2016年1月19日

UBS

アニー・リーボヴィッツ 展 「WOMEN : New Portraits」 世界巡回展、 2 月に日本開催が決定

アニー・リーボヴィッツ 展 「WOMEN : New Portraits」 世界巡回展、 2 月に日本開催が決定

Asianet 63141

UBS を独占コミッショニング・パートナーとして、2016 年2 月20 日より東京TOLOT/heuristic
SHINONOME で開催。作品は無料で一般公開されます。

http://photos.prnewswire.com/prnh/20160118/323106

東京、2016 年1 月19 日 – 世界的写真家、アニー・リーボヴィッツ氏による新作肖像写真展「WOMEN: New Portraits」が、世界10 都市巡回展の一環として、2016 年2 月20 日より東京TOLOT/heuristic SHINONOME で開 催されます。東京での世界巡回展は、今年日本で設立50 周年を迎えたUBS の記念事業の幕開けとなります。

今回の写真展は、リーボヴィッツ氏が1999 年に出版し絶大なる人気を博した写真集『Women』に端を発したプロ ジェクトの一環となります。このプロジェクトの初期を共同制作したスーザン・ソンタグ氏が、「現在進行形の作品(a work in progress ) 」と表現した作品群です。本写真展「WOMEN: New Portraits」は、リーボヴィッツ氏が巡回展を 開催する世界各地域、都市の女性を撮影し、現代社会における女性の役割、そしてこれからを映し出したもので す。

今週ロンドンで公開された新たな肖像写真群は、アーティスト、ミュージシャン、経営者、政治家、作家、慈善活動 家など、様々な領域で活躍する女性を被写体としています。本写真展では新しく制作された作品の他、プロジェク ト初期のオリジナル作品や未発表の写真も含まれます。

アニー・リーボヴィッツ氏は以下のように述べました。「UBS と共に、私が大切にしてきたテーマに り組めることを 大変光栄に思います。この壮大なテーマと向き合うことは、例えてみれば、大海原を写真に撮り続けることに似て いるかもしれません。」

セルジオ・P・エルモッティ、UBS グループ最高経営責任者は次のように述べました。「アニーとパートナーを組み、 女性の強さと役割が世界にもたらすポジティブな変化に焦点を当てる本プロジェクトに取り組めることは、素晴らし いことです。彼女は肖像写真分野の第一人者であり、本写真展は現代アートを長年支援してきたUBS ならではの 巡回展です。

地域社会貢献として子供たちの教育を重視するUBS の方針に基づき、巡回展にあわせて世界各地の文化機関 と連携した各種無料学習プログラムを実施します。この取り組みでは、地域の学校やコミュニティと協力して写真 を通じた物事の見方や捉え方を探求していきます。ニューヨークの国際写真センターと共同で制作した教師向け ガイドブック及び子供向けのアクティビティ・ガイドブックは、本写真展ウェブサイトからダウンロードできます。

アニー・リーボヴィッツ氏(1949 年生)は、1970 年代初頭にローリング・ストーン誌の写真ジャーナリストとしてキ ャリアをスタートしました。以来ポップ・カルチャーの力強く鮮烈なイメージを写し続けています。1973 年に同誌チ ーフ・フォトグラファーに就任。その10 年後には、ヴァニティ・フェア誌とヴォーグ誌の仕事も手掛けるようになりま した。膨大かつ卓越した作品群には、時代を象徴する肖像写真が多く含まれます。リーボヴィッツ氏の作品はこれ まで、国立肖像画美術館 (National Portrait Gallery, ワシントンD.C.)、国際写真センター(International Center of
Photography, ニューヨーク)、ブルックリン美術館(Brooklyn Museum, ニューヨーク)、アムステルダム市立近代美 術館(Stedelijk Museum, アムステルダム)、ナショナル・ポートレート・ギャラリー(National Portrait Gallery, ロンド ン)そしてエルミタージュ美術館(State Hermitage Museum in St.Petersburg, サンクトペテルブルク)を含め、世界 各地の美術館やギャラリーで展示されてきました。また、メトロポリタン美術館(Metropolitan Museum of Art, ニ メディア・リレーションズ ューヨーク)、スミソニアン・アメリカ美術館(Smithsonian American Art Museum, ワシントンD.C.)、そしてナショナ ル・ポートレート・ギャラリー(National Portrait Gallery, ロンドン)でも展示され、所蔵作品に収められています。リ ーボヴィッツ氏は写真集も複数出版しており、数多くの賞を受賞しています。2006 年には、フランス政府より芸術 文化勲章を授与され、2009 年には国際写真センターより特別功労賞、米国雑誌編集者協会より第1 回クリエイ ティブ優秀賞、そして英国王立写真協会(ロンドン)のセンテナリー・メダルを受賞しました。また2012 年には、美 術で功績のあった女性に贈られるロサンゼルス現代美術館賞およびウェクスナー賞を受賞、2013 年にはアスト ゥリアス皇太子賞のコミュニケーションおよびヒューマニズム部門で受賞しています。さらに、アメ カ議会図書館
によりLiving Legend(生きる伝説)の称号が与えられています。

そしてこの度、アニー・リーボヴィッツ氏の新たな肖像写真作品群がUBS アート・コレクションに加わりました。UBS アート・コレクションは世界で最も重要な民間企業による現代アート・コレクションとして幅広く知られ、所蔵作品は 3 万点を超えています。

「WOMEN:New Portraits 」
アニー・リーボヴィッツ

ロンドン
会場: ワッピング水力発電所、Wapping Wall, London E1W 3SL.
会期: 2016 年1 月16 日 – 2 月7 日
時間: 月曜 – 日曜 10am – 6pm、金曜日は8pm まで
www.ubs.com/annieleibovitz

東京
会場: TOLOT/heuristic SHINONOME 〒135-0062 東京都江東区東雲2-9-13 2F
会期: 2016 年2 月20 日 – 3 月13 日
時間: 月曜 – 日曜 10am – 6pm、金曜日は8pm まで

サンフランシスコ
会場: The Presidio’s Crissy Field, 649 Mason Street, San Francisco, 94129
会期: 2016 年3 月25 日-4 月17 日
時間: 月曜 - 日曜 11am – 7pm、入場は6pm まで


巡回展は1 年かけてシンガポール、香港、メキシコシティ、イスタンブール、フランクフルト、ニューヨーク、チューリ ッヒでも開催されます。

入場料無料

写真展に関する情報、SNS 参加はこちらから
#WOMENxUBS by #AnnieLeibovitz
www.twitter.com @UBSglobalart @AnnieLeibovitz
www.facebook.com/UBSart
https://instagram.com/ubsglobalart/

編集関係の皆様へ:

UBS と現代 アートについて
世界有数のグローバル金融機関であるUBS は、現代アートをグローバルに支援するリーディング・サポーターと して、文化・芸術活動をサポートしてきた長い歴史を有しています。UBS はグローバル・リ ド・パートナーとしてバ メディア・リレーションズ ーゼル、マイアミビーチ、香港で開催されるアート・バーゼルを長年支援しているほか、Solomon R. Guggenheim Museum and Foundation と共同 Guggenheim UBS MAP グローバル・パートナーシップを支援しています。UBS は、主要な文化機関などとも連携し、グローバルに様々な展覧会をサポートすることで、現代アートに対する 私たちの情熱をお客様や社会と共有しています。外部のエキスパートとUBS のキュレーターが連携し、お客様や 従業員、社会による芸術の探求、解釈、収集の支援をしています。文化・教育プログラムに取り組むことで、世界 で最も評価の高い美術館、ギャラリー、アートフェアなどを手掛けるエキスパートとも交流し、現代アートのスポン サー・サポーターという枠を超え、芸術や世界のアート市場についての国際的会話に参加し、文化および創造活 動の観点から、アートコミュニティの国際的な発展の促進に寄与しています。

UBS アート・コレクションは、世界で最も重要な民間企業による現代アート・コレクションの一つとして幅広く知られ ています。絵画、写真、図画、版画、ビデオアートや彫刻を含み、新進気鋭の芸術家から現代を代表する芸術家 まで、幅広いアーティストが手掛けた30,000 点以上の作品で構成されています。56 カ国余りで837 箇所を超え る施設に所蔵されています。UBS は世界各地の美術館に定期的に作品を貸与することで、より多くの方にコレク ションを楽しんで頂きたいと考えています。現代写真のコレクションには、ティナ・バーニー氏、カンディダ・ヘーファ ー氏、ピピロッティ・リスト氏、シンディ・シャーマン氏、サム・テイラー=ウッド氏をはじめとする様々な写真家の作 品が含まれます。最近では、トーマス・デマンド氏による作品が加わりました。新規に取得したすべてのコレクショ ンの展示場所や活用方法は、UBS のキュレーターとUBS アート委員会により決定されます。

www.ubs.com/art
www.ubs.com/artcollection

「Guggenheim UBS MAP Global Art Initiative: Under the Same Sun」(グッゲンハイムUBS MAP グローバル・アート・イニシアティブ:同じ太陽の下で) メキシコシティ・フメックス美術館にて2016 年2 月7 日まで開催。

アート・バーゼル(香港), リード・パートナーUBS、2016 年3 月24 日 – 26 日

「Guggenheim UBS MAP Global Art Initiative: Under the Same Sun」(グッゲンハイムUBS MAP グローバル・ア ート・イニシアティブ:同じ太陽の下で)ロンドン・サウスロンドンギャラリーにて2016 年6 月10 日より

アート・バーゼル(バーゼル), リード・パートナーUBS、2016 年6 月16 日 – 19 日

UBS グループ AG
メディア関連のお問い合わせ先

UBS 広報部
江口真理子 Mariko Eguchi +81-3-5208-6919 mariko.eguchi@ubs.com

SUTTON
山越紀子 Noriko Yamakoshi +81-90 -4673 -2745 noriko@intouchjapan.com
www.ubs.com

(日本語リリース:クライアント提供)


‘WOMEN: New Portraits’ by Annie Leibovitz to Launch in Japan in February

PR63141

TOKYO, Jan. 19/ PRNewswire=KYODO JBN / —

     Commissioned by UBS, the exhibition of new photographs will open to the
public on 20 February 2016 at TOLOT/heuristic SHINONOME in Tokyo. Access to the
exhibition will be free.

    (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20160118/323106 )

    ‘WOMEN: New Portraits,’ an exhibition of newly commissioned photographs by
renowned photographer Annie Leibovitz, will open to the public in Tokyo on
February 20, 2016 at TOLOT/heuristic SHINONOME, as part of a 10-city global
tour. The opening of the exhibition in Tokyo kicks off UBS’s year-long
celebration of its 50th anniversary of establishing operations in Japan.

    Leibovitz’s new work is a continuation of a project that began over fifteen
years ago when her most enduringly popular series of photographs, ‘Women,’ was
published in 1999. Susan Sontag, with whom the original project was a
collaboration, called it "a work in progress." ‘WOMEN: New Portraits’ will
reflect the changes in the roles of women today and evolve over the coming year
as Leibovitz photographs women in each of the host cities and regions.

    The new portraits unveiled in London today feature women of outstanding
achievement including artists, musicians, CEOs, politicians, writers and
philanthropists. In addition to the new photographs, the exhibition includes
work from the original series, as well as other unpublished photographs taken
since.

    Annie Leibovitz said: "It is extraordinary to do this work for UBS on a
subject that I really care about. It is such a big undertaking and a broad
subject, it is like going out and photographing the ocean."

    Sergio P. Ermotti, Group Chief Executive Officer, UBS, said: "It’s
fantastic to be partnering with Annie on this project, which celebrates women,
their strength and their role in bringing about positive change in the world.
She is the best in her field and the tour builds on our long-standing support
of initiatives which help shape contemporary culture."

    Aligned with the focus UBS places on education, a series of free learning
programs will accompany the exhibition, presented in partnership with cultural
organizations around the world. These initiatives will explore ways of seeing
through photography, working with young people in local schools and
communities. A Teachers’ Guide produced in partnership with the International
Center of Photography in New York and a Children’s Activity Guide are available
to teachers and the public on the exhibition website.

    Annie Leibovitz (b. 1949) has been making powerful images documenting
popular culture since the early 1970s, when she began working as a
photojournalist for Rolling Stone. She became the magazine’s chief photographer
in 1973, and ten years later began working for Vanity Fair and then Vogue. Her
large and distinguished body of work encompasses some of the best-known
portraits of our time. Exhibitions of Leibovitz’s work have been shown at
museums and galleries around the world, including the National Portrait Gallery
in Washington, D.C.; the International Center of Photography in New York; the
Brooklyn Museum; the Stedelijk Museum in Amsterdam; the National Portrait
Gallery in London; and the State Hermitage Museum in St. Petersburg, Russia.
Her work is held in museum collections from the Metropolitan Museum of Art, New
York; and the Smithsonian American Art Museum, Washington D.C. to the National
Portrait Gallery in London. She has published several collections of
photographs and is the recipient of many honors. In 2006 she was made a
‘Commandeur’ in the ‘Ordre des Arts et des Lettres’ by the French government.
In 2009, she received the International Center of Photography’s Lifetime
Achievement Award, the first Creative Excellence Award from the American
Society of Magazine Editors, and the Centenary Medal of the Royal Photographic
Society in London. In 2012, she was the recipient of the Los Angeles Museum of
Contemporary Art Award to Distinguished Women in the Arts and the Wexner Prize.
In 2013 she received the Prince of Asturias Award for Communication and
Humanities. She has been designated a Living Legend by the U.S. Library of
Congress.

    A set of the new photographs will enter the UBS Art Collection – one of the
world’s most important corporate collections of contemporary art, comprising
more than 30,000 objects.

    WOMEN: New Portraits  
    Annie Leibovitz  
    FREE entry

    London:
    Wapping Hydraulic Power Station, Wapping Wall, London E1W 3SL.
    January 16 – February 7, 2016
    Monday – Sunday 10am – 6pm, Friday Lates until 8pm
    http://www.ubs.com/annieleibovitz

    Tokyo:  
    Venue: TOLOT, 2F 2-9-13 Shinonome Koto-ku, Tokyo 135-0062
    Dates: February 20 -March 13, 2016
    Opening hours: Monday – Sunday, 11am – 7pm. Last admission 6pm
    

    San Francisco:  
    The Presidio’s Crissy Field, 649 Mason Street, San Francisco, 94129
    Dates: March 25 – April 17 2016
    The exhibition will additionally travel to Singapore, Hong Kong, Mexico
City, Istanbul,
    Frankfurt, New York, and Zurich in 2016.

    Join the conversation: #WOMENxUBS by #AnnieLeibovitz

     http://www.twitter.com  @UBSglobalart @AnnieLeibovitz

     http://www.facebook.com/UBSart

     https://instagram.com/ubsglobalart

     Notes to editors:

    UBS and Contemporary Art

    UBS, a global financial services firm, has a long and substantial record of
engagement in contemporary art, and actively enables clients and audiences to
participate in the international conversation about art through its
contemporary art platform. UBS provides long-term global support to the premier
international Art Basel shows in Basel, Miami Beach and Hong Kong, for which
the firm serves as global Lead Partner, as well as to the Guggenheim UBS MAP
global partnership with the Solomon R. Guggenheim Museum and Foundation. At the
core of UBS’s involvement in contemporary art is the UBS Art Collection,  
widely recognized as one of the most important corporate contemporary art
collections in the world. The collection comprises more than 30,000 objects,
including paintings, photographs, drawings, prints, video art and sculptures by
artists representing the last 50 years. Works from the collection are installed
in 837 UBS buildings in 56 countries around the world. UBS also regularly loans
works to many international museums to provide greater public access to its
collection. The contemporary photography collection incorporates work by Tina
Barney; Candida Hofer; Pipolotti Rist; Cindy Sherman; and Sam Taylor Wood,
amongst others. Recent acquisitions include work by Thomas Demand. UBS Curators
and the UBS Art Board determine the location and usage of all new acquisitions
to the collection.

    http://www.ubs.com/art

    http://www.ubs.com/artcollection

    Guggenheim UBS MAP Global Art Initiative: Under the Same Sun, Museo Jumex,
Mexico City,  until 7 February 2016.

    Art Basel in Hong Kong, Lead Partner UBS, 24 – 26 March 2016.

    Guggenheim UBS MAP Global Art Initiative: Under the Same Sun, South London
Gallery, London, opening June 2016.

    Art Basel in Basel, Lead Partner UBS, 16 – 19 June 2016.

    http://www.ubs.com

    Source: UBS