2016年1月20日

McGraw Hill Financial Global Institute

マグロウヒルが都市化と人口の高齢化の交差に対応する都市の道を示すリポート

マグロウヒルが都市化と人口の高齢化の交差に対応する都市の道を示すリポート

AsiaNet 63155 (0080)

【ニューヨーク2016年1月20日PR Newswire=共同通信JBN】
*最新の調査によると、都市住民の過半数が現在の環境では世代間分裂が広がると考えている

McGraw Hill Financial Global Institute(マグロウヒル・ファイナンシャル世界研究所)は20日、「高齢化に関する世界的連合」との提携で作成した解決策志向のリポートである「Aging and Urbanization: Principles for Creating Sustainable, Growth-Oriented and Age-Friendly Cities(高齢化と都市化:持続可能な成長指向、高齢者に優しい都市の原則)」の世界発売を発表した。このリポートは21世紀を定義する2つの人口傾向の交差点、すなわち急速な都市化と住民の高齢化を調査し、すべての年齢の住民をサポートする自己持続的な都市の諸原則のアウトラインを描いている。

マグロウヒル・ファイナンシャルのチーフグローバルエコノミストで世界経済・調査の責任者であるポール・シェアード氏は「われわれはどの政府も行動しようとしていないことを知っているほど、高齢化について十分知っている。これらの人口のメガトレンドはわれわれが知っているように世界を変え続けており、いまそれに対応することはより多くの人が住んでいる場所の生活の質を改善するだけではなく、経済も発展し、世界的競争力も改善するのである」と語っている。

McGraw Hill Financial Global Instituteが委託したこのリポートには、これらの変化する人口動態に対する世界の態度を決定し、都市がどのように対応するかを決定するための調査結果も含まれている。ほかの一連の調査結果のなかには、自分たちの政府を信じている世界各地の回答者たちが将来の住民の人口分布への適応に成功するために都市が必要としている社会的、物理的なインフラに大幅に過小投資しているということがある。

▽そのほかの主要な調査結果は次の通り。
*自分たちの政府の年金は高齢化する自分たちを適切にサポートするものではないという懸念が圧倒的であるにもかかわらず、回答者たちは年金を補うのに十分な金銭を蓄える自分たちの能力に確信をもっていない。
*米国、英国、ドイツ、中国、ブラジルの回答者の約90%は、政府が高齢化する住民の健康、安全、福利を確保するためにより多くのリソースを投資すべきだと信じている。
*日本、ドイツ、中国、ブラジルの調査回答者は全員がインフラと輸送の発展が最大の関心事だと答えた。
*ドイツ、米国、英国の回答者は住民が「現在の場所で年を取ること」の促進とアクセス可能性を最優先事項に挙げた
*世界の人口が急速に高齢化しているにもかかわらず政府が公共の年金、健康制度に十分なリソースを配分していないという強い懸念がある

2030年までに世界の10億人以上が65歳以上になり、2050年までに都市部の住民が現在の世界人口のほぼ半数から3分の2近くにまで増加する。中南米全体で年齢関連の支出が
GDPより速く増大している。米国では健康管理コストが現在GDPの18%を占めており、さらに増加すると見込まれている。「Aging and Urbanization」によると、世界的な調整された行動がなければ世界中の都市がより幅広い経済、健康、輸送問題に取り組む計画やインフラの不足に対処する必要に迫られるだろう。

2015年に世界経済フォーラム(WEF)は、この人口動態の変化がどのように経済成長を推進できるかを示すため「年齢に優しいビジネス原則」を設定した。WEF、世界保健機関などによる基礎作業に基づいて「Aging and Urbanization」は都市がどのようにインフラ投資の経路を導いて都市共同体の経済的活気を確保するかを示す次の4原則を決めた。

*全世代の市民の必要に対応するインフラ。輸送の構築
*独立、選択、自由を推進する場所で年取るための住居
*革新的な技術、すぐれた医療措置のある共同体の保健制度へのアクセス
*ライフサイクルを通じて仕事、教育、芸術、レクリエーションを続ける機会

短中期的にはリポートは、将来世代を包含できる年齢にやさしい都市を公共、民間部門が構築するためにとれる当面の行動を次のように示している。

*現在の場所で年を取るための経済的ケースの開発
*革新への機会提供
*世代間政策、投資へのインセンティブ創設

年齢にやさしい都市の積極的な影響を示すため、「Aging and Urbanization」は世界各地の都市からの標準となるいくつかの計画を紹介している。ソウルの年齢にやさしい輸送ネットワークの採用から、高齢者を地元の学校での無料の教育の機会と接続するニューヨーク市のオンライン・データベースまで、同リポートは模倣可能な革新の例を強調している。

リポート全文はhttp://media.mhfi.com/documents/AgingUrbanization_1+15.pdf でオンラインを通じて入手し、米国、英国、ドイツ、中国、日本、ブラジルの中、大、特大都市に住む18歳から65歳までの6077人の世界的調査の重要な結果を統合できる。(調査はEdelman Berlandが実施し、2015年11月30日から12月14に集計され、誤差はプラスマイナス 3.07%である)

▽問い合わせ先
ニュースメディア:
Jacqueline Moran
202-383-2427
jacqueline.moran@mhfi.com

▽McGraw Hill Financial Global Instituteついて
McGraw Hill Financial Global Instituteは市場指向の洞察で公共政策の議論を豊かにする。

▽マグロウヒル・ファイナンシャルについて
マグロウヒル・ファイナンシャル(McGraw Hill Financial、NYSE: MHFI)は有力な金融インテリジェンス会社で、世界の資本、商品市場に中立的なベンチマーク、信用格付け、ポートフォリオ・企業リスク・ソリューション、分析を提供している。同社のアイコン的ブランドにはスタンダード&プアーズ・レーティングズ・サービシズ、S&P Capital IQとSNL、S&P ダウ・ジョーンズ・インデックス、Platts、CRISIL、J.D.パワーが含まれている。同社の従業員は31カ国に約2万人。追加的な情報はwww.mhfi.comへ。

ソース:McGraw Hill Financial Global Institute




McGraw Hill Financial Global Institute Report Outlines Path for Cities to Address Intersection of Urbanization and Aging Trends

PR63155

NEW YORK, Jan. 20, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/–

— New survey data finds a majority of city residents believe current
conditions contribute to generational divide

McGraw Hill Financial Global Institute today announced the international launch
of Aging and Urbanization: Principles for Creating Sustainable, Growth-Oriented
and Age-Friendly Cities, a solutions-oriented report created in partnership
with the Global Coalition on Aging. The report examines the intersection
between two defining demographic trends of the 21st century – rapid
urbanization and aging populations – and outlines a set of principles to
advance the creation of self-sustaining cities that support residents of all
ages.

"We know enough about aging to know that it waits for no government to act,"
said Paul Sheard, Chief Global Economist and Head of Global Economics and
Research, McGraw Hill Financial. "These demographic megatrends will continue to
change the world as we know it, and addressing them now will not only improve
quality of life where more people live – but will improve economic development
and global competitiveness."

The report also includes the findings of a new survey, commissioned by McGraw
Hill Financial Global Institute, to determine global attitudes on these
changing demographics and how cities are addressing them. Among a number of
other findings, respondents around the world believe their governments are
largely underinvesting in the infrastructure – both social and physical – that
cities need to successfully adapt to their future population demographics.

Other key survey findings include:
    — Despite an overwhelming concern that their government pensions would
       not adequately support them as they age, respondents were not confident
       in their ability to save enough money to supplement their pensions;
    — Over ninety percent of respondents in the United States, United
       Kingdom, Germany, China, and Brazil believe that governments should
       invest more resources to ensure the health, security and well-being of
       their aging populations
    — Survey respondents in Japan, Germany, China and Brazil all identify the
       development of infrastructure and transportation as their top concern;
    — Respondents in Germany, the United States and the United Kingdom
       identify promotion and accessibility for people to "age in place" as
       their top priority;
    — There is a strong concern that governments do not allocate sufficient
       resources to public pension and health programs despite a global
       population that is aging rapidly;

By 2030, more than 1 billion people worldwide will be aged 65 or over; and by
2050, nearly two-thirds of the world’s population will live in urban areas, an
increase from just over half today. Across Latin America, age-related
expenditures are growing faster than GDP. In the United States, health care
costs currently absorb 18 percent of GDP, and are expected to climb further.
Without concerted global action, according to Aging and Urbanization, cities
around the globe will need to deal with a dearth of initiatives and
infrastructure that address broader economic, health and transportation
concerns.

In 2015, the World Economic Forum established its "Age-Friendly Business
Principles" to demonstrate how this demographic shift can drive economic
growth. Building on foundational work from WEF, the World Health Organization
and others, Aging and Urbanization identifies four principles to guide how
cities can channel their infrastructure investments to ensure the economic
vibrancy of their urban communities:

    — Build out of infrastructure and transportation that will address the
       needs of citizens of all generations;
    — Housing to enable aging in place that promotes independence, choice and
       freedom;
    — Access to community health programs with innovative technology and
       excellent medical interventions; and
    — Opportunities for continuing work, education, arts and recreation
       across that life cycle.

In the short and medium term, the report identifies three immediate actions
that the public and private sector can take in order to build age-friendly
cities with the capability to accommodate future generations:

    — Develop an economic case for aging in place
    — Provide opportunities for innovation
    — Create incentives for intergenerational policies and investment

To demonstrate the positive impact of age-friendly cities, Aging and
Urbanization highlights several standard-setting initiatives from cities around
the world. From Seoul’s adoption of age-friendly transportation network reforms
to New York City’s online database connecting older adults with free
educational opportunities at local schools, the report emphasizes replicable
examples of innovation.

The full report is available online here
(http://media.mhfi.com/documents/AgingUrbanization_1+15.pdf), and integrates
key findings from a global survey of 6,077 people aged 18-65 living in medium,
large or very large cities in the United States, the United Kingdom, Germany,
China, Japan or Brazil. (Survey conducted by Edelman Berland, with data
collection between November 30 and December 14, 2015, with a margin of error of
+/- 3.07 percent.)

Contacts

News Media:
Jacqueline Moran
202-383-2427
jacqueline.moran@mhfi.com

About McGraw Hill Financial Global Institute

The McGraw Hill Financial Global Institute enriches public policy debates
through market-driven insights.

About McGraw Hill Financial

McGraw Hill Financial (NYSE: MHFI) is a leading financial intelligence company
providing the global capital and commodity markets with independent benchmarks,
credit ratings, portfolio and enterprise risk solutions, and analytics. The
Company’s iconic brands include Standard & Poor’s Ratings Services, S&P Capital
IQ and SNL, S&P Dow Jones Indices, Platts, CRISIL, and J.D. Power. The Company
has approximately 20,000 employees in 31 countries. Additional information is
available at www.mhfi.com.

SOURCE McGraw Hill Financial Global Institute