PDF リリース全文
(943KB)

2016年1月19日

平成27年度 省エネ大賞において「経済産業大臣賞」「省エネルギーセンター会長賞」を受賞

2016年1月19日

ダイキン工業株式会社

平成27年度 省エネ大賞において
『HFC-32高性能空調機の世界展開による省エネルギー推進』が「経済産業大臣賞」
ビル用マルチエアコン『VRVシリーズ』が「省エネルギーセンター会長賞」を受賞

ダイキン工業株式会社は、一般財団法人省エネルギーセンターが主催する平成27年度省エネ大賞(製品・ビジネスモデル部門)において、『HFC-32高性能空調機の世界展開による省エネルギー推進』が最高賞の「経済産業大臣賞」を、またビル用マルチエアコン『VRVシリーズ』が「省エネルギーセンター会長賞」をそれぞれ受賞しました。
「経済産業大臣賞」を受賞した『HFC-32高性能空調機の世界展開による省エネルギー推進』は、温暖化影響の少ない冷媒HFC-32を採用した空調機を世界に先駆けて2012年に商品化し、日本国内をはじめ世界各国に展開することで、地球規模での温暖化抑制に貢献したことが高く評価されました。流通開拓や販売活動だけでなく国際規格のルール形成や技能者の育成など、環境を整備してきた結果、2015年末までに世界47カ国で550万台以上のHFC-32空調機が使用されるに至りました。国内でもすでに全メーカーがHFC-32空調機を販売しており、今後も世界の温室効果ガス削減において大きな効果が見込まれています。
「省エネルギーセンター会長賞」を受賞したビル用マルチエアコン『VRVシリーズ』は、低負荷時の運転効率を大幅に向上した新型スクロール圧縮機と、冷暖房時の負荷に合わせて全自動で冷媒温度をコントロールする新しい制御技術で、年間の消費電力量を大幅に削減しました。実際のビルにおける空調機の年間使用状況は、真夏や真冬のように負荷が非常に高いなかで運転する時間は短く、運転時間の約90%は機器の定格能力の50%以下で運転されており、負荷が少ないときにどれだけ効率よく運転するかがネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)実現のキーポイントとなります。この商品では低負荷時の大幅な効率化を実現し、さらに待機電力も従来比15%削減することで、年間のトータル消費電力量を従来比約21%削減しました。
当社は今後も、機器の省エネ性はもちろん、グローバルに通用する先進技術やサービスを提供し、快適性と環境保護の両立を実現する商品開発に取り組んでまいります。