PDF リリース全文
(192KB)

2016年1月21日

「2017冬季アジア札幌大会」大会イメージソングの決定について

「2017冬季アジア札幌大会」大会イメージソングの決定について

 平成29年2月19日から26日の8日間札幌市と帯広市で開催される「2017冬季アジア札幌大会」の大会イメージソングに、 DREAMS COME TRUE の「WINTER SONG ~ DANCING SNOWFLAKES
VERSION ~」が決定しました。
 今後は、各種メディアやイベントプロモーション等において活用し、大会の成功に向け積極的な広報活動を展開していきます。

1 大会イメージソングについて
(1) アーティスト:DREAMS COME TRUE

(2) 楽曲名:WINTER SONG ~ DANCING SNOWFLAKES VERSION ~

(3) 選定の理由:
 DREAMS COME TRUE は、日本のトップアーティストであると同時に、ボーカルの吉田美和さんが北海道出身であるなど、深い縁があり、北海道をこよなく愛してくれているアーティストである。
 この曲は、そんなふたりから、国内外の多くの人々に、この大会と開催地・北海道の魅力を最大限に伝えられる曲として、選ばれたもの。
 スノーフレイクス(雪の結晶)のキラキラとしたアレンジ、力強いビートによる躍動感、全編英語詞による海外への広がりなど、北海道の冬を印象付け、国際的な総合スポーツ大会を彩るイメージソングとして、DREAMS COME TRUE が贈るまさにピッタリな楽曲。
 世界の高みを目指す選手たちはもちろんのこと、大会に関わる全ての人々が、北海道の魅力あふれる「冬」の素晴らしさに触れ、ひとつになることができる大会イメージソングである。

(4)アーティストからのコメント
私たちドリカムの「WINTER SONG ~ DANCING SNOWFLAKES VERSION ~」が
「2017冬季アジア札幌大会」の大会イメージソングとして採用されたことを心から嬉しく思います。
もちろん北海道はドリカムにとって、とてもとても大事な故郷。
その北海道に世界のトップアスリートが集まり、熱戦が繰り広げられるかと思うと
もう今からめちゃくちゃ興奮しています。
私たちの歌で、「2017冬季アジア札幌大会」を思いっきり盛り上げてまいります。

DREAMS COME TRUE
——————–
DREAMS COME TRUE【Biography】
日本の音楽シーンを代表するポップバンド。
昨年リリースしたベストアルバム「私のドリカム」が異例の大ヒットを記録、
今もなお根強い人気でロングヒットを続けている。
さらに4年に一度のグレイテストヒッツライヴ「史上最強の移動遊園地
DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2015」も開催され、
そのチケットは入手困難なプラチナチケットとなり、
度肝を抜く演出と渾身のステージパフォーマンスで全国40万人を魅了した。
——————-

2 大会イメージソングを活用した今後のプロモーション展開について
 大会ホームページ(http://sapporo2017.org/)で、1月21日(木)午後2時より公開するほか、2月5日(金)から開催されるさっぽろ雪まつりやおびひろ氷まつり、大会の競技予定施設、市内の小中高校等でのPR展開を予定している。
 また、現在、大会イメージソングを活用したプロモーションビデオを制作中。4月下旬頃に公開予定。