2016年1月19日

Cinemo GmbH

CinemoがNXPのi.MX 6QuadPlusとi.MX 6UltraLiteのサポートを発表

CinemoがNXPのi.MX 6QuadPlusとi.MX 6UltraLiteのサポートを発表

AsiaNet 63090 (0054)

【カールスルーエ(ドイツ)2016年1月19日PR Newswire=共同通信JBN】
*クラス最高のマルチメディア・ミドルウエアがNXP i.MX6ファミリーの新メンバーにも利用可能に

高性能オートモーティブグレードのマルチメディア再生、ストリーミング、メディア管理、コネクティビティー・ミドルウエアの世界的リーダーであるCinemoは19日、NXP(TM)セミコンダクターズの新しいi.MX6デザインと完全に統合する同社初のマルチメディア・ミドルウエア・プラットフォームが利用可能になったと発表した。

(Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20160113/321901

Cinemoのマルチメディア・ソリューションは、現在の高級インフォテインメント・システムにとって不可欠な要素になっており、自動車メーカーやOEMメーカーにとっては、拡張NXP i.MX6ファミリーに対するサポートはIVIデザインの基準をさらに向上させる。

Distributed Playback(TM)とDistributed Media Management(TM)のような高度に最適化された独自の技術は「どこでもいつでもコンテンツ」を可能にする車の新しい使用事例を生み出し、その一方で、NXP i.Mx6プラットフォーム上の最高レベルの統合と品質および堅牢性を保証している。

Cinemo共同創立者のジム・コルベット氏は「NXPは、i.MXの6QuadPlusと6UltraLIteにより、Cinemoのマルチメディアとコネクティビティー・アーキテクチャーで完全に実現される比類のない柔軟性を提供する。NXPとの協力により自動車市場にCinemoのソリューションをもたらすことができて大変うれしい」と語った。

▽Cinemoについて
Cinemoは、エンベデッド分野でオートモーティブグレードのマルチメディア再生、ストリーミング、メディア管理、コネクティビティー・ミドルウエアに関する世界的リーダーである。CPUや基本ソフト(OS)に依存せず、また低電力、省スペース機器用に高度に最適化されているCinemoの統合ミドルウエア・ソリューションは、事実上あらゆるファイル、ディスク、コネクテッド機器、ストリーミングフォーマットのデコード、プレー、レンダー、ストリーム、管理とインデックス付けを行う。自動車産業の高品質要件に適応するよう設計、最適化されたCinemoのソリューションはエントリー、ミッド、ハイ各クラスの車載インフォテインメント・システムの前部および後部座席ユニットと一体化することが可能で、同様にパワフルな新しい使い方を可能にする車載アプリにも統合できる。

*参考資料:写真はAP Images(http://www.apimages.com )から入手可能。

▽報道関係問い合わせ先
Stephanie Lesser
slesser@cinemo.com
+49-1727121606

ソース:Cinemo GmbH



Cinemo Announces NXP i.MX 6QuadPlus and NXP i.MX 6UltraLite Support

PR63090

KARLSRUHE, Germany, Jan. 19 /PRNewswire=KYODO JBN/ —

    – Best-in-class multimedia middleware brought to new members of the NXP
i.MX6 family

    Cinemo, a global leader in high performance automotive grade multimedia
playback, streaming, media management and connectivity middleware announces the
availability of its first multimedia middleware platform that fully integrates
with the new NXP(TM) Semiconductors i.MX6 design.

    (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20160113/321901 )

    Cinemo’s multimedia solutions have become a critical element of today’s
premium infotainment systems, and for car makers and OEM’s alike, support for
the extended NXP i.MX6 family, moves the benchmark further in IVI design.

    Highly-optimized and original technologies such as Distributed Playback(TM)
and Distributed Media Management(TM) create new use cases for the car enabling
"content anywhere anytime" whilst guaranteeing the highest level of
integration, quality and robustness on the NXP i.MX6 platform.

    "With the i.MX 6QuadPlus and i.MX 6UltraLite, NXP offer exceptional
flexibility levels that can be fully realized with Cinemo’s multimedia and
connectivity architecture" said Jim Corbett, Co-founder of Cinemo. "We are very
happy to collaborate with NXP to bring this Cinemo solution to the automotive
market."

    About Cinemo

    Cinemo is a global leader in automotive grade multimedia playback,
streaming, media management and connectivity middleware in the embedded world.
CPU and Operating System agnostic as well as highly optimized for low power and
low footprint devices, Cinemo’s unified middleware solutions decode, play,
render, stream, manage and index virtually any file, disc, connected device and
streaming format. Designed and optimized for the high quality requirements of
the automotive industry, Cinemo’s solutions can be seamlessly integrated into
entry, mid and high automotive / in-vehicle infotainment system head and rear
seat units, as well as automotive Apps enabling powerful new use cases.

    – Cross reference: Picture is available at AP Images
(http://www.apimages.com)

    Media Contact:
     
    Stephanie Lesser
    slesser@cinemo.com  
    +49-1727121606

SOURCE: Cinemo GmbH