研)産業技術総合研究所 関西センター、(国研)新エネルギー・
         産業技術総合開発機構、(独)日本貿易振興機構(ジェトロ)大阪本部、
         中小機構 近畿、
         関西・アジア 環境・省エネビジネス交流推進フォーラム(Team E-Kansai)、
         地球環境関西フォーラム、(公社)関西経済連合会、(公財)関西生産性本部、
         (一社)関西ニュービジネス協議会、(一財)大阪科学技術センター、
         (一社)産業環境管理協会、(一財)新エネルギー財団、
         (公財)地球環境センター(GEC)、(公財)日本環境協会、
         (一社)全国建設産業団体連合会、(公社)全国産業廃棄物連合会、
         (一社)日本有機資源協会、グリーン購入ネットワーク、
         西日本旅客鉄道(株)、(株)日本政策金融公庫
■「びわ湖環境ビジネスメッセ」公式HP http://www.biwako-messe.com
■「びわ湖環境ビジネスメッセ2015」の様子 https://www.youtube.com/watch?v=kL3CcrXZw4M


QOL滋賀について
滋賀県広報課では、今年度のPRキーワードとして「QOL滋賀 ~来てよし!食してよし!住んでよし!~」を掲げました。
滋賀県が有する琵琶湖を中心とする豊かな自然や歴史などの観光資源、「近江米」「近江牛」などに代表される高品質な食材や食文化、さらには全国に誇る「住みやすさ」など、滋賀の魅力を全国の皆さんに共感いただける広報活動を行っています。